【優勝は藤田京弥選手! 最終結果速報】2022年JBトップ50 第1戦 遠賀川【4月1日(金)〜3日(日) バス釣り最高峰トーナメント開催!】



2022年、日本で一番強いバスアングラーが決まる国内最大級トーナメントトレイル『JBトップ50』。 有名選手の引退や若手アングラーの参戦、強力な復帰組など、今年も目が離せない戦いが繰り広げられそうだ。4月3日をもって第1戦目となる遠賀川戦が終了。激戦を制したのは…?

3日目もゼロ申請多数! 最終日のトップウェイトは青木唯選手!

国内を代表するトップアングラーが一堂に会するトップ50。

その3日目ともなると、フィールドにかかるプレッシャーも並外れたものではないはずだ。

決勝に残った30名の選手のうち、ノーフィッシュが12名、1尾のみのウェイインとなったアングラーが12人、リミットメイク0人という結果からもそれをうかがい知ることができる。

そんな中、トップウェイトを持ち込んだのは予選通過時の暫定順位で25位の青木唯選手。

下流域にて、ラストエース(エバーグリーン)を使ったシューティングでグッドサイズを仕留め、3尾で4995gをウェイインすることに成功した。

最終日の単日2位は2尾3,118gの冨沢真樹選手、3位が小林知寛選手の2尾2140gとなっている。

藤田京弥がビッグフィッシュ含む2日間のハイウェイトで逃げ切り優勝!

初日にビッグ・フィッシュ賞となる魚を含む5尾7,050g、2日目にも単日2位となる3,862gを持ち込み予選暫定順位1位となっていた藤田選手だが、最終日は1尾844gと苦戦。

最終日単日2位の冨沢真樹選手は3日間安定したウェイトを持ち込み、合計11,603gで追い上げを見せたものの、藤田選手の予選2日間のリードは大きく、冨沢選手の猛追をかわし切り、JBトップ50第1戦ゲーリーインターナショナルCUPは3日間合計11,756gを釣った藤田京弥選手の優勝で幕をおろした。

日本の『JBトップ50』とアメリカの『B.A.S.S.』、双方への参戦を表明している藤田選手にとって、これ以上無い最高のトーナメントシーズンスタートとなったはずだ。

最終結果

順位選手3日間合計重量
1藤田京弥11,756g
2冨沢真樹11,603g
3佐々一真10,456g
4青木唯8,325g
5SHINGO7,168g
6小野俊郎6,942g
7福島健6,904g
8小林知寛6,776g
9井上泰徳6,332g
10藤田夏輝6,254g
11山下尚輝5,650g
12武田栄喜5,358g
13今江克隆5,298g
14天野雄太5,268g
15薮田和幸5,000g
16大塚茂4,786g
17野村俊介4,555g
18釘崎誠治4,496g
19泉和摩4,418g
20市村修平4,370g
21佐藤旬4,370g
22川口直人4,224g
23三谷聡4,198g
24今泉拓哉4,192g
25小森嗣彦4,182g
26加藤栄樹4,166g
27三原直之4,104g
28掛水崚3,738g
29江尻悠真3,496g
30山下一也2,910g
31大野春人2,436g
32梶原智寛1,996g
33藤原啓司2,514g
34村上貴彦1,882g
35山岡計文1,644g
36宮嶋駿介1,770g
37中田敬太郎1,842g
38五十嵐誠1,278g
39吉川永遠1,326g
40本堂靖尚1,106g
41黒田健史1,304g
42南一貴1,034g
43篠塚亮894g
44小松友哉1,194g
45河野正彦580g
46小島孝明1,000g
47早野剛史986g
48小林明人0g
49林祐吾0g
50西岡一樹-200g
関連記事



次回は6月3日から弥栄ダムにて!

JBトップ50第2戦は今回行われた遠賀川戦と入れ替わりとなった東レソラロームCUPで、6月3日(金)~5日(日)の3日間、山口県の弥栄ダムにて行われる。

リザーバーかつバスボートが使えないフィールドということもあり、遠賀川戦とはまた違った展開が繰り広げられそうだ。

『ルアーマガジン』2022年11月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2022年11月号

今回の表紙は「る○ぶ」をイメージしています。って、言わなくてもわかりますかね(笑)。旅をテーマに特集を考えていたときに真っ先に浮かんだイメージがコレでした。楽しそうでいいですよね~。実際、内容のほうも非常にバラエティ豊かなものになっています! ガチで使えるハウツーはもちろん、冒険心をくすぐる実釣企画、たくさんのお役立ち情報…。「る○ぶ」のように皆さまを楽しい旅へと導きますよ!

  • 発売日:2022年9月21日
  • 定価:990円(税込)

ルアマガプラス