公式ストア
プライムモニター
公式ストア

急上昇

ブラックバス ブラックバス(ルアー) ルアーマガジン 大津清彰(うなぎいぬ) ホプキンス(Hopkins) ティムコ(Tiemco) ノリーズ(NORIES)

フォールで爆釣「ビッグスプーン」が有効【大津清彰さんの間違いない最強ネタ】

ルアーマガジン

  • 公開日:2022/01/05


近年日本で独自の進化を遂げているビッグスプーン。興味ゼロなバスが、ビッグスプーンに目の色を変えて追いかけていくのだとか。スライドフォールで食わせるメソッドをティムコスタッフの大津清彰さんが指南!

ダイラッカで触れる、ビッグスプーン爆釣ワールド

大津「ノリーズの大人気ビッグスプーン、ダイラッカ。そのすごさが改めて分かったのもライブスコープでバスの反応を見てからなんです。みんなが投げたら終わりそうなんですが(笑)」

大津「フォールの釣りなので、夏から秋の入り口まで破壊力があります。水深10mの中層2〜3mを回遊しているヤツらを狙います。テンションかけてスライドフォールで追わせて食う。着底後のシャクリでもドン! 冬は落ちていくものにバスの興味がなくなるので、次の夏にゼヒ、お試しください」

【Profile】

大津清彰(おおつ・きよあき)

ティムコ社員として、クリッタータックル・野良シリーズなどヒット作をリリース。フィールド業務も加速度的に増え、今や夢の職業に⁉ 胃の内容物調査を始めアカデミックなアプローチも欠かさない現場主義者だ。

ビッグスプーンにはスイベル必須

大津「このサイズより大きくしてもバスの反応は変わらないけど、小さくするととたんに反応薄……。フックはピアストレブル#2(リューギ)に換装。毎年製造されて買いやすいのも気に入ってます」

大津「回収するときにハンパなく回転するので、スイベルを。これで食いが悪くなるとかもないので。このオーシャンスナップBB(スタジオオーシャンマーク)は、ラインが絡まってロックすることもなく快適です」

ダイラッカで仕留めた三島湖の52cm!



フロント遊動フックでバイト急増

大津「バスは確実にヘッド側を食ってくるんです。すごい釣れた訳ではないんですが、このフロントフックで結構釣れましたね。アメリカの動画で観て、ぜひ試そうと。エサをくわえている小バスにも見えます(笑)」

ダイラッカ【ノリーズ】

フロント遊動フック(左)に食ってくることも多々あるという。スイベル(右)はマスト。このオーシャンスナップBB(スタジオオーシャンマーク)は、ラインが絡まってロックすることもなく快適とのこと。
ダイラッカ【ノリーズ】
created by Rinker

大津「普通のメタルも使います。速い動きのほうがリアクション効果が高いので、1オンスのショーティとか使います。これ全然動かなくて縦に上下動するだけなのに、めちゃくちゃ釣れる。冬のジギングスプーン自体、デカいのは釣れないけど。定番メタルワサビーもよく使います」

ショーティ【ホプキンス】

大津的適合タックル

  • ロッド:フェンウィック スーパーテクナSTAV610CMHP+J(ティムコ)
  • リール:フエゴCT103SHL(DAIWA)
  • ライン:シーガーR18バス16lb(クレハ)

『ルアーマガジン』最新情報

『ルアーマガジン』2022年2月号は12月21日発売!

『ルアーマガジン』2022年2月号

2021年秋に突如として話題となった『イヌリグ』は年々タフさを増すバスフィッシングの救世主となるのか? え、イヌリグを知らない? 無問題。それも含めて2021年末発売のこの1冊に、来季釣果アップの秘策を網羅してみました。

さておき、あなたはイヌ派? それともネコ派? 2022年は寅年ですよ~!

『ルアーマガジン』2022年1月号は全国の書店・Web通販サイトでお求めいただけます!

●発売日:2021年12月21日
●定価:990円(税込)

ルアーマガジン

2022.01.05

急上昇

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。