バス釣りトップウォーター奥田学おすすめルアーと使い方

7人のバスアングラーが所持するトップウォータールアーからそれぞれ3種をピックアップ。思い出の詰まった逸品、おすすめのルアー、勝負を分けたルアー、現役で戦術に組み込まれているルアー。様々な魅力を放つトップウォータールアーをご紹介します。今回は奥田学さんが選んだ「リザードクローラー」「レッドペッパーベイビー」「アユチュビミノー改」!

マンメイドストラクチャーを前に、非情な突っ込みを見せる55アップ。ティップはその進行方向に追従するも、スパイラルXコアを搭載したバットは微動だにせず。いつの間にか、バスはその巨躯を浮かせてしまうのだった。

【Profile】

奥田学(おくだ・まなぶ)

モンスター級のバスを追い求める孤高のハンター。シグナル主宰。その一方、ハンドメイドトップや、オールドタックルにも精通している。

強波動系サーチしつつアフター回復を根こそぐ盤石ゲーム

リザードクローラー【シグナル】

表層ネチネチ&速巻きでサーチもできる万能パワートップ

ストックルアーズとのコラボカラー「ガシャーン」シリーズ。この色、最高よね(笑)。

リザードクローラーは、デッドスローから速巻きまで対応できる羽根モノなんだけど、今の時期もシャローレンジが有効。バンク際もいいけど、水深4mの立ち木の水面下50cmに浮いているバスとか。またビッグベイト並みにパワフルなルアーなんで、エリアを刻みながら引きまくってのサーチも有効だね。

レッドペッパーベイビー【ティムコ】

小型のベイトフィッシュを表層で追うシーズン

このサイズ、アフターのバスは小さいベイトを食いがちで、しかも水面に追い込んで食うシーズン。この時期、ボイルがよく見られるのもそのため。だから小さいトップが絶対的にいい。

コイツはダイブ&スケートなんで、割と早めのアクションで。琵琶湖もいいし、リザーバーや川バスもドンピシャ。流れがあるようなスポットの周辺を重点的に、広く探っていく。小魚がパニックして逃げるような速さで。

アユチュピミノー改【ティファ・ノリーズ】

デッドストックのリップ削り! コレが効く…!!

こっちもレッドペッパーベイビーと同じ意図で投入。

使い分けとして、水平浮きのコイツはトゥイッチングさせたり、ロングポーズを入れたり、超スローで巻いたり……。

ただ巻きすると、若干S字を描きながら、水面もしくは水面直下をロールしてくる。この2つのルアーがあれば、ほぼ全てのスピードをカバーできるね。どっちも、スピニングにPEライン0.8号+フロロリーダー6lbで使用。遠投命!

一発大物狙いと、ミニマムペンシルの2段構えです。

『ルアーマガジン』2022年11月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2022年11月号

今回の表紙は「る○ぶ」をイメージしています。って、言わなくてもわかりますかね(笑)。旅をテーマに特集を考えていたときに真っ先に浮かんだイメージがコレでした。楽しそうでいいですよね~。実際、内容のほうも非常にバラエティ豊かなものになっています! ガチで使えるハウツーはもちろん、冒険心をくすぐる実釣企画、たくさんのお役立ち情報…。「る○ぶ」のように皆さまを楽しい旅へと導きますよ!

  • 発売日:2022年9月21日
  • 定価:990円(税込)
ルアマガプラス