ペットボトルで津本式血抜き!『津本式家庭用魚仕立てノズル』で魚が劇的に美味しくなる!【好評発売中!】



現場でも家庭でも簡単に魚を美味しくするツール完成しました! ホースと水を使って魚から血抜きをすることで、魚が劇的に美味しくなると噂の津本式。めちゃくちゃ簡単なんだけど、それすらなんだか難しいと感じている方、多くなかったですか? しかも、なんか道具たくさんいる難しい技術だと思ってませんでしたか? そんな方に、朗報でございます。これなら簡単、ペットボトルに装着する津本式血抜きノズルです!

好評発売中です!

特殊な器具なないと魚は美味しくできない!? ことはない。誰でも試せる津本式

近年、素早く簡単に美味しく魚を仕立てられると評判になっている『究極の血抜き・津本式』。考案者の津本光弘さんが、自身のYouTubeチャンネルで懇切丁寧にその技術を解説、提供してくださっています。ほぼ無料で!

【Profile】

津本光弘(つもと・みつひろ)

宮崎県長谷川水産勤務の魚仕立て師。死んだ魚でさえ、高い精度で血抜きを行うことができる『究極の血抜き・津本式』を開発し、鮮魚鮮度を長く保つことのできる魚仕立て術を世に広めた。魚はすぐ腐るモノという概念を覆すこの技法により、熟成魚などの分野をより広く活用できるようになった。

特殊なノズルを使った神経抜き&血抜き。専用の包丁やナイフ。そして、ホース。

なんか、専用器具がないと津本式ってできないんじゃ? みたいな雰囲気がございました。が、そんなことはありません!『究極の血抜き』というのは『究極に簡単』というところからきていて、ホース1本で津本式は試せるのです! と、ご本人もメディアの我々も啓蒙してきたのですが……。

いや、ホースとかウチのシンクとかにつかねぇし、あんなに大量に水使って魚とか捌けないし、津本式無理よ。ハードルたけぇよ』

そこ! 確かにそこが実は割に高いハードルなのでございます。最近の家庭用シンクは変換器がないとホースが蛇口に取り付けられません。いや、それどころか変換器すら使えない!なんて家も多いのであります。事実、ルアマガスタッフの自宅も同様の問題をかかえていました。



津本式は基本プロ向けに洗練されている。これを家庭向けに落とし込むと?

開発者の津本光弘さんは長谷川水産という魚卸業者に勤めていて、日々、効率化された卸場で多くの魚を処理していく必要がある立場です。

水を大量に使えたり、広いシンクだったり、大きなまな板があったりはまさにプロのための環境で、仕事場にはそれが整っています。

まさに、その環境下最大効率で『津本式』を行うために開発されたのが津本式を支える各種専用器具で、それらは津本さんの仕事環境に最適化されたものです。

大きなまな板、広いシンク、ホースをつなげる蛇口などこの環境で津本さんが仕事をする上で最適化されたのが、津本式のプロ用道具の数々。それらの道具があるとプロの仕立てが可能だが、家庭レベルだとオーバースペックのアイテムもある。

同じような環境で仕事をする人にとっては、便利すぎて手放せないものばかりですが、釣り人や家庭でちょっと津本式をやって魚を仕立ててみたいという方にはある部分オーバースペックな道具もあったりします。津本さん自身もそれは再三言っておられます。

津本式のための各種専用器具は『プロ用』だが、当然、機能に特化していることから、その使い勝手を求めて購入希望する人が多く販売されている。

津本「たとえば津本式ノズルは、日々、この仕事をする上で、耐腐食性や専用器具としての使い勝手を煮詰めたもので、ノヅルを試したい人は、耐久力も使い勝手も劣るけど、Amazonとかで売られているエアダスターのノズルを買って始めてみたらええよ。これじゃダメだと思うくらいになったら、うちの道具を使えばいいと思う」

津本さんの第1目標は、命ある魚を美味しく食べてもらうこと。そのために自分の開発した津本式は、非常に簡単に魚を美味しく仕立てられる血抜きの技法なので、普及させたいという思いがある。津本さんはプロなので、プロ前提の技術提供を常におこなっていらっしゃるのだけど、では、もっと、もっとその原理の良さをスポイルさせないでコンパクトに、そして家庭レベルで手軽に試していただくためにはどうすればいいだろうと常々意識されていました。

家庭レベルにコンパクトに落とし込んで津本式を試してもらうための器具。それがペットボトルで使える『家庭用魚仕立てノズル』

ノズルと名前がついているが、津本式の代名詞とも言われている尾から神経を抜いたり、血をより精度高く抜いたりするためのノズルのように尾から使用することを意識して設計されたノズルではない。あくまで津本式の根幹は『ホース血抜き』。それを家庭向けに代替するためのアイテムがこちら。

