おかぴ〜激推! エギングファン必見のDAIWA新作アパレル&オススメコーデ【おかぴ〜のエメラルダスシーズナルタクティクス】



「ハーフテンションフォール」をはじめ独自のエギング理論を打ち出す関西エギング界のエキスパート・おかぴ~こと岡隆之さん。2019年DAIWAのエメラルダスチームに加入し、さらなる活躍の幅をひろげている。そんなおかぴ~さんの連載第4回目は2022年のDAIWA最新アパレルアイテムコーディネートがテーマ。釣りがもっと楽しくなるウェアを選んで、充実したエギングライフを送るべし!

【Profile】

岡隆之(おか・たかゆき)

明るいキャラクターとわかりやすいトークで多くのファンを持つ関西のエキスパートエギンガー。通称「おかぴ~」。見た目とは裏腹にエギングは超理論派、「ハーフテンションフォール」をはじめに様々なエギングメソッドを確立している。2019年からDAIWAのフィールドテスターに就任。

2022DAIWA最新アイテムのおかぴ~流コーディネート

「ようやく春の訪れを感じ始め、デカイカシーズンももう目の前といった雰囲気が漂っていますね!」

昨年同様、岡さんのホームグラウンドである和歌山周辺の釣り場は、黒潮の大蛇行による影響と、その他の要因から今年の冬も非常に厳しいエギングを強いられたとか。

「海藻の成育も期待薄ではありますが、そろそろチラホラと釣り場では産卵場となるエリアでも海藻を目視できるエリアが出てきました。来るべき春のデカイカシーズンに向けての下見も春に釣果を伸ばす為の重要な準備だと言えるかもしれませんね」

準備といえば、シーズンインを目前に控え、タックルの見直しや衣替えなど、悩むことも多々あるだろう。

「そんなタイミングですので、2022年ダイワアパレルの中から、私、おかぴ〜のイチ押しのアイテムや、絶対外さないコーデをご紹介しようと思います! そして今シーズンはエギング専用設計のウェアがオススメなんです!」

DE-8922 ロングスリーブスクインクシャツ&DP-8722 エギングハーフパンツ

「DE-8922は、ビッグシルエットなデザインでゆったりと着れるのでシャクリやランガンなど動きが多いエギングには最適! 機能性だけでなく、そのゆったりシルエットのおかげでスタイリッシュに着飾れるアイテムなんです」

エギングを楽しむアングラーにとってどうしても気になるのがイカのスミだが、それに対する発想もユニークだ。

「このDE-8922は、そのイカスミの付着すらもデザインにしてしまおう! と言うネガティブ要素を逆手に取った新たな発想なウェアなんですよ」

そして、このウェアに合わせた着用を岡さんが勧めてくれたのが、『DP-8722 エギングハーフパンツ』だ。

「このウェアは優れものです。耐摩耗性能に優れたCORDURA素材を使用することにより、激しく動き回るエギングシーンでの使用を高次元で実現できました。また、ストレッチ性もあり、快適性が増し、ストレスの無い着心地を得ることに繋がりました。そして、水を弾く撥水素材を使用することで、水しぶきや、弱い雨でもウェアをドライに保ち、快適に釣りに集中できます」

両サイドの大型ジップポケットは小型エギケースも収容可能で、より軽装備なミニマルエギングを楽しめるのもありがたい。

「機能性はもちろんのこと、見た目のスタイリッシュさも併せ持つ最高のエギングパンツだと思いますよ!」

サステナブルアイテムも登場!

「続いて紹介したいのが、使用済み漁網などのリサイクル素材を使用したサステナブルアイテムの『DE-6422 グラフィックTシャツ』。漁網リサイクル50%、ペットボトル等のリサイクル50%、すなわち100%リサイクルで作られた環境に優しいウェアなんです」

もちろん機能性も抜群で、吸水速乾。汗や水分を素早く吸収・拡散・乾燥することで、ドライに保ち、快適な着心地を持続させてくれるのだ。

「気温がこの先どんどんあがっていきますので、これからのシーズンにオススメですよ!」



DAIWA製偏光グラスにも新モデルが登場!

「最後に、来たる春のデカイカシーズンだけでなく、オールシーズン必須なアイテム。偏光サングラスをご紹介します」

TLX027

自分にフィットしない偏光グラスを長時間使用すると、頭が痛くなったり、様々な問題が発生してしまう。かといって、完璧に自分にフィットする物を探しだすのも容易ではない。

「でも『TLX027』は顔の特徴に合わせて可変パーツを微調整することが可能であり、どんな人でも自分だけの最高の1本を作り上げることができるスグレモノ! 今の私には必要不可欠なサングラスです」

状況に応じたチョイスでエギングがもっと楽しくなる!

「今回紹介したのは、春の堤防エギングや、お手軽エギングを想定してのコーディネートで、シューズ・サンダルは、そこを想定してのチョイスです。地磯や、沖磯等に行かれる際には、スパイクシューズやフェルトスパイクなど状況に応じた装備を選んでくださいね。

釣りのタックル同様、ウェアも楽しんでしっかりと選ぶことで、エギングがもっと楽しくなることは間違いないはずだ。

「みなさんも2022年のDAIWAのウェアを自分なりに着こなして、エギングという遊びを、より楽しく、そしてスタリッシュに決めてみてはいかがでしょうか? さて次回は、春真っ只中のシーズンかと思います。春イカ攻略を真剣に、そして包み隠さず書き綴ろうと思いますのでお楽しみに!」

これまでの連載はこちらから

ルアマガプラス