リールのシングルハンドルとダブルハンドルの利点と選び方

リールのハンドルには大きく分けると、シングルハンドルとダブルハンドルの2種類があります。通常はシングルハンドルがセットされていることが多いですが、ダブルハンドルにカスタマイズする利点も存在します。それぞれのメリットを理解し、より自分の釣り方に合ったベストなものを選んでみましょう。

●文:ルアーマガジン・マス王編集部

シングルハンドルの特徴

軽いので初動が速く、すぐにルアーをスイム姿勢に移行可能

シングルハンドルはダブルに比べて軽いハンドルです。そのため巻き始めの初動を速くさせやすいというメリットがあります。

たとえば、スプーンといった沈むルアーの場合でもすぐにスイム姿勢へと持っていけるのでタイムロスが少なくなります。

また、軽いので緩急のコントロールがつけやすく、デジ巻きやミノーなどのマジックジャークのような細かいアクションにも対応しやすくなります。


シングルハンドルはスプーンやミノーの釣りをスムーズにする

シングルハンドルは軽いためリトリーブの初動が速くなるので、沈んでいくスプーンの釣りにマッチします。また、ミノーのジャークやトゥイッチ等、素早く動かすルアーの操作もやりやすいです。

ダブルハンドルの特徴

リーリングが安定して一定速度を保ちやすく、巻きブレを抑えやすい

ダブルハンドルはハンドルが2つ付いている状態のため、シングルハンドルよりも重量があります。しかし、どの位置にあっても重心が安定しているため、一定速度のリトリーブが得意なハンドルです。

結果、クランクベイトなどの巻き系ルアーを最初から最後までスローでも一定に巻きやすい大きな利点があります。そして、両側にノブがついているので、デッドスローに巻いても速くなったり遅くなったりする「巻きブレ」が少なくなります。

ダブルハンドルは一定速で巻きやすいので特にクランクベイトにマッチ

ダブルハンドルは安定したリーリングができるので、一定速度で巻いてくるクランクベイトを扱うのに最適。また、マイクロスプーンをスローに巻いてくる釣りにも合っています。

クーガ(ヴァルケイン)

ダブルハンドルはスロー巻きで効果を最大限に発揮!

シングルハンドルは重力の関係上、トップから下がるときに速くなります。一方ダブルハンドルは安定した巻きが可能。超デッドスロー巻きでこそ効果を実感できるはずです。

ピッチ(長さ)の選び方

短いと一定速度に巻きやすく、長いと魚とのやり取りやすさがUP

ハンドルのピッチ(長さ)の選び方は、短いほど手首の動きでハンドルを回しやすくなるため、一定速度のリトリーブがしやすい利点があります。また、スロー巻きでもブレにくいです。

逆に長いハンドルほどトルク(巻ける力)が向上します。パワーがあるので魚を掛けてからのやり取りが楽になります。また、初動も速くなるので、ラインスラックの回収もUP。テンポの良い釣りが展開しやすい利点があります。

シングルハンドルとダブルハンドル、それぞれの利点を理解して自分の戦略に組み込んでみよう。

『エリアトラウト タックルガイド』発売情報

エントリーモデルからエキスパートカスタムまで、最前線のタックルをまるごと深堀り!!

驚異的なスピードで進化し続ける、エリアトラウト専用タックル。極限の世界でエキスパートを支えるのは、やはり「道具」だった!

超人気ブランドのロッド、ライン、フック、ギア……リールを、ルアーマガジンならではの深掘りで、AAA級アイテムたちの真価をまるごと紹介!

各パートごとには注目度の高いモデルをカタログ的に掲載する、取材記事とカタログスペースの2段構えで、エリア用タックルの全貌をお届けします。

●発売日:2022年4月18日
●定価:1,980円(税込)


※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス