バス向け軽量リールを比較インプレ「ルビアス エアリティ FC LT2500S(DAIWA)」



近年、軽量化の勢いが止まらないスピニングリール界。ここにDAIWA、シマノ、アブガルシア3メーカーの超軽量スピニングリールが集結。実際の使い心地をルアマガ編集部員が本気でインプレッションしてきたぞ! 今回はDAIWA、ルビアス エアリティFC LT2500Sを分析!

インプレする人たち

O木(おおき)

元大型釣具量販店の店員という経歴を持つルアマガプラス編集部員。バス・ソルト問わず、幅広く釣りを楽しむことをモットーとする。最近バスが釣れなくて厄払い考える34歳。こだわり強めのA型。

ムーバブルファッティ福重

体重100kgを超える才能の塊。その割に身のこなしは軽い。図体の割には繊細な釣りが好きな34歳。空気の読めないB型。

ティーチャー大場

11年間勤め上げた中学校英語教員の職を辞し、地元・山陰を飛び出して釣りへの情熱だけでルアマガに突撃入社した男。最近自分の年齢がわからなくなってきた35歳。マイペースなAB型。

【DAIWA】ルビアス エアリティ FC LT2500S

優等生ルビアスの性能をさらに昇華させたハイスペックモデル

自重ギア比ハンドル1回転最大ドラグ力ラインキャパベアリング価格
155g5.172cm5kg4lb×150m/PE0.6号×200mボール11/ローラー157,900円(税込)
LTコンセプト/軽量(Light)&タフ(Tough)。細部の徹底した軽量化へのこだわりと、リールの心臓部となるギアやそれを包むボディのマテリアルを、よりタフなものに進化させるDAIWAの新基準。
フルメタルモノコックボディ/従来のボディとボディカバーでドライブギアを支持する方式を廃し、ボディに直接高精度のプレートをねじ込むことで固定。剛性向上に加え、より大きいサイズのドライブギアを搭載することが可能となった。

【O木のインプレ】ウェット&ノイズレスな上質感ある「釣れる」巻き心地

O木:ほぼイグジストなスペックのルビアスエアリティは正直、巻き心地の良さは言わずもがな。超々ジュラルミン製MCタフデジギアによるしっとりとしたノイズレスな巻心地は、永遠に巻き続けられるぐらい。シャッドを巻いていても動きの一挙手一挙動を感じられるので、増水時やタイダルリバーなど、流れがあるような場所でのドリフト的な使い方ではその効果はよりてきめんに感じられそうです。

カラーリングの上品さも堪らない!

ルビアスエアリティのボディカラーは近年あまり見かけないガンメタリックシルバー。さらにアクセントカラーとしてスプールにゴールドカラーが配色されていて、機械的かつ気品あふれるデザインが個人的にツボ。ロッドとセットアップしたときの特別感が今回インプレした3機種の中で特に感じられました。

この巻き心地と気品あふれるデザインにO木の顔も思わずにやける。

【福重のインプレ】これぞライト&タフ!

福重:割りとコンパクトなデザインなので持った感じはそこまで軽くは感じませんでしたが、実際の重さは155gで、インプレッションするリールでは2番目に軽いんですね。それまでDAIWAの軽いリールと言えばイグジストだったわけですが、ルビアスエアリティはそれとはまた違った印象の軽いリールですね。剛性感も手にとってすぐに感じられたので、ライト&タフというコンセプトがしっかり活きていることを実感しました!

巻き出しの軽さがイイ!

しっとりとしたスムーズな巻心地が好みなのであれば、ルビアスエアリティは間違いなくオススメですね。『ザイオンエアローター』のお陰でリーリングの巻き出し時の抵抗が少ない感じも好印象でした。ただ位置によっては何にもしなくてもハンドルの自重でローターが勝手に回ってしまうので、繊細な動作の際は少しだけ気を使う必要があるのかなと思いました。

ストップ&ゴーやグリグリメソッドみたいな「巻く→止める」を繰り返す操作はこのリールが1番やりやすかった。


【大場のインプレ】軽くて強い。ワンランク上の確かな剛性

大場:ルビアスは昔から愛用していて、一般アングラーにはこれ以上の性能は必要ないと思えるくらい、高い基本性能を持ったリールという印象です。ルビアスエアリティは、マグネシウム製のフルメタルモノコックボディなので、とにかく堅牢。ボディに力を加えてみても歪みが起きる気配は皆無でした。軽量性と剛性を両立させるため、無駄なスペースを排除したギアボックスや肉抜きに機能美も感じます。

上質な巻き心地にフィネス仕様のハンドル長

DAIWAのFC(フィネスカスタム)モデルはハンドル長にも注目です。ノーマルのLT2500が50mmなのに対し、FC LT2500Sは45mm。わずか5mmの差ですが、巻き感が明らかに変わります。45mmの方がより繊細に巻いたりラインスラックをコントロールしたりするのに向いています。また、巻き心地はヴァンキッシュがサラサラとした乾いた滑らかさなのに対し、こちらはしっとりとした滑らかさ。

FC(フィネスカスタム)モデルは小型の1000番ボディに45mmハンドルで、より繊細な巻きが可能になっている。

プラス1 インプレ!

クイックドラグって実際どう?

こちらはオオバ私物のFC LT2500S-XH-QDクイックドラグモデル。きつめの設定からドラグノブ半回転でズルズルの状態にまで緩む、いわばドラグのハイギア。ファイト中は1クリックごとに繊細かつ正確なドラグ調整ができます。3回転ちょっとでスプールを外せるのも地味に便利。

ほかのリールと併用していると思わずドラグを緩めすぎてしまうこともあるので扱いには要注意。SLPWからクイックドラグノブ単体のカスタムパーツも販売されている。

ティーチャー大場イチ押し! こんな人にオススメ!!

大場:性能、質感共に申し分なし。デザインが好みなら迷わず買うべし!
全体的に高級感と剛性感があるデザインで、釣り人の所有欲を満たしてくれるリール。性能面はノーマルのルビアスですら十分なのにそれがさらにワンランク上! 実売価格がルビアスのプラス20,000円くらいなので、あとは自分のお財布とご相談ですね……。

『ルアーマガジン』2022年11月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2022年11月号

今回の表紙は「る○ぶ」をイメージしています。って、言わなくてもわかりますかね(笑)。旅をテーマに特集を考えていたときに真っ先に浮かんだイメージがコレでした。楽しそうでいいですよね~。実際、内容のほうも非常にバラエティ豊かなものになっています! ガチで使えるハウツーはもちろん、冒険心をくすぐる実釣企画、たくさんのお役立ち情報…。「る○ぶ」のように皆さまを楽しい旅へと導きますよ!

  • 発売日:2022年9月21日
  • 定価:990円(税込)
ルアマガプラス