公式ストア
公式ストア

【2022年最新】釣りキャンプに最適な焚き火台をご紹介!【源流や渓流テン泊向け】

ルアーマガジン・リバー

  • 公開日:
ルアーマガジン・リバー 渓流釣り 源流域の釣り アウトドア キャンプ ソロキャンプ 焚き火 ルアマガ+ 焚き火


夢のような大自然の真っ只中に分け入る渓流での釣り。特に源流部の遡行では長駆のためテントでの宿泊も必要になってきます。いわゆるテン泊で楽しみたいものと言えば、やっぱり焚き火。暖をとったり、調理をしたり、源流域での焚き火は非常に重要な要素になります。ここでは、そんな焚き火を楽しむための「焚き火台」を厳選してご紹介。釣り人はもちろん、ソロキャンパーも必見ですよ!

ザックを背負いながら、釣りをしながら川を遡行する源流釣り。

源流釣り向けの焚き火台は軽量コンパクトなものを選びたい!

遡行した先で幕営地(登山中や沢登り中にテントを張って宿泊する場所のこと)にテントを張り、上流を目指す源流釣り。人が行きにくい場所を目指すという部分では、魚への人的プレッシャーも少なく、魚に出会える確率の非常に高い釣りといえます。

テン泊するならやっぱり焚き火も楽しみたいですよね! キャンプにとって焚火が意味するところは非常に大きく、「暖を取る」「調理する」という単純な目的以外にも、焚き火は心を落ち着かせてくれる重 要な存在だったりします。

そんな大切な夜を演出するソロ用焚き火ギアを、「軽量&コンパクト」をテーマに厳選してみました! キャンプ場を始め、直火禁止の場所も多いので、実は焚き火台はマストアイテムだったりもするのです。

【230g】ミニミニKAMADO【LOGOS】

重量わずか230g超小型調理器具!

軽量&小型の調理器具。釣り人はもちろん、ツーリングやトレッキングなど、積載制限があるソロキャンパーの強い味方 。 小型軽量だが、パーツを組み合わせることによって「網焼き」「串焼き」「鍋料理」「焚火台」と使用範囲が広いのが嬉しい。

折りたたむと手のひらサイズに収まってしまう。荷物を少しでも減らしたい源流釣行にもぴったり!
  • サイズ(使用時):8.6×14.5×8.9cm
  • サイズ(収納時):8.6×8.6×2.5cm
  • 重量(最小):230g
  • 価格:3,280円(税込)

【226g】ミニ焚き火台ヘキサST-942【SOTO(新富士バーナー)】

機能性と携行性を兼ね備えた逸品

6枚のステンレス板を組み合わせて構成された焚火台 。抜群の安定感を誇る構造のため、大きめの鍋料理でも不安がない。その上、本体重量わず か226g。分解することによってコンパクト収納も実現。機 能性と携行性を兼ね備えた逸品です。

  • サイズ(使用時):15.5×15.5×7.9cm
  • サイズ(収納時):14×14×0.5cm
  • 重量(最小):226g
  • 価格:2,000円(税込)

【500g】ファイヤスタンドmini MT-012【キャンピングムーン】

ソロキャンプ最強!?

折りたたむと、ポケットに収納できるくらいコンパクト! ソロキャンプに最適な超小型の焚火台です。火床はメッシュシート(特殊耐熱銅)製で、スタンド部はステンレス銅。重量わずか500Gの脅威の焚火台。価格がリーズナブルなのも人気もヒミツ。収納用トートバッグが付属します。

長さ37㎝。とてもコンパクトに収納可能!
  • サイズ(使用時):24.1×24.1×19cm
  • サイズ(収納時):φ8×37cm
  • 重量:500g
  • 価格:2,170円(税込)

【650g】ワイヤフレームライト【モノラル】

耐荷重2kgの本格派小型焚火台

火床に特殊耐熱クロスを採用した折りたたみ型焚火台。同メーカーの大人気アイテム『ワイヤフレーム』のライトバージョンモデルとなります。収納サイズはジャケットのポケットにも入る超小型仕様。重量650gなのでソロキャンプや源流遡行にも最適。小型ですが耐荷重2kgと、耐久性も圧倒的高い代物です。

  • サイズ(使用時)37×37×22.5cm
  • サイズ(収納14.5×29cm
  • 重量650g
  • 価格15,950円(税込)

【1,790g】サテライトファイヤーベース【ムラコ】

全方位死角なしの奇跡の焚火台

「軽量」「携行性」「簡単な設営&撤収」「機能性」すべの領域を高次元で実現した奇跡の焚火台。0.1ミリ単位で緻密に設計された設計は、さすがの一言に尽きます。運搬&機能&デザインの全方位に対して、ノーストレスの一生モノの逸品。

長さ41cmの専用ケースつき。
  • サイズ(使用時)43×46×24cm
  • サイズ(収納φ7×41cm
  • 重量1790g
  • 価格19,800円(税込)


『ルアーマガジン・リバー』最新情報

『ルアーマガジン・リバー』2022年4月号は2月21日発売!

『ルアーマガジン・リバー』2022年4月号は特集2本立て!

まず1つ目は「サクラマス」。2021年のメモリアル釣行から、今シーズンの展望、海ザクラまで幅広いテーマをまとめてみました。幻の魚とも称される鱒をエキスパートたちがどう攻略していくのか、注目してみてください!

そしてもう1つの特集が「鱒新製品大解剖」です。今期注目のアイテムをエキスパートたちの実釣を交えた解説で詳解! このほか、100周年記念のカーディナルなど、トラウトシーズンを彩る情報満載の1冊となっています!

  • 発売日:2022年2月21日
  • 定価:1,980円(税込)
焚き火

ルアーマガジン・リバー

2022.06.15

急上昇

コメントを投稿

コメント一覧

-->

TOPICSトピックス

  
  
  
  

[ルアマガ+]は、釣具&釣り方をはじめ、本当に役立つ情報をアナタの釣りライフに"プラス"するWebメディアサイト。バスフィッシング/ソルトフィッシングを中心に、幅広いジャンルの釣り関連コンテンツを提供。内外出版社が発行している釣り専門雑誌『ルアーマガジン』ファミリーなどの編集スタッフが"ホンモノ"の情報をお届けします。