スレたバスもコロリと釣れちゃう超個性派ソフトベイト「サイコロラバー」の使い方を浦川正則が解説



四角いボディに何本もラバーが刺さったサイコロラバー。こんなカタチで釣れるの? と思う人も多いかもしれないが、狡猾なビッグフィッシュですら簡単に口を使うという。「常備ルアーにして切り札」と断言する浦川正則さんに、その使い方を語ってもらった。

【Profile】

浦川正則(うらかわ・まさのり)

徳島県の河川をメインに、オールシーズンでかバスを手にしている腕利き。ブレのない釣りスタイルと安定した釣果から「師範代」というニックネームも。

緩急自由自在「師範代」も太鼓判

旧吉野川など徳島県のフィールドをメインにしている浦川さん。サイコロラバーは岸でもボートでも、場所や時期を問わず出番があるという。

浦川「サイコロラバーは平らな面に水の抵抗を受けるので、ゆっくりとフォールさせて食わせることもあれば、素早く短く動かすのも効果的です。ミノーのジャーキングのようなロッドワークをつけて、バスの目の前から急にルアーを消えさせる感じですね。ボディは小さいけど水押しがすごいので、遠いところにいる魚を寄せて食わせる力があります」

浦川「基本的には魚がでかいけど、人が多いような時に多用しています。旧吉野川のや徳島の河川、リザーバーでも魚が浮いてるような状況で出番が多いです。見えバス狙いはもちろん、ボトムの沈みものを釣ったり、ブッシュに吊るして誘ったりもします」

時期を問わずグッドサイズを確実に攻略できるサイコロラバー。浦川さんのボックスから外れることがない存在だ。

サイコロラバー(O.S.P)

ボディの大きさ重量カラー個数価格
約12mm2g(マックスソルト)
1.7g(ノンソルト)
8色4個入り1,155円(税込)

同サイズ、2つの比重がセレクト可能

マックスソルト、ノンソルトともにカラーは8色

浦川「クリアなフィールドはスジエビ、スモークレモン、グリパン、ブラック、常勝シュリンプのような地味めがメインです。視認性を重視する際はサイトネオンピンクですね。水が濁っている場合はブラック、グリパンを使います」

浦川的サイコロ使用法 その1.ノーシンカーリグ

見えバス攻略の不可欠リグ

バスが浮いている状況で、浦川さんが必ずキャストするのがノーシンカーリグ。ノンソルトがメインで、狙う深さに応じて0.3~0.9gネイルシンカーを挿入している。バスの眼の前に落とし、素早く短く動かして口を使わせる。ボトムをきっちりと探る場合は、マックスソルトにネイルシンカーを挿入。ノンソルトよりも素早い動きが出せるという。

写真のフックはガード付きマスバリの#4だが、オープンな場所だとガードなしを使用。

出目を変えれば使い方も変わる

本物のサイコロ同様に、1~6の目が刻印されている。ノーシンカーで使用する際は、浦川さんは一番面積の小さい「1」の面からマスバリを刺している。障害物にコンタクトさせて使う時は面積の大きい「6」に刺して、引っ掛かり感をアップさせている。

ダウンショットでリアクション的に縦に跳ね上げたり。縦の場合はダウンショットだけど、食わない場合はスプリットショットでも使います。ヨコ方向のトゥイッチ。ヨコに逃がしていく感じです。縦とヨコでリグを使い分ける感じです。



浦川的サイコロ使用法 その2.ダウンショットリグ

フックセットは2通り動かしすぎると嫌われることも

浦川「写真のように『1』の面の角にちょんがけするのと、『1』から『6』まで縫い刺しにする2通りです。ちょんがけだとシェイク時に、縦方向のロールが大きくなります。縫い刺しの場合はボディが固定されてラバーだけが揺れます。リグを動かしすぎるとバスが逃げる場合は、縫い刺しがメインです。キビキビ動かしたい時はリーダーを短めに、高さがある障害物を釣る時は長めにしています」ノンソルトをメインに使用。

写真のフックはガード付きマスバリの#4だが、オープンな場所だとガードなしを使用。

浦川的サイコロ使用法 その3.スプリットショットリグ

ボトム付近をゆっくり転がすかトゥイッチ

水押しの強さで広範囲にアピールするサイコロラバー。スプリットショットは1~2gがメインで、場合によっては0.6gを使用。リーダーは50~60cmでボトムをズル引きかトゥイッチ。

ノンソルトがメイン。フックはガード付きのマスバリ#4だ。

使用タックル

3つのリグはすべて以下のタックルで使用。

  • ロッド:グラディエーターマキシマム61ULS-STマックスフィクサー(レイドジャパン)
  • リール:スティーズタイプII・ハイスピード(DAIWA)
  • ライン:シーガーR18フロロリミテッドハード4lb(クレハ)

『ルアーマガジン』2022年11月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2022年11月号

今回の表紙は「る○ぶ」をイメージしています。って、言わなくてもわかりますかね(笑)。旅をテーマに特集を考えていたときに真っ先に浮かんだイメージがコレでした。楽しそうでいいですよね~。実際、内容のほうも非常にバラエティ豊かなものになっています! ガチで使えるハウツーはもちろん、冒険心をくすぐる実釣企画、たくさんのお役立ち情報…。「る○ぶ」のように皆さまを楽しい旅へと導きますよ!

  • 発売日:2022年9月21日
  • 定価:990円(税込)
ルアマガプラス