公式ストア
プライムモニター
公式ストア

急上昇

ブラックバス レイドジャパン(RAID JAPAN) レイドジャパン(ルアー) 岡友成

今釣れるルアー! チャターベイトの正しい使い方とはいかに?【レイドジャパン岡友成】

ルアーマガジン

  • 公開日:2021/10/17


元祖チャターベイトの登場からすでに四半世紀が経過。巻きモノでは比較的新しいジャンルだが、日本においてもすっかり定番化したと言えるだろう。でも、使い方にいまひとつ自身が持てないアングラーは多いはず。そんなアナタを開眼させてくれるのは、ご存知レイドジャパンの特攻隊長・岡友成さんだ。

【Profile】

岡友成(おか・ともなり)

健脚を活かしたラン&ガンを軸に状況を素早く分析。休日さえも現場で過ごす膨大な経験値とともに、フィールドタイプを問わず、最適解を導き出すオカッパリの手練として知られている。レイドジャパンのプロダクトディレクターとしても活躍中。

チャターベイトは「強い巻きモノ」!

まずはもっとも基本となる大前提から。「このルアーを単体で使うことはないですね」と岡友成さん。チャターベイト(=ブレーデッドジグ)は、トレーラー(ワーム)をセットしてはじめて完全体となるのだ。

そしてもちろん、組み合わせるワームの種類によってキャラクターが変わってくる(変えられる)。岡さんのワームセレクトは後の解説を参照いただくとして、では、そもそもブレーデッドジグとはいったいどんなルアーなのか?

「レイドジャパンならマックスブレードのタイプ・パワーがベースになりますが、他社さんのアイテムも含めて基本的には“強いルアー”だと考えてください。濁りが入っているとか、風で波があるとか、バスがカバーの奥にいるとか、そういった場面で、気付かせて呼ぶことのできるルアー。なので、水がクリアな場所やプレッシャーが高くてタフな場所では正直、活躍しづらいです。その点ではクランクベイトやスピナーベイトと共通していますね」

降雨による濁りの入った河川で、マックスブレード タイプ・パワー14g+ファンタスティックで食わせた50アップ。流れの中でもバランスを崩すことなく巻けるセッティングだ。

クランク&スピナベとの違い

「リップがボディと一体になったクランクベイトと違い、水を受けるブレードとヘッドがセパレートされているから、手元に伝わる振動は強く感じても、全体で水を押す力はそれほどでもないんですよ。そして、スピナーベイトに比べると浮きにくいから、ちょっと下のレンジでもより速く巻くことができます。当然、浅いレンジをトレースするのであれば、スピードで仕掛けられますね」

そのうえで、さらにマックスブレードには、タイプ・スピードをラインナップ。その名のとおり、より速さに特化し、リアクションバイトを誘える仕様になっている。

動きの強さでで寄せるタイプ・パワーと、動きを抑えて速さを求めたタイプ・スピード。違いは、ブレードの大きさを見れば一目瞭然だ。もちろん、それぞれに最適化したヘッド形状になっているのは言うまでもない。

強さと速さで使い分けるチャターベイトのワーム考

「トレーラーは大きく分けて2タイプ。ひとつがフルスイングのようなシャッドテール系。これは、強さをさらにプラスするイメージです。揚力も強くなるので、浅いところを強く巻いていける」

マックスブレードType-パワー11g+フルスイング4in(いずれもレイドジャパン)。

「もうひとつはファンタスティックのようなスティックベイトやピンテール系。浮き上がらせずにかつ速めに巻けます。要は水をつかむか、水が抜けるか、ですね」

マックスブレード Type-パワー11g+ファンタスティック4.8in(レイドジャパン)。
※頭部を1cmほどカット。


チャターベイトのベースとなるウェイトは「11g」

タイプ・パワーには11、14g、タイプ・スピードには8、11、14gの3サイズが用意されているが、「どちらにせよ、まずは11gから使うのがいいですね」と岡さん。それを基準に引き感を覚えたい。

チャターベイトは「シャローのカバーをスピーディーに探るルアー」

「ブレーデッドジグを作るにあたって僕らが意識したのは、これはカバー周りで使っていくものだ、ということなんですよ」

だからマックスブレードはブラシガードを搭載している。

「ガードといっても、ラバージグのそれとは違って、必要最少限の本数にしています。それでも、トリプルフックがついた巻きモノとは比べ物にならない、充分なスナッグレス性を発揮してくれます」

パワー・スピード両タイプともガードを搭載。このおかげでアクション中、左右に倒れても根がかりを回避できるのだ。もちろん、フッキングを妨げることもない。
たとえば写真のような、キンチャクと呼ばれる袋型根固め設備にトリプルフックの付いたルアーを通そうものなら、キャスト毎にロストしてしまうはず。ウィードやアシ帯といったベジテーションはもちろん、こういった場所に対しても積極的にアプローチできるのが、ガード+シングルフックの強みだ。

岡さんがブレーデッドジグ=マックスブレードで釣っていくのは、シャローのカバー周り全般。水深で言うなら2m以浅。

「僕の場合、オカッパリが中心なんですが、限られた足場からオープンウォーターを扇状に探っていくならバイブレーションを使います。でも、ブレーデッドジグでそういう使い方をすることはありません。1ヵ所で粘ってバスが回ってくるのを待つルアーじゃない。カバー周りをスピーディーに効率よく探れるルアーであり、魚が居そうな場所を、自分自身が動きながらどんどんチェックしていく感じです」

ここぞというスポットはレンジやコースを変えてチェック。ワームとのコンビネーションルアーゆえ、魚に与えるプレッシャーはクランクベイトやスピナーベイトに比べると低いのだ。

巻き方は?

「水深や場所に応じてスピードを変えたりしますが、まずはあまり難しいことを考えず、障害物の際を通るように投げて、タイトに巻くだけでいいと思います」

冬以外はブレーデッドジグの出番があるという岡さん。特に活躍するのは、夏と秋。まさに今が、このルアーのエントリーにもってこいのシーズンなのである。

「この時期、霞水系のようなマッディウォーターにひとつだけ巻きモノを持っていくとするなら、間違いなく僕はブレーデッドジグを選びますね」

フルスイング3.5in(いずれもレイドジャパン)霞水系川エリアの支流、そこへ注ぐ幅3mにも満たない水路で表層をゆっくりと引いて食わせた。8gのタイプ・スピードはその軽さゆえ、コンパクトサイズのフルスイングとのマッチングでこんな使い方もできる。

関連記事はこちら

ルアーマガジン

2021.10.17

急上昇

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。