「ウェーディングって面倒臭い! 浸からなくても釣れるし…」と、思っている人に読んでほしいウェーディングチニングゲームの楽しさ

陸っぱりの釣りからウェーディングとなると、途端に敷居が高くなる。ウェーダーなどの装備が必要だし、安全面のリスクも高くなる。それでも、多くの釣り人がウェーダーを履いて、今日も水に浸かって釣りをするのはナゼなのか? 一歩踏み出すことで得られるメリットについて、チニングの観点からもりぞーさんに解説してもらった。
※ウェーディングは危険な面もあります。単独の釣行は避け、深いエリアや潮流の早い場所は避けましょう。潮位を定期的にチェックし、退路を確保しましょう。

●文:ルアマガソルト編集部

[写真タップで拡大]

【森 浩平(もり・こうへい)】

大阪府在住。アーバンチニングの第一人者で、クロダイ・キビレの年間キャッチ数は年間2000枚を越すことも。ベイトタックルスタイルとフリーリグの有効性にいち早く着目し、この釣りを普及させてきた。愛称はもりぞー。

ウェーディングは水温や流れを肌で感じ、自然との一体感を味わえる

今回の実釣では、大型河川の河口でウェーディングスタイルを選択したもりぞーさん。チニング(クロダイ・チヌをルアーで狙う釣り)は、スニーカースタイルのオカッパリでも楽しむことができるが、砂地が沖まで広がる場所ではウェーディングが有利となる、という判断だ。

[写真タップで拡大]

もりぞー「ウェーディングは水温や水の流れ、波などを体全体で感じられる。自然の中で釣りをしているっていうのを実感できる、楽しい釣りですよね」

多摩川下流域は砂地が多いため、水位が引いたタイミングでも沖を攻めることができるウェーディングが有利。装備的にはシーバスのそれと同様だ。エイは多いためウェーダーの内部にはエイガードを装備し、エイスティックも用意した。 [写真タップで拡大]

潮回りは大潮で、流芯を効率良く攻めることができる干潮前後の数時間が勝負だ。まずはアーバンクローラーの11gフリーリグでスタート。ショートバイトが続き、フッキングしてもバレるということが数回続く…。

実釣で最初に手にしたのは、チヌではなくシーバス。フリーリグは、シーバスに対しても有効。 [写真タップで拡大]

もりぞー「アウェイなのでちょっと緊張しているんですかね、普段はこんなことないんですが…」

低い目線で魚とのファイトを楽しめるのも、ウェーディングの釣りの魅力の1つ。 [写真タップで拡大]

その後はフィールドのクセをつかみ次々とキビレをキャッチしていった。アーバンクローラーのグリパンチャートがこの日のヒットワーム。

もりぞー「ワームはいろいろローテーションしていって、結局バイトが出たのがアーバンクローラーでしたね。水質が濁っていたんで色はグリパンチャートですね」

ワームの種類やカラーをローテションしてバイトを継続させる!

ワームのアピール力を変えたり、水質に合わせてカラーを変えていく。ちょっとしたことでバイトが出たり、逆にバイトが途切れたりするので、その答えを探していく作業がおもしろい。 [写真タップで拡大]

もりぞー「何となくでやっても釣れるときはそれなりに釣れる。でも、シンカー重量に形状、ワームの種類とカラー、アクション、タックルセッティングの差で、隣同士で釣りをしていても片方は連発、もう一方はノーバイトとかはよくある話ですよ」

上から、シルバーウルフ アーバンシュリンプ2.8inch/シルバーウルフ アーバンクローラー2.5inch/シルバーウルフ KJカーリーチニングカスタム3inch。もりぞーさんがフリーリグで使用する主なワーム。シルエットや波動の強弱、ボリューム感を変えてチヌの反応を見る。 [写真タップで拡大]

フリーリグ(フリリグ)の解説はコチラの記事をチェック!

もりぞー「状況に応じて釣り方をマッチさせれば、深いバイトや釣果という答えがしっかり返ってくるのが、この釣りのおもしろいところです」

実釣開始当初は、アウェイの洗礼として珍しくバラしもあったもりぞーさんだったが、フタを開けてみればキビレが8枚、クロダイ1枚という素晴らしい釣果に。フリーリグの真髄を充分に見ることができた。

[写真タップで拡大]

もりぞー「10枚を目標にしていたんですが…、最初のバラしがなければ目標達成でした(笑)」

とは言え、短時間でしかも慣れないフィールドにも関わらずチヌ9尾はさすがである。地元大阪・淀川で鍛えられたフリーリグチニングテクニックは、東京湾でも十分有効だと言うことを証明するのに十分な結果だろう。みなさんも、安全に十分配慮して、ウェーディングチニングを楽しんでみてはいかがだろうか?

【使用タックル】

ロッド:シルバーウルフAIR76MLB-S
リール:シルバーウルフSVTW PEスペシャル
ライン:磯センサーSS+Si 0.8号150m
リーダー:タフロン グレイトZカスタムEX 3〜4号 [写真タップで拡大]

ルアーマガジン・ソルトDX Vol.2(7/21発売)

ルアーマガジンソルトDX Vol.2

『ルアーマガジン・ソルトDX Vol.2』の目玉は、「ショアキャスティング」と「アジング」の2大特集企画! 人気の2魚種の実釣企画に加え、最新タックル情報もたっぷり紹介しています。

表紙と巻頭グラビアページにはヤマラッピこと山田ヒロヒトさんが登場! 和歌山県南部にて行われた実釣取材でjは、見事2340gのアオリイカをキャッチしています!

『ルアーマガジン・ソルト』は配信の舞台を『ルアマガ+』に本格移動。海のルアーフィッシングの最前線をWebで展開しています!

『ルアーマガジン・ソルトDX Vol.2』は全国の書店・Web通販サイトでお求めいただけます。

・発売日:2022年7月21日
・定価:1,500円(税込) [写真タップで拡大]


※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス