エギングで釣れないなら…アオリイカはウキ釣りで狙うべし! ウキアオリイカ釣りの仕掛け&攻略方法を大解説!



秋は手軽にアオリイカ釣りが楽しめるベストシーズン。代表的な釣り方として、エギングやヤエン釣り・ウキ釣りなどがありますが、この記事では特にウキ釣りをピックアップ! 実はこのウキ釣り、手軽な波止場で狙えたり、ファミリーフィッシングにもおすすめできたりととても魅力的な釣りなんです! この記事では釣り方から仕掛け、ポイントなどを大公開。第1人者である角田さんにその魅力をお聞きしました。

「案内人」は角田祐介さん!

【Profile】

角田裕介(つのだ・ゆうすけ)

雑誌、テレビ、ユーチューブなどでアオリイカのウキ釣りの楽しさを伝える伝道師として活動中。ささめ針フィールドスタッフ、冨士灯器(ゼクサス)やサンラインのフィールドテスターを務める。

ウキアオリイカ釣りとはどんな釣り?

ウキで狙うアオリイカ釣りでは、活きたアジなどの小魚をエサにして誘いつつ、エサに抱きついたアオリイカを仕掛けの先端についたイカバリに引っ掛け釣り上げる釣りです。

近年タフ化するエギングゲームに新たな救世主…?

エサを仕掛けに取り付け、ウキが沈むのを待つ。活き餌が逃げている様子や、イカが抱きつきウキが海中に消し込む瞬間など、半端ない緊張感が味わえることが魅力と語る角田さん。

そんなウキ釣りの道具や釣り方を解説いただきました。

「ウキアオリイカ」のタックルは手持ちのものでOK! 大事なのは「ライン」

Q.「ウキアオリイカ」を始めるために用意するロッドやリールは?

A.すでに持っているエギングやシーバス用のタックルや、釣具店でリーズナブルに手に入るセット竿があれば簡単にはじめられます。

ロッドはありモノでよし! 仕掛けもセットを用いればなおさら手軽に楽しむことができる。

Q.こだわるべきポイントは?

A.こだわりたいのはライン(道糸)です。ウキ釣りは仕掛けを投入してからイカが抱きつくのを待つ釣りのため、重く沈んでしまうラインを使用すると根掛かりや糸絡みなどのトラブルが多くなります。そのため、軽く沈みにくいナイロンラインを使用します。

3号から5号ほどの太さが適しており、さらにトラブルを減らしたい場合は太いラインがおすすめです。合わせてガイドが比較的大きな竿を使用すれば、ライン通りが良く快適に楽しめます。

角田さんおすすめライン【磯スペシャル ビジブルプラス(サンライン)】

磯スペシャルは水面に漂いやすく柔らかいため、トラブルが少ない道糸用ナイロンライン。カラーも視認性が良いパッションオレンジを採用しており、海中で何が起きているのか把握しやすい。

ウキ釣りはセット仕掛けが何かと便利!

Q.角田さんがおすすめする仕掛けは?

A.ウキやハリがセットになっている仕掛けです。

セットタイプであれば、ラインを商品パッケージ通りに仕掛けに通して結ぶだけで、ウキアオリイカ釣りが始められます。

セットにはウキやハリはもちろんのこと、ウキ止めやシモリ玉などのパーツがワイヤーでまとめられたもので、調整用のオモリもセットで付属しています。パーツを買い忘れることがなく、簡単に取り付けられるため非常に便利なものです。

ウキアオリイカ釣りで重要なのは「活き餌の鮮度」!

Q.エサについて教えてください!

A.アオリイカのエサとなるのは、豆アジやスズメダイ・チャリコ・コッパグレなどその場にいる小魚です。釣具店で活きアジを購入するほか、サビキ釣りで現地調達しても良いです。

私は基本的に太平洋側への釣行では釣具店で活きアジを購入。日本海側では漁港などで漁師から購入する場合もありますが、サビキ釣りで調達することもあります。太平洋側では10月から活きアジの販売が開始されることが多く、購入の際には釣具店に問合せてください。

Q.購入したエサはどのように運ぶのでしょうか?

