国内唯一のガイドを搭載!『アウトバックビヨンド』が振り出し竿の歴史を変える!



テレスコピックロッド、つまり振り出し竿なのに驚きのスペックを誇る「アウトバックビヨンド(テイルウォーク)」。手にした記者も驚愕したその性能の秘密を、同メーカーのスタッフ・下地さんにお聞きしました。

国内初&現状『唯一無二』の恩恵が大きすぎる!

――アウトバックビヨンド、撮影用に現物をお借りして実際に触らせていただいたのですが、率直に言って今までの振り出し竿とは別物になってますよね。ズバリ、何が違うのでしょうか?

下地「それはやはり『ガイド』になると思いますね」

――『モバイルK』というやつですね! 普通のガイドとはどう違うのですか?

下地「まず、従来のテレスコロッドの場合、多くは磯釣り用の遊動ガイドを流用していました。ですがそのガイドはあくまでもエサ釣り用で、ルアーロッドに流用するには性能的にちょっと無理があったんです。テイルウォークでは、パイプにルアー用ガイドを取り付けて遊動式にする方式も行っていましたが、それでもガイド周りの重量が増してしまいますし、パイプが曲がりに影響を与えてしまうなど、十分なものとは言えないものでした」

――それらの問題を解決したのが『モバイルK』だと

下地「そうなんです。モバイルKのガイドを固定している部分はカーボン製。固定のためにスレッドや大量のエポキシを使う必要もないため、非常に軽く仕上がります。また、ガイドそのものもルアー用ロッドに普通に使われるものを使用できます」

――確かに小さいし軽そうだし、安心ですね!

下地「しかも小さくなった恩恵は、1ピースロッドに劣らない竿の曲がりにつながり、さらには仕舞寸法の縮小にも貢献しているんですよ!」

――『モバイルK』、すごいですね! でも複数のピースに分かれるという点は同じですし、ブランクスはやっぱりマルチピースロッドのアウトバックと同じものを使っているんですか?

下地「確かに同じ様に分割されているブランクスではありますが、マルチピースとテレスコピックでは竿の継ぎ方が異なるため、新たに設計し直しているんですよ。そのままだとピースごとに重なる部分が増えて重々しくなるだけで、ガイドの恩恵がプラスマイナスゼロになってしまいますからね」

――おお! 専用のブランクス! まるで1ピースロッドのように感じたのは、そういったトータルでの設計にも秘密があったわけですね。

下地「ブランクスレベルでの見直しが必要になるほど、『モバイルK』の恩恵が大きいわけです(笑)。実はこのガイドの国内初搭載モデルがこの『アウトバックビヨンド』なんです。今の所は他のメーカーさんでも使っている製品はなかったような…」

――モバイルKの凄さを味わえるのは『アウトバックビヨンド』だけ! ですね!

まずはミドルレングスモデルからお試しあれ!

――全5モデルのラインナップですが、おすすめのモデルとかはありますか?

下地「ライト&ショートレングスでバスやトラウトに最適な『S514L』『S645L』、ソルトルアーフィッシングに広く対応する『756L』『756ML』、長くて強い『S810ML』が5モデルの内訳となりますが、まず手にしてもらえるのであれば、おすすめは 『756L』『756ML』 ですね」

――どちらも長さは7ft5inで、パワーがライトとミディアムライトのロッドですね。

下地「これらのロッドは汎用性が高く、湾奥のシーバスやチニング、ライトウェイトのショアジギ、エギング、北海道では本流トラウトなどでも活躍しています」

――色々な釣りに使えるというのは、パックロッドにとってかなり重要な要素ですよね。

下地「特に湾奥系のアングラーさんやエギングアングラーさんから好評で、ラインを通したままでタックルをコンパクトに収納できるテレスコピックロッドは重宝しているそうです。レンタルサイクルやバイクを使ってのラン&ガンスタイルにぴったりですからね」

――なるほど! 小場所を次から次へと回っていくとなると、2ピースロッドはもちろんマルチピースロッドでも移動の邪魔になりそうですもんね。しかもブランクス性能も十分に優れているとあれば…!



振り出しロッドの夜明けは『ビヨンド』から!

――テレスコピックロッドの革命? はたまた夜明け? これは間違いなく大きな影響がありますよね。

下地「数年前からマルチピースロッドではハイエンドモデルのパックロッドが増えていますが、テレスコピックロッドでここまでの性能・価格のものは中々無かったですからね。私自身パックロッドユーザーで、最近ではロッドケースを持っていく機会がすっかり減りました。パックロッド市場はまだまだ大きくなると思いますし、もっと発展してくれると嬉しいですね」

『ルアーマガジン・ソルト DX Vol.2』は7月21日発売!

『ルアーマガジン・ソルトDX Vol.2』

『ルアーマガジン・ソルトDX Vol.2』の目玉は、「ショアキャスティング」と「アジング」の2大特集企画! 人気の2魚種の実釣企画に加え、最新タックル情報もたっぷり紹介しています。

表紙と巻頭グラビアページにはヤマラッピこと山田ヒロヒトさんが登場! 和歌山県南部にて行われた実釣取材でjは、見事2340gのアオリイカをキャッチしています!

『ルアーマガジン・ソルト』は配信の舞台を『ルアマガ+』に本格移動。海のルアーフィッシングの最前線をWebで展開しています!

『ルアーマガジン・ソルトDX Vol.2』は全国の書店・Web通販サイトでお求めいただけます。

  • 発売日:2022年7月21日
  • 定価:1,500円(税込)

関連記事

ルアマガプラス