公式ストア
プライムモニター
公式ストア

急上昇

ブラックバス ブラックバス(ルアー) ルアーマガジン メガバス(Megabass) メガバス(ルアー) 杉村和哉

スイムベイトは「高IQバススナイパー」!【秋のバス釣り巻き物論@杉村和哉】

ルアーマガジン

  • 公開日:


ルアーフィッシングの醍醐味ともいえる、ハードルアーを使った『巻きの釣り』。そこには、スローなソフトベイトな釣りには無い、確かなパワーが隠されているという。長年琵琶湖でガイド業を営み、ゲストさんや自身の釣果でそれを実感している杉村和哉さんが『巻きの釣り』に関して語ってくれた。

【Profile】

杉村和哉(すぎむら・かずや)

かつて釣りへの情熱を抑えきれず琵琶湖湖畔へ移住。今や予約の途絶えない超人気ガイドとして連日湖上の人となる。地元・奈良のため池で培ったスキルは琵琶湖でも、もちろん岸からも冴え渡る。

グッドコンディションのバスのスイッチを入れる

杉村「スイムベイトって、シャッドテールワームと見た目あまり違わないと思うでしょうが…僕は別ジャンルと捉えています。たとえば、普段ルアーに騙されない、傷がなくフレッシュなバスも釣れるのは、スイムベイトならでは。ワームだとそういう個体をだましにくい」

撃たれまくっている池こそ、試す価値あり!

足元から沖へオーバーハングするアシのストレッチ。ロッドを伸ばし、ブラインドでデッドスロウル5inを巻いてくると…

ワームと別ジャンル! 釣れる動きとカタチを極めたのがスイムベイト

杉村「ワームで何度も釣られているようなバスも食っちゃう。たぶん柔らかくて高比重なせいで、硬くて低比重なワームだと釣れない。でも、スイムベイトはアクションやシルエットを重視して作られていて、素材ありきではない。全体的にカタチが似ていても、スイムベイトとシャッドテールワームは別として考えたほうがいいです」



ここぞ!というところを全て撃て!!

杉村「出しドコロは、通して一発で食いそう、食わせたいというところ。足元のストレッチだったり、ブッシュの際だったり」

何を投げても無反応、でもスイムベイト通したら一発なんてことも。

超シャロー特化型・完全ナチュラル系・激スロー族

デッドスロウル5in(メガバス)

杉村「名の通り超絶スロー巻き対応。極まったロールを見せて、別レンジのバスも引っ張り上げます。琵琶湖だと7inも使いますが、野池だったら、5inをチョイス」

フェザーはフックの存在感を消し、ボディの余計な動きを抑制。

フック自体は磁石によるマグホールドシステムでボディに密着する。

関連記事はコチラ

ルアーマガジン

2021.12.10

急上昇

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。