津本「津本式で最も大事なのは究極の血抜き。つまりホースで行う血抜きです。尾からノズルを使ったり、神経を抜いたりするのもより精度の高い血抜きのための仕立て技術ではありますが、根幹はホース血抜きです」

このホース血抜きこそ、津本式の根幹。ちなみに津本式はこのホース血抜きを生かすために組みた立てられた技術の呼称。

津本「あの神経がピューッと抜けるのみてノズル血抜きが印象強くなってしまったみたいやけどね。あれは、やれれば120点という作業やから」

尾を切断し、神経穴、血管穴に専用のノズルを差し込み、水を使って神経や血を抜く方法は津本式の代名詞となっているが、これらは精度の高い魚の仕立てを行うための作業で、津本式の根幹はホース血抜き。

このホース血抜き。ホースを繋ぐことができる蛇口があれば誰でも試せる技術なのですが、前述したように、その環境すら家庭ではないのも事実。津本式のホース血抜きの原理を理解すれば、小〜中型魚であれば、ホースを使わずに血を抜けないか? と津本さんに質問を投げかけたところ……。

津本「ホース血抜きで水を使うのは、もちろんその水流や圧で手早く魚を処理できたり、その水を使って手早く血抜き以外の魚の内臓処理や掃除ができるからなんだけど、血抜きそのものには、実はそんなに水を使わなくてもいいんよ」

ホースの水量を必要とするのは血抜き以外に、内臓の処理や掃除のため。

津本式は、処理時にエラから刃物入れて、背骨下の腎臓と血管を切断し、そこに水をホースなどで圧迫注入していくという基本があります。この作業をホース以外で出来ないものかと試したのが100円ショップのドレッシングボトルでした(実際ルアマガプラスではスタッフが100円グッズで血抜きトライしている動画があったりします)。

この位置(エラの上側)を切ります。エラから背骨の下を撫でるようにカットすることで、腎臓と血管をカットできます。ここに後ほど水を圧入することで血抜きが効率よく行われます。
100円ショップのボトルでも同様の作業はできるが、帯に短し襷に長し感は否めない。そこから専用器具の開発が始まった。

津本「作業効率的にも、プロの仕事としてお客さんに出すのに使うということはともかく、釣り場や家庭レベルなら十分だし、多少ミスがあっても、これ、やるとやらないでは全然違うからアリやと思う。ただ、この100円均一のやと、ちょっと使いにくいから少しだけ改良しようか!」

そこで開発が始まったのが今回紹介する『家庭用魚仕立てノズル』なのです。想定する魚のサイズはアジ、サバ、小型のマダイ、イサキくらい。でもテストでは60cmクラスのスズキにも使用しました。

機能面だけではなく、道具としての美しさや所有感も欲しい。

ノズルの径、長さ、材質を煮詰め、釣り場などの現場、水回りでの使用、場合によってはナイフなどを使用せずエラに穴を開けて血抜きができるようにとステンレス素材を採用など意識。そして、主婦層などにも無理なく使ってもらうために、ペットボトルに取り付けられるノズルにしました。

なぜペットボトル? まず、持ち運びが楽でどこでも手に入れられる。これは荷物を多くしたくない釣り人の携帯を意識した仕様です。あと、ペットボトルの硬さです。女性の場合、一定の硬さのボトルだと固すぎて握力だけで、水を押し込めない場合があります。

ペットボトルのなかには丈夫ながら非常に柔らかい材質の商品があり、握力によって使い分けが可能です。ですのでこの仕様にしました。女性は『いろはす』、男性は『ウィルキンソン』あたりがお勧めです(中身は真水を基本使用してください)!

わかりやすい使い方は、後日記事にいたします。今回は、このノズルの開発ストーリーと意義を解説させていただきました。現場での使用風景については、下記動画をご覧くださいませ。

基本は、エラ切りした穴にノズルを差し込み水を注入するだけ! 簡単!

さて、前述させていただいたとおり、こちらは、津本式普及アイテム。価格もなんとか頑張らせていただきましたが2,980円(税抜)となっています。専用器具としてのアドバンテージは当然ございますが、2,980円は高い! とお感じの方はは、ぜひとも100円ショップのドレッシングボトルでお試しくださいませ。製作者側としても、その存在を隠したりはしません。

好評発売中です!

こちらのアイテムは4月22日より、津本式.com、ルアマガ オンラインストア、各種釣具店にて発売予定となっております。初回小売価格は3,278円(税込:本体価格2,980円)。

※釣具店以外の小売店で取り扱い希望の場合は内外出版社 販売部(電話:03-5830-0368)にお問合せください

裏機能として、津本式.comで発売中のハイパー継手と先のノズルが接続できます。
ルアマガプラス