東京湾に潜む巨大アジを狙え! 60cm級のバケモノサイズも釣れる「バチコン」って何だ!?



東京湾には実に豊富な魚種が存在していて、それらを狙う釣りも盛んに行われています。アジも、東京湾で釣れる魚として非常にポピュラーな魚なんですが、実は、深場には普段あまりお目にかかれない特大のサイズのアジが潜んでいるというのです。今回はこの特大アジを狙ってみようという企画。果たして、60cm級のギガアジは出るのでしょうか!?

【Profile】

飯高博文(いいたか・ひろふみ)

ロッドメーカー、レジットデザインのCEO。長年に渡るロッド開発経験を持ち、名作バスロッドをいくつも手掛けてきた人物でもあります。近年はボートアジングの魅力にどっぷりとハマっていて、それが同社のソルトウォーターブランド「スクアド」シリーズ誕生のきっかけにもなりました。

高いゲーム性と青物のようなファイトを楽しめる、それがバチコンの魅力!

ボートアジングが、今ほど一般的になる前からこの釣りを楽しんでいたという、レジットデザインCEOにしてロッドビルダーとしても有名な飯高さん。ボートアジングのどんなところに惹かれたんでしょうか?

飯高「アジングは繊細かつテクニカルで、ちょっとしたことで他の人と釣果に差が出たりするゲーム性があり、それが大きな魅力だと感じています」

狙い方の違いで釣果に差が出るバチコンのゲーム性が楽しいってことですね。他にもありますか?

飯高「あと、釣れるアジのアベレージが大きい。40cmオーバーのアジの引きはもはや小型回遊魚なんですが、これをライトタックルで仕留めるのがたまらないんですよね〜」

大型アジをライトタックルでかけてファイトする、確かに楽しそう!

飯高「レジットデザインはバスフィッシング用のロッドをメインに販売していますが、もともとバスだけでは終わらないぞという思いがありました。それで、ソルトウォーター用ロッドの『スクアド』というシリーズを作ったんです」

ショアからのアジングロッドとボートアジング用のロッドでは、必要となる特性にはどのような違いがあるのでしょうか?

飯高「ショアから狙う場合とボートでのアジングの一番の違いは、足場の安定感です。ボートは常に足場が揺れています」

確かにそうですが、それがロッドの特性とどう関係するんですか…!?

飯高「関東の一般的なスタイルであるデイゲームの場合、アジはボトム付近まで落ちます。それを狙う場合、アジがいるタナをどう的確に釣るかが重要となるんですが、短いシャキッとしたロッドを使うと、リグが不用意に動いてしまったり、タナが取りづらかったりするんです」

ボートの揺れが、ダイレクトにリグに伝わっちゃうってことですね。

飯高「そうです。深場のアジを狙う際に重要となるゼロテンション(ラインを張らず、緩めずの状態をキープすること)がやりにくい。そこで、スクアドのバチコン用のロッドは全体的にしなやかに仕上げています。ロッド全体で不安定なボートの揺れを吸収するようなイメージですね」

ロッドが、揺れによる入力を吸収してくれるから、ゼロテンションをキープしやすいんですね。ところで、大型のアジを狙って釣る方法ってあるんでしょうか?

飯高「小さい普通のサイズのアジは、リグ(仕掛け)をフワッと漂わせるように動かすとよく反応する傾向にあります。一方で大型のギガアジクラスは、ルアーをクイックに動かすととよく反応するようなイメージです。大型を狙って釣るなら、強めのシェイクやリアクション的な動きがキーになると思います」

レジットデザイン スクアド ボートアジング用ラインナップ

SKS-ST64SUL-AJING

  • 全長:6ft4in
  • 適合ルアー:0.5〜2g
  • 適合ライン:エステル1〜1.5lb
  • 価格:27,000円(税別)

SKS-ST65UL-AJING

  • 全長:6ft5in
  • 適合ルアー:1.5〜3g
  • 適合ライン:エステル1.5〜2.5lb
  • 価格:27,000円(税別)

SKC-ST66UL/L-AJING

  • 全長:6ft6in
  • 適合ルアー:3〜10g
  • 適合ライン:PE2.5〜3号
  • 価格:26,800円(税別)

SKC-ST68L/ML-AJING GIGA AJI SPECIAL

  • 全長:6ft8in
  • 適合ルアー:バーチカルMAX150g
  • 適合ライン:PE0.3〜0.8号
  • 価格:31,500円(税別)

ベイトモデルとスピニングモデルの使い分けは?

