公式ストア
プライムモニター
公式ストア

急上昇

【期間限定】ハズレなし!ガラポンチャレンジ開催中!
ティムコ(Tiemco) ブラックバス ブラックバス(ワーム) ルアーマガジン 大津清彰(うなぎいぬ) ティムコ(ルアー)

カバー周りのバスをホバストで狙う方法【大津清彰さんの間違いない最強ネタ】

ルアーマガジン

  • 公開日:


ホバストはジグヘッドでのミドストと違い、ヘッドに重心がないので、動きすぎず、ワームのシルエットも変わらない。そんなホバストをより効果的に使う方法をティムコスタッフの大津氏が伝授!

カバーで釣果爆発、カバーホバストメソッド

大津「立ち木の中に入れ込んでも、ネコリグのように引いてこられる。元来のホバスト同様、スキッピングもしやすいのでカバー奥へ入れやすい。沖のホバストは意外とショートバイトが多いですが、カバーが絡むと本気食いが多発しますよ!」

【Profile】

大津清彰(おおつ・きよあき)

ティムコ社員として、クリッタータックル・野良シリーズなどヒット作をリリース。フィールド業務も加速度的に増え、今や夢の職業に⁉ 胃の内容物調査を始めアカデミックなアプローチも欠かさない現場主義者だ。

スーパーホバリングフィッシュ2.5in+ワーム329ハンガーHD#4(がまかつ)

PDLスーパーホバリングフィッシュ2.5ECO #20 CRシャート【ティムコ】
created by Rinker
ティムコ(TIEMCO)

大津「具はスーパーリビングフィッシュでもいい。ハンガーHDに自分でガードを付け、ネイルシンカーでバランスを取ります」

大津「カバー周りは最近、普通にコレ使っちゃいますね。」


大津的ティーザー理論

ド派手先行で寄せて、地味で食わせる

大津「ティーザーやドジャー(集魚板)って、先行するものが派手で食わせる部分が地味。昔からあるトローリングでも必ずこの組み合わせになっている。この対比が大事なのかな。食わせる部分の小ささも、食いやすさに貢献しているはず」

自作ワイヤーで繋ぎ、端は収縮チューブで処理。ディープ想定でどちらもナス型オモリが付いている。

大津「ワイヤーじゃないと絡んでしまうので。ルアーパワーが凄くてバスが寄ってきても食わないことがあって、じゃあ柔らか波動のワームで食わそう……ラインだと絡むな……とか。こういう試行錯誤をするとルアーの本質が見えてくるし、開発のネタになるんです(笑)」

『ルアーマガジン』最新情報

『ルアーマガジン』2022年3月号は1月21日発売!

『ルアーマガジン』2022年3月号

新年1発目のルアマガといえばタックルオブ・ザ・イヤー! 2021年に読者の皆さまが心を寄せた、リアルガチな人気釣具が発表されるわけです。

表紙に載っているアイテム、全てわかりますかね? どれも人気かつ話題になったアイテムですが、各ジャンルの1位以下から見るトレンドの変化にも注目ですよ~。

●発売日:2022年1月21日
●定価:990円(税込)

ルアーマガジン

2022.01.07

急上昇

コメントを投稿

コメント一覧

TOPICSトピックス

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。