効率を極める巻きの切り札!『バイブレーション』【秋のバス釣り巻き物論@杉村和哉】



ルアーフィッシングの醍醐味ともいえる、ハードルアーを使った『巻きの釣り』。そこには、スローなソフトベイトな釣りには無い、確かなパワーが隠されているという。長年琵琶湖でガイド業を営み、ゲストさんや自身の釣果でそれを実感している杉村和哉さんが『巻きの釣り』に関して語ってくれた。

【Profile】

杉村和哉(すぎむら・かずや)

かつて釣りへの情熱を抑えきれず琵琶湖湖畔へ移住。今や予約の途絶えない超人気ガイドとして連日湖上の人となる。地元・奈良のため池で培ったスキルは琵琶湖でも、もちろん岸からも冴え渡る。

巻きモノ・レギュラーから降格!? いやまだ釣れる神速切り札!

巻き物というジャンルに括られはするものの、最近では秋よりも冬に使われる印象のある『バイブレーション』。

かつては投げて巻くだけで釣れるというシンプルな使いやすさから、初心者にもぴったりなルアーという立ち位置まで確立していたが、最近ではめっきり話を聞かなくなった印象がある。

これに関して、杉村さんはこう語ってくれた。

杉村「バイブレーションを使う人が減りましたね!? 個人的には、スレやプレッシャーに弱いからだと考えています。でも、スピーディーさでいうと巻きモノナンバーワン。スレてなかったり高活性なら、これほど手っ取り早いルアーはない! まさにパイロットルアーです」

大きなオープン池のブレイクを狙う

変化のなさそうな、オープンウォーター。バスは地形変化、ブレイク周辺に集中しやすい。

杉村「基本はブレイクにルアーを当てていきます。着水地点でカウントダウンし、水深も把握していきましょう。ルアーに対してロッドとラインを一直線にすると、根がかりしづらくなりますよ! 」



2タイプのバイブレーションを使い分けるべし!

タイプ1『ロール系』:バスを浮き上がらせるロールのチカラ

バイブレーションXウルトラ(メガバス)

水を受け流すヘッドが生みだすロールアクションと3種のラトルがバスを惹きつけて止まないウルトラ。

杉村「ロールは、引くレンジが多少ズレてもバスを引っ張ってくれるんです。なので、難しく考えず引いてください。深いレンジも引きやすいですよ」

タイプ2『ウォブル系』:バスを引っ張るウォブンロール

NEWバイブレーションX(メガバス)

エッジの立ったフラットヘッドでウォブンロールの泳ぎは必見!

杉村「ウィードが広く繁茂している池ではNEWバイブレーションX。水を左右に攪拌する力が強く、アピーリー。ウィード内のバスが飛んできます! また濁りに対して非常に強いのも特徴です」

関連記事はコチラ

『ルアマガprime』は「ルアマガ楽しみ放題!」のサブスクリプションサービスです!

『ルアマガprime』は、内外出版社の主にブラックバスフィッシング関連DVDなどから、最新作の先行配信も含む選り抜きの動画が月額課金で見放題 さらに『ルアーマガジン』本誌の配送、『ルアマガprime』だけでしか手に入らないオリジナルグッズの配布や販売など、実質的なお得感が満載。

さらにさらに、人気アングラーのセミナーやイベント、大人気イベント『陸王オープン』や『陸王ダービー』参加権など、内容が盛り沢山すぎてもはや何押しなのかわからない「ルアマガ楽しみ放題」サービスです!

ルアマガプラス