とんでもない高感度! 闇夜もカラーでクッキリ写る! 夜釣り最強アイテム、暗視スコープを紹介するよ!



アジングやメバル釣り、シーバス、アカイカエギングなど、ソルトルアーフィッシングでは夜に釣りをする魚種が多いですよね。日中は、あらゆる情報が見えていても、夜は当然ですが見える範囲が一気に狭まってしまい、釣りがしにくいのは当然ですが、トラブルの原因にも…。そんな不満を解消してくれる可能性のあるアイテム、フルカラーナイトビジョン サイオニクス(SIONYX)を紹介します!

その名も「フルカラーナイトビジョン サイオニクス」

暗視カメラと聞いて、皆さんイメージするのってグリーンの映像じゃないでしょうか? 映画などの小道具でよく出てきますよね。ゴーグルタイプの大掛かりな暗視スコープ。明るく見えはするけど単色のシルエットだと、いまいちイメージがつかみにくいですよね。

そこで「フルカラーナイトビジョン サイオニクス」の登場となります! 写真はもちろん、動画撮影も可能な暗視スコープなんですが、コンパクトなボディからは想像できないほどの高性能なんです。

【SIONYX PRO】サイオニクス プロ

【主な機能】

  • ISO感度:819200
  • 防塵防水性能:IP67
  • レンズ:16mm(ナイトモードf1.4 トワイライトモードf2.0 デイモードf5.6)
  • 動画撮影:720*360ピクセル
  • 静止画撮影:1280*720(92万画素)
  • 機能:GPS、加速度センサー、コンパス(ブラック/スポーツ除く)
  • デジタルズーム:3倍

まずは、サイオニクスで撮影した以下の作例を見て下さい! 左が通常のカメラで撮影した場合。真っ暗でほぼ何が写っているかわかりません。光源だけが点々と見える程度です。夜、撮影してみたら、こんな風になってしまう経験ってよくあります。

作例:ショアの釣りの場合

作例:ボートマリーナ

作例:橋の明暗周辺

一方、右の写真、いかがでしょうか? メチャクチャきれいに写ってますよね。陸っぱりでの釣りの風景、ボートのマリーナ、そして水辺にかかる橋。いずれも、釣りをしているとよくあるシチェーションですよね。カラーで、しかもクッキリと見えるんです!

実際に、編集部でこのカメラを借りて試したことがあって、そのときの作例も載せておきますね。

【夜の橋脚付近を実写比較】

iPhone XRとサイオニクス プロで、シーバスなどで実釣を行うことが多い橋の周辺を撮影してみた結果です。一目瞭然なんですが、特筆すべきは橋脚周辺の、iPhoneでは黒くつぶれて表現しきれていない部分が、サイオニクスでは水面まできちんと写っている点です。

実際、釣りをする場合に重要となるのが、先行者がいるかどうかと橋脚付近の流れがどうなっているかだと思います。サイオニクスでチェックすれば、遠くからでも水面の状況が把握できます。今、水が流れているのか、それとも緩んでいるのかがわかりやすいですよね。こういう使い方は、釣りをする上ですごく便利なんじゃないかなって思ったります。

iPhone XRで撮影

サイオニクス プロで撮影

ちなみにこの画像はトワイライトモードで撮影しています。最も明るく写るナイトモードではないです。街灯がある場合、本気出しすぎると白飛びするんで、1段落とすときれいに撮れます。

サイオニクスには、カラーモードの他にモノクロやグリーンモードも選べるので、シチュエーションに応じて設定して使えます! 実際にファインダーを覗くと、下の画像のように見えます。

カラーモードの見え方

グリーンモードの見え方

グリッド線を始めとして、水準器なども表示されるので、かなり本格的な仕様となっているのがわかります。ちなみに、サイオニクスには「プロ・スタンダード・ブラック・スポーツ」の4グレードがラインナップされていて「GPS/加速度センサー/コンパス」機能は、プロとスタンダードに搭載されています。



「防塵防水IP67」はマジで嬉しい性能! 釣りの現場に積極的に持って行きたくなります!

皆さんよくご存知かとは思いますが、釣りの現場は、精密機器にとってはかなり過酷です。雨が降ったり、潮をかぶったり、泥がついたり…。高価な撮影機材を持ち込むには、かなり躊躇します。だから、Goproのようなアクションカメラが重宝されるんですよね。

防塵防水性能:IP67

防水・防塵規格のIP67とは「常温の水では水深1mの深さで30分浸かっていても耐えられ、さらに砂やホコリなどを完全にシャットアウトする」性能を有するというもの。とは言えこれは、万が一の保険として考えておいた方がいいと思います。

Goproはすごくいいビデオカメラなんですが、唯一とも言える弱点が、ローライト時の撮影に弱いところです。サイオニクスは、日中はもちろんのこと、夜もしっかりと撮れる(動画も写真も)、そこが、他のアクションカメラにはない特徴で、夜に活動することが多々ある釣りに向いていると言える部分でもあります。

手のひらに収まるコンパクトなボディ。タックルボックスなどにラフに入れておけるのも嬉しい。

専用アプリで、スマートフォンやタブレットとも連携可能!

サイオニクスには専用のアプリがあります。カメラとスマートフォンやiPadなどのタブレットと連携させることで、より高度な使い方も可能です。例えば、サイオニクスをマウントキットなどで設置して、離れた場所でスマートフォンやタブレットなどで観察、撮影なんてこともできて、めちゃ便利。

サイオニクス プロは専用のハードケース付き!

サイオニクスの最上位モデルとなるプロには、遠征時などの持ち運びにも便利な専用の防水ハードケースが付いています。他にも、記録メディアや予備バッテリーなど付属していたれりつくせり!

本体にMicroUSB端子があるので、キャップを外してバッテリーを充電します。モバイルバッテリーなどからも充電できそうです。ちなみに、バッテリーをフル充電後、外部給電しながらの撮影も可能です!

サイオニクス4機種 全ラインナップスペック表

これまで、スタンダードとスポーツの2機種だったのが、新たにプロとブラックが追加されました。

サイオニクスの詳細は、阪神交易のWEBサイトでチェック!

ルアマガプラス