【新作リーク情報】エステルで扱える超感覚バイブ『プラパン』と超水抵抗『○秘プロトワーム』をご紹介!【アジングにおすすめ】



ライトゲームタックルを始め、便利グッズなど関連アイテムを多数リリースしてきたティクトは今季も精力的にアイテムを開発中! すでに発売されているものからプロトモデルまで、注目アイテムをトミー敦さんに解説してもらいました。ここでは、新感覚バイブレーション「プラパン」を紹介していただきます!

解説して頂くのは釣りもキャンプもこよなく愛する大人気ライトゲーマー!

【Profile】

トミー敦(とみー・あつし)

富山県出身で現在は大阪在住。ルアマガソルト名物企画「アジング王バトル」では初代王者に輝くなど、釣りの腕もセンスもピカイチ。多彩なテクニックをメディアで披露しつつ、アジングの楽しさを追求&啓蒙し続けている。ティクトの「顔」として知られているが、『SAMAR』ブランドではプロデューサーとして活躍している。 

エステルラインでも扱えるライトゲーム専用バイブレーション

2gと4gの2サイズ展開

ティクトからプラスチックと鉛のハイブリッドルアーが登場。形状はまさにバイブレーションだが、キャスト時にボディへの風の抵抗が少ないので、飛距離が出しやすく、振動しつつもキレのあるアクションを繰り出すのが大きな特徴だ。

トミー「ライトゲーム専用に開発したものなのでアジはもちろん、メバルやカサゴなど幅広い魚種に対応しています。エステルラインを巻いたライトゲームタックルで扱えるというのもミソですね」

どんな使い方ができますか?

トミー「ジグヘッドみたいにちょっと上げてからフォールさせたり、レンジも幅広く対応できる仕様です。また、アイが2箇所あって付け替えることで抵抗が変化し、ただ巻きの速度を変えられます」

アジングで使うイメージはどのような感じでしょうか。

トミー「ジグヘッドと同じような感覚で使ってもらえればと思います。なので、通常のバイブレーションよりもアクションにキレをもたせることを意識しました」

26mmの2gと32mmの4gのラインナップというのは?

トミー「アジングタックルでも扱いやすいウエイト展開にしました。テスト時にもしっかりアジが釣れています!」

プラパンは新感覚の軽量ミニバイブレーション

ただ巻きからフォールの釣りまで幅広く対応

トミー「ジグヘッドと同じように扱えるということで、ただ巻きはもちろんフォールの釣り、リフト&フォールの釣りなど、とにかく可能性は無限大。アジ、メバルの特性を意識しながら色々な釣り方を試してみてください」

プラパン(ティクト)

  • サイズ:2g、4g
  • カラー:各サイズ8色
  • 価格:850円(税別)

各サイズ共に全8色のカラー展開



松ぼっくりをイミテートした気泡をまとう『超水抵抗ワーム』

名称未定のプロトタイプ

お次は鋭意開発中の新作ワーム。1in後半と2in後半の2タイプ展開を予定している。

トミー「ティクトのブリリアントやピーカーブー含め、リングボディのワームはよくある形状ですが、独自形状の突起が抵抗になるため、フォールスピードはやや遅め。抵抗感も強いため、操作感や感度も抜群です」

松ぼっくりをイメージしたというデザインは、水中で気泡をまといながら遊泳したりフォールしたりするそうです。ボディサイズもやや大きめに設定することでアピールもやや強め。

トミー「そのせいか喰いつきも良いんですよね。それでいて、ストレートワーム感覚で使えるので”ここぞ”という場面というより、ベイトパターンからアミパターンまでかなり幅広く通用します」

現在、素材の調整も同時進行で行っているとのことです。

トミー「圧倒的に喰いが変わるマテリアルを追求している最中ですね。お楽しみに!」

ボリューミーな突起ボディと細身テールの組み合わせ、操作感がはっきりわかる独特の形状

トミー「以前、ヴィヴィッドリザードテイルというリングボディのワームがあったのですが、その形状を元に改良を加えてみました。リングを互い違いの突起に変更し、水の抵抗をより受けやすくすることで、軽量リグのジグヘッドを扱う上での”操作感”という部分はかなり向上していますし、アピールも強め」

アピールの強さはどれくらい? ティクトの既存ワームと比較!

トミー「強いアピールをイメージしたつもりですが、どちらかと言えば水抵抗も受けながらのスローな攻略を得意とするモデル。喰わせのフィジットヌードと、超強波動のブリリアント2.5inの中間くらいのアピールになります

アジにも良いし、メバルにも良い。ブリリアントのような「ここぞ」といったシーンで使う強波動のワームと異なり、どちらかと言えばストレートワームと同じような感覚で扱える。なおかつ水の抵抗を受けるためスローに魅せられる」

操作感バツグン!!

アンダー1gのジグヘッドとの組み合わせでも、水の抵抗を受けやすい形状のため、どの位置を流しているかなどの感覚がしっかり手元に伝わる。

アミパターンからベイトパターンまで幅広く対応

捕食しているエサに影響され、セレクティブになることも多いアジ。このワームはベイトを捕食しているときでも、アミに夢中になっているときでも、捕食対象の性質に左右されない”食わせ”の能力を秘めている。

『ルアーマガジン・ソルト DX Vol.2』は7月21日発売!

『ルアーマガジン・ソルトDX Vol.2』

『ルアーマガジン・ソルトDX Vol.2』の目玉は、「ショアキャスティング」と「アジング」の2大特集企画! 人気の2魚種の実釣企画に加え、最新タックル情報もたっぷり紹介しています。

表紙と巻頭グラビアページにはヤマラッピこと山田ヒロヒトさんが登場! 和歌山県南部にて行われた実釣取材でjは、見事2340gのアオリイカをキャッチしています!

『ルアーマガジン・ソルト』は配信の舞台を『ルアマガ+』に本格移動。海のルアーフィッシングの最前線をWebで展開しています!

『ルアーマガジン・ソルトDX Vol.2』は全国の書店・Web通販サイトでお求めいただけます。

  • 発売日:2022年7月21日
  • 定価:1,500円(税込)
ルアマガプラス