A.生き餌をキープするためには、アジバケツとエアーポンプを用意します。エサはその鮮度(元気さ)が重要で、いかに元気な状態で海中を泳がすことができるかが釣果の差に出ます。アジの鮮度を保つためにこの2つはとても重要なアイテムです。

車での移動時にも海水が漏れにくいアジバケツ&アジスカリ(第一精工)と、IPX6相当の防水性能を持つパワーポンプ(冨士灯器)が角田さんの必携品。

合わせて大事なのは活き餌の取り扱いです。足元周辺は整頓しておき、素早くキープすることが大切です。

仕掛けのハリを活き餌の鼻に通すようにつけるのですが、人の体温によってもエサは弱るので、できるだけ触らないように。取り付けに慣れていない方は、手袋を使用してください。

ハリをエサの鼻に通す鼻掛けで装着する。弱らせないよう素早く行うことが大切だ。


家族の協力プレーで狙うと盛り上がること間違いなし!

この釣りはまず、エサとなる活き餌の確保から始まります。そうした魚を家族や子供たちと協力して釣り上げ、それを活き餌にアオリイカを狙う…なんてことも面白さのひとつ。

子どもたちがサビキで釣った小魚を餌に大物を釣るなんてことができれば、盛り上がること間違いなし! また、サビキの撒き餌で小魚がポイントに溜まることから、それを目当てにアオリイカが集まってくる…という期待もある。

アオリイカは「藻場や磯場が隣接した防波堤」に付いている

Q.釣り場を探す際に目安にしていることはありますか?

A.胴長10~15cmの食欲旺盛な手のひらサイズのアオリイカは、大きな群れで小魚を求めて広範囲を回遊します。磯場や藻場に居ついている巨大なアオリイカは、捕食のために防波堤に寄って来ます

防波堤は小魚の住み家となっている場合が多く、サビキで釣れる場所はアオリイカの回遊ルートやエサ場となっていることが多い。

Q.アオリイカを狙う具体的なポイントは?

A.防波堤の船道などの接岸ルート、カケアガリやシモリ(海中の障害物)など小魚の住み家付近で捕食する位置を狙います。船道などの防波堤付近で最も深いところや、地磯沿いを経路として防波堤に近づいてきます。

防波堤の先端や根元、小魚が最も釣れている場所、数mキャストした位置にあるシモリや沈みテトラ・藻などの直上を狙うと良いでしょう。足場に墨跡がついているところは、良い釣果が期待できる1級ポイントです。

イカが吐くスミ跡が残っていれば、そこはイカが釣れたことを示している。そのスミが湿っていたりすれば、釣れてそこまで時間が経っていない。スミ跡がある場所は有望だ。

そんな角田さんのおすすめの釣り場は、伊根漁港や新井崎漁港などの日本海側エリアの漁港。ファミリーでの釣りも楽しめる。

Q.アワセや取り込みの際に注意することは?

A.糸フケを巻きとり、竿先を海面に付けてアタリを待ちます。仕掛けの重みを感じジワーと浮いてきたら、アオリイカが抱きついている証拠です。浮いてこない場合は根掛かりです。イカだとわかればイカバリをしっかりと掛けるため、竿先を自身の後方へと、大きく素早く力強くアワセます。

その後は竿を立てたままの状態を維持し、ポンピングは行わず一定のスピードでリールを巻きます。ジェット噴射で抵抗されたときは、竿を立ててじっと我慢しながら寄せてきましょう。

手軽で奥が深いウキアオリイカ釣り

角田「ウキアオリ釣りを何年もしていますが、ウキが上下左右に不規則に動く前アタリを示し、アオリイカが当たるかもとウキを凝視するなか、スパッと海中に消えるウキを確認。糸ふけをとり、ジワっと感じるアオリの重み。合わせを入れる瞬間、アオリイカのジェット噴射開始。この流れは、何度経験しても、飽きず、いつも興奮してハッスルしてしまいます」

そう語る角田さん。「皆様にも、この浮きアオリイカ釣りの面白さを体感してほしいものです」そう締めくくってくれた。

やってみれば思っていた以上にカンタンなのがウキを使ったアオリイカ釣り。活き餌の泳がせ釣りということで難しそうに感じるところもあるかもしれないが、確実にアオリイカと出会いたい方はぜひ!

動画で確認! 角田さんのウキアオリイカ

関連記事はこちら

https://plus.luremaga.jp/2021/10/12/122744/
ルアマガプラス