広く探りたいならスピニング、縦に探りたいならベイト

バーチカルに落としてボトム付近を丁寧に誘っていきたい場合はベイトタックルが有利です。一方で、リグをキャストして広範囲に探っていきたい場合は、スピニングタックルがオススメになります。スピニングタックルはジグ単をキャストしたり、バチコン仕掛けでもちょい投げで送りこめるという特性があります。



専用のタックルなら、奥深いバチコンアジングを誰でも手軽に楽しめる!

さて、ここからはルアマガスタッフが実際にバチコンを体験しながら、レジットデザインのスクアドの使用フィールをインプレッションしていきます!

この日は風が強く、船が流されてはポイントに立て直すということが多い状況でした。リグに使用するシンカーは、重めの15号が状況にマッチしていました。

スタッフ「スピニングの65モデルを使っているんですが、この重さのシンカーを使ってもパワー負けしていませんね。船が流される方向を先読みして、少し奥にちょい投げする、という動作もやりやすいです。パワーバランスが絶妙で、バチコンロッドの標準的な一本という感じですね」

次に、ベイトの68モデルをインプレッション。

スタッフ「少し波っ気があるので、この長さでいなしていくと釣りやすいです。しなやかでパワフルなんだけど、ロッド自体のバランスが良いから持ち重り感が無く、使用感がとても軽いんですよね。手首の力を抜いたまま釣りができるというか」

どのモデルにも共通しているのが、高次元のファイト性能。

スタッフ「アジってものすごく口切れするイメージがあったんですが、ほとんどバラシなく取り込めたのには驚きです。魚が走れば無理なく追従してバラシを防いでくれるし、ロッドを立てればグイグイ浮いてくる。竿がオートマチックに仕事をしてくれてるなというのが伝わってきますね」

午前中は喰いが渋るタイイングもあったもの、後半戦はコツを掴み怒涛のバイトラッシュ。飯高さんと合わせてトリプルヒットという場面も何度か訪れた。

飯高「細かくいろいろ調節していきながらやっと釣れることもあるし、イージーにぽんぽん釣れることもある。ツンデレなアジの両面が見れましたね。竿が必要な時は言ってください、売るほどありますから(笑)」

飯高さん使用タックル

タックル1(上)

  • ロッド:SKS-ST64SUL-AJING(レジットデザイン)
  • リール:ヴァンキッシュC2500(シマノ)
  • メインライン:PEライン0.5号
  • リーダー:フロロカーボンライン10lb
  • ステイト:フロロカーボンライン4lb

タックル2(上から2番目)

  • ロッド:SKS-ST65UL-AJING(レジットデザイン)
  • リール:ヴァンキッシュC2500(シマノ)
  • メインライン:PEライン0.5号
  • リーダー:フロロカーボンライン10lb
  • ステイト:フロロカーボンライン4lb

タックル3(上から3番目)

  • ロッド:SKC-ST66UL/L-AJING(レジットデザイン)
  • リール:ティエラIC 105XHL(DAIWA)
  • メインライン:PEライン0.5号
  • リーダー:フロロカーボンライン10lb
  • ステイト:フロロカーボンライン4lb

タックル4(一番下)

  • ロッド:SKC-ST68L/ML-AJING ギガアジSP(レジットデザイン)
  • リール:アンデバランBFS(シマノ)
  • メインライン:PEライン0.5号
  • リーダー:フロロカーボンライン10lb
  • ステイト:フロロカーボンライン4lb

レジットデザイン スクアドの詳細はこちらをチェック!

『ルアーマガジン・ソルト』2023年1月号 発売情報

ルアーマガジンソルト2023年1月号

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン・ソルト 2023年1月号』

企画の目玉は、「アジング」と「シーバス」、そして「サーフ」の3大特集! 最新タックル情報に加え、エキスパートアングラーたちのテクニックも余すことなく紹介しています。

このほか、ヤマガブランクスのライトゲームプラッギングロッドや、モノクロページではサーフィッシング基本、ボートサワラフィッシングの基本なども掲載。エキスパートからビギナーまで納得の1冊となっています。

『ルアーマガジン・ソルト2023年1月号』は全国の書店・Web通販サイトでお求めいただけます。

  • 発売日:2022年11月21日
  • 定価:1,500円(税込)
ルアマガプラス