話題沸騰ハイコスパ新ベイトリール『アルカンセ(ZPI)』をルアマガ編集部が実力レポ!



自分に最適なリールを使いたい。コスパ最高のベイトを入手したい。他人と同じタックルはイヤだ……。理由は千差万別なれど、コアなリールメーカーの機種への需要は高まるばかり。もちろんどれでも良いというワケではなく、たとえリーズナブルなモデルだとしても失敗は許されません……。そ・こ・で! 白羽の矢が立ったのはクセありルアマガ編集部員。プロのようにウデがないからこそ、道具にどれだけ助けられるかが分かるというもの。素人相手に奮闘する新世代スペック、その全てをご覧ください! 今回はZPIのフラッグシップ『アルカンセ』をご紹介。

DU ALCANSE アルカンセ【ZPI】

DU-ZP III アルカンセHS【ZPI】

オカッパリ×フラッグシップな戦闘機

モータースポーツの聖地・三重県鈴鹿で精密加工を極めたZPI。その技巧の全てを詰め込んだ「アルカンセ」は、オカッパリ派を中心に大ブレイク! その次世代機「DUアルカンセ」は、今、最も注目を集めるシリーズのひとつ。こちらは、ゼロスコアテクノロジーの結晶「ZP IIIスプール」搭載。フロロカンボンライン14lbを巻いてインプレ!

ギア比ベアリング自重糸巻き量価格(税込)
7.3:19+ローラー1178g12lb/60m30,800円
created by Rinker
オフィス ジーピーアイ(Office Zpi)

DU-STD アルカンセHS【ZPI】

STD=スタンダード。マットブラックが映える!

ちなみにDUとは「デュアルユース」で、淡水も海水もOKという意味。こちらDU-STDは、さらにコスパ高い実力モデル。今回は左巻きモデルにフロロ14lbを巻いてテスト!

ドラグフルロックで、巨大なアカエイがぐいぐい寄せられました。これも剛性感のたまものだし、ギアもかっちりしていてパワフル。簡単メンテで海でも使えるのは嬉しいですね。

ギア比ベアリング自重糸巻き量価格(税込)
7.3:19+ローラー1172g12lb/100m33,000円

ルアマガ編集部インプレ

スタンダードモデル投入でいきなりヒット!

マット加工は手に馴染んで、違和感ゼロ! EVAノブは超高密度でしっかり握れてゴリ巻きできました。

キャストインプレッション

ブレーキ設定5で3/8oz・スピナーベイトもノーシンカーも自在に投げられます。
フルキャストもピッチングも、アキュラシー高く投げていけるリール。このマグネットブレーキ、ラクですね。
ラインの放出もスムースで、ここでも金属加工精度の高さを感じられる。つまり高級機種のソレ!

使い心地インプレッション

イメージはタックル1本でオカッパリ。ルアーを選ばず稼働してくれます。

意外だったのが軽さ。どのロッドでもマッチングするし、感度に貢献してくれそう。

剛性感が高いので、巻きモノが気持ち良い! レベルワインドがロングノーズ化されているからか、ラインの抜けが良いです。



総評「突出した剛性感と、価格帯別2モデルがGOOD」

巻いていての「カッチリ感」に感動する声多数! 塩水対応というタフネスさと、ZP IIIモデルとSTDモデルの展開は購買意欲を後押し。オカッパリ派ならこのリール一択!?

『ルアーマガジン』2022年11月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2022年11月号

今回の表紙は「る○ぶ」をイメージしています。って、言わなくてもわかりますかね(笑)。旅をテーマに特集を考えていたときに真っ先に浮かんだイメージがコレでした。楽しそうでいいですよね~。実際、内容のほうも非常にバラエティ豊かなものになっています! ガチで使えるハウツーはもちろん、冒険心をくすぐる実釣企画、たくさんのお役立ち情報…。「る○ぶ」のように皆さまを楽しい旅へと導きますよ!

  • 発売日:2022年9月21日
  • 定価:990円(税込)
ルアマガプラス