ヤマメ釣りの基本【その4】動きが渋くてもあきらめない、低活性ヤマメの狙い方



自ら自然と直接向き合い、自然と一体になりながら美しい魚を追い求めるのが魅力の渓流釣り。一般的にはやや敷居が高いと思われがちだが、まずチャレンジしたいと思ったら、比較的釣りやすく人気の高いヤマメ釣りから始めるのがオススメ。第4回目は「活性の低いヤマメの狙い方」について紹介していきます。

解説していただくのは「ヤマメのエキスパート」!

【Profile】

内藤努(ないとう・つとむ)

埼玉県熊谷市の「プロショップオオツカ」スタッフであり、トラウト全般を担当。常に尺上ヤマメを目標に、各地の渓流を釣り巡る熱血アングラー。大の猫好きでもある。

動かない低活性ヤマメは目と鼻の先に通して反応させる

活性が低くスレが進行すると、ヤマメはルアーを追う距離が非常に短くなります。とくにヤル気のない魚の場合、イワナなどと同様に底にびったりと張り付いて動かなくなってしまうことも。

とはいえ、狙ったポイント、魚の目と鼻の先にルアーを通すことができれば、チェイスはなくてもギラッという反応を得ることはできます。

ただ、完全にヤル気をなくしたヤマメは完全な無反応に陥ってしまうので、どこにいるのかさえも分からなくなってしまう場合が多くなります。



動いているヤマメならその行動を見きわめて狙う

「魚がどこから出てきたか」まず、これをよく観察してください。ルアーを追い越すような反応だったり、追っている途中で違う場所へ走って逃げるような魚はストレス状態が高く、釣れる確率は低いと言えるでしょう。

低活性状態に陥ったヤマメは深いレンジに着くと同時に、追い方に変化が生じると内藤さんは言う。ミノーを見て過敏に反応し、もともといた場所から離れてしまうようなヤマメは、釣れる確率が低いようである。

自分のテリトリーに入ってきたもの(ルアー)を追い払い、また自分のテリトリーに戻る魚。出てきた場所に戻る魚ですね。これが低活性ヤマメの中でも釣れる可能性をある程度残した魚だと考えています。

※この記事は2017年12月に掲載したものを再編集しております。

『ルアーマガジン・リバー』最新情報

『ルアーマガジン・リバー』2022年4月号は2月21日発売!

『ルアーマガジン・リバー』2022年4月号は特集2本立て!

まず1つ目は「サクラマス」。2021年のメモリアル釣行から、今シーズンの展望、海ザクラまで幅広いテーマをまとめてみました。幻の魚とも称される鱒をエキスパートたちがどう攻略していくのか、注目してみてください!

そしてもう1つの特集が「鱒新製品大解剖」です。今期注目のアイテムをエキスパートたちの実釣を交えた解説で詳解! このほか、100周年記念のカーディナルなど、トラウトシーズンを彩る情報満載の1冊となっています!

  • 発売日:2022年2月21日
  • 定価:1,980円(税込)
ルアマガプラス