松本幸雄が解説! エステルライン対応スロー特化巻きエリアトラウトロッド『ホワイトウルフ 62UL-e』

アングラーの成長に合わせて、次々と新しい世界を見せてくれるホワイトウルフ。ホワイトウルフの中には開発者・松本幸雄の「やりたいこと」のすべてが凝縮されている。今回はそんなホワイトウルフの中から「低伸度系ライン」に対応した「操作系ロッド」の世界を徹底解説! 1本目はエステルライン対応スロー特化巻きロッド『ホワイトウルフ 62UL-e』。

●文:ルアーマガジン・マス王編集部

松本幸雄さんのプロフィール

[写真タップで拡大]

松本幸雄(まつもと・さちお)

ロデオクラフトスーパーバイザー。バリバスフィールドテスター。タレックスモニター。オプトさいとうフィールドテスター。伝説的エリアロッド『ホワイトウルフ』シリーズ開発者にして、ウッサ、BFの開発者。誰からの影響も受けていない、超個性理論は「独創性」の塊。一見「奇想天外」に思える松本理論も、実は王道を直撃しているため、のちにエリアの常識として定着することが多い。エリア業界に数多くの「常識」と「定説」を築き上げた、影響力マックスのプロアングラー。

『ホワイトウルフ 62UL』から『ホワイトウルフ 62UL-e』へ

[写真タップで拡大]

ホワイトウルフシリーズを『第1期』と『第2期』に分類するとしたら、『第1期』に属するのが62ULと62UL-e。現在の606L-eへと繋がる松本幸雄さんの低伸度系ロッドの原点とも呼べるモデルだ。

ホワイトウルフ62UL-eというロッド!

写真は62UL-e。ロッドウエイト68g。リールシートには銘木『ゴールドタイガーメープル』を採用。機能性だけではなくデザイン性も超一級品。

松本幸雄とホワイトウルフ

松本幸雄開発の銘竿『フォーナインマイスター・ホワイトウルフシリーズ』。その人気の高さゆえ、入手困難なロッドとして知られている。プロアングラー・松本幸雄の釣りスタイルに、ピッタリと寄り添ったコンセプトのラインナップがそろっている。

中でも近年注目を集めているのが、『操作性』に焦点を当てた『低伸度ライン対応のホワイトウルフシリーズ』。エステルラインの登場を期に、松本さんの釣りスタイルは変化した。そして松本さんの変化の最前線に寄り添って開発されているのが、ホワイトウルフ×低伸度対応ロッド。それらのロッドの中には、現在の松本幸雄の「考え方」と「スタイル」が詰め込まれているのだ。

ホワイトウルフ初の低伸度ラインを意識した操作系ロッドは62UL。ホワイトウルフの系譜を『第1期』と『第2期』に分類するとしたら、『第1期』に属するおなじみの人気モデルだ。

松本「62ULのコンセプトをシンプルに説明すると、掛けのクランキングもこなせる、P Eライン対応の巻き全般ロッドです」

巻き抵抗が大きいクランクベイトはロッドでアワセても、ロッドの曲がりに阻まれて、針先が瞬時に働かないことが多い。そこでPEラインの低伸度力を利用して、針先に瞬時に仕事をさせるアクションを導き出したのが62ULだ。当時ボトムゲームなどの、いわゆる『寝技系』を想定したPEロッドは発売されていたが、巻きもこなせるPEロッドの存在は希少だった。

松本「PEラインでも使えるようにティップには多少の遊びを持たせています。ですがバットセクションにはフルサイズのクランクも振り切れる強いトルクがあります」

ちなみに62UL発売当時、エリア業界には、まだエステルラインは浸透していなかった。

62UL登場から数年後。バリバス社の『スーパートラウトエリアマスターリミテッドスーパーエステル(以下スーパーエステル)』の登場によって、エリア業界に一気にエステルラインが浸透した。スーパーエステルの開発にも携わっていた松本さんは、いち早くエリアゲーム×エステルラインの可能性に注目していた。そしてスーパーエステルの開発と足並みをそろえるようにして、制作を進めていたのがホワイトウルフ62ULeだ。当時の松本さんはエステルラインを、主にスローに特化したゲーム展開で使用していた。

松本「エステルは伸びないですがPEと比較すると伸びます。そのためエステル使用を想定したロッドの場合、62ULほどはティップの遊びは必要ありません。62ULよりも張りが強いロッドの方がエステルとの相性はいいです。その結果誕生したのが62ULeです」

エステルでも使える巻き対応ロッド62ULeの登場は、それまで難しいとされていたマイクロスプーン&デッドスロー領域の釣りを一気に身近にした。62ULeの存在によって、デツドスローリトリーブを駆使したマイクロスプーンの楽しさを知ったアングラーの数は計り知れない。実際、62ULeの影響力は、それほどまでに大きかった。

62UL-eの登場によって、デッドスロー領域のゲームが間違いなく身近になった!

ホワイトウルフ 62UL

松本幸雄×低伸度系ロッド[初号機]

PEラインにも対応した巻きのクランキングロッド。

ホワイトウルフ 62UL-e

松本幸雄×低伸度系ロッド[二号機]

エステルラインにも対応したスロー特化の巻きロッド。

エステルラインの登場が自分のスタイルも変えました~♪

『エリアトラウト タックルガイド』発売情報

エントリーモデルからエキスパートカスタムまで、最前線のタックルをまるごと深堀り!!

驚異的なスピードで進化し続ける、エリアトラウト専用タックル。極限の世界でエキスパートを支えるのは、やはり「道具」だった!

超人気ブランドのロッド、ライン、フック、ギア……リールを、ルアーマガジンならではの深掘りで、AAA級アイテムたちの真価をまるごと紹介!

各パートごとには注目度の高いモデルをカタログ的に掲載する、取材記事とカタログスペースの2段構えで、エリア用タックルの全貌をお届けします。

●発売日:2022年4月18日
●定価:1,980円(税込)


※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス