河口湖でロクマル捕えたジャイアントベイトのゴリ巻きとは!?【陸王オープン&ダービー覇者のロコ・ザ・シークレット】



デカバスを揃えなければ決勝に進むことができないハイレベルな戦いが毎年繰り広げられる陸王オープン&ダービー。昨年の各ブロック優勝者7名がここに集結。夏にデカバスを釣るためのマル秘テクニックを特別に公開。ちょっと季節は外れるが、オープン&ダービー上位選手の思考法は要チェック!

【Profile】

萩原崇之(はぎはら・たかゆき)

生まれ育った富士山の麓、富士五湖がホーム。現在はハードルアーを手に、休みの度に故郷へと通う日々。1993年4月14日生まれ(28歳)、山梨県出身。

陸王オープン:2020 Bブロック優勝

7月下旬の連日、河口湖にてロクマル!


萩原「2日連続でロクマルが出ました! 」

何と! その記念すべき画像がこれら2枚だ。

萩原「安田さんや保坂さん、先輩たちに『勘弁して? 』と(笑)」

ダービーやオープンの参加選手たちは、縦にも横にも繋がりがある。仲間って素敵だし、楽しい。
さて、本題。どんな釣りを?

萩原「サイレントキラー250のクランキングです」

え、今何とおっしゃいました?

萩原「ジャイアントベイトですよ(笑)。K9クラスまでならクランキングする人はいますけど、このサイズになると意外といない。しかも、深めのレンジです」

自分だけの究極スタイル!

萩原「時合というか、狙う時間帯もキーになってくると思います。10時、12時、14時と皆がダレる時間帯に魚は入ってきますよ」

具体的な作戦

エリアチョイス:「河口湖なら大きいインレットは3つ」

萩原「小さいインレットは雨の後しか機能しないのでカットです」

特に流れが強いのは、言わずと知れた西湖放水路。まさにそこがロクマル事件の現場だった。

萩原「過密エリアの隙を…」



釣り方・アプローチ:ジャイアントベイトのゴリ巻き(!? )

萩原「表層は流れが強いので、ボトムにある岩の裏などに潜む魚を狙います」

ティップを水中に突っ込み、ゴリ巻きで到達させるクランキング! 規格外のパワーゲームで巨バスを導く!

萩原「人が抜けたタイミング、大事です」

マストルアー:サイレントキラー250(デプス)「カラーはビワマス。理由? カッコイイんで(笑)」

萩原「昔から使い込んでる旧型モデルです」

フックはピアストレブルブルータルに換装済み。ロッドはSTEEZキングバイパー必携。

萩原「1本でパワーゲームをいろいろやりたいので」

『ルアーマガジン』2022年11月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2022年11月号

今回の表紙は「る○ぶ」をイメージしています。って、言わなくてもわかりますかね(笑)。旅をテーマに特集を考えていたときに真っ先に浮かんだイメージがコレでした。楽しそうでいいですよね~。実際、内容のほうも非常にバラエティ豊かなものになっています! ガチで使えるハウツーはもちろん、冒険心をくすぐる実釣企画、たくさんのお役立ち情報…。「る○ぶ」のように皆さまを楽しい旅へと導きますよ!

  • 発売日:2022年9月21日
  • 定価:990円(税込)

『ルアマガprime』は「ルアマガ楽しみ放題!」のサブスクリプションサービスです!

『ルアマガprime』は、内外出版社の主にブラックバスフィッシング関連DVDなどから、最新作の先行配信も含む選り抜きの動画が月額課金で見放題 さらに『ルアーマガジン』本誌の配送、『ルアマガprime』だけでしか手に入らないオリジナルグッズの配布や販売など、実質的なお得感が満載。

さらにさらに、人気アングラーのセミナーやイベント、大人気イベント『陸王オープン』や『陸王ダービー』参加権など、内容が盛り沢山すぎてもはや何押しなのかわからない「ルアマガ楽しみ放題」サービスです!

ルアマガプラス