PEラインにリーダー結ぶなら『トリプルエイトノット』がおすすめ!【釣り糸の結び方】

手順1

黒のひもがPE、白のひもをフロロリーダーと想定。まず、必要なリーダーの長さより30cm以上長く余裕を持って切る。そのうち30cmほどをPEと重ねて2重にする。 [写真タップで拡大]

手順2

2重にした部分の中央をループ状にして指で押さえる。この時、写真のように2本ずつまとめた糸を左右に分けて押さえるのがコツ [写真タップで拡大]

手順3

自分からみて外側から内側へと、そのループに指を通し、その状態でその2本の指を写真のようにねじっていく。ねじる方向は右手にとっての時計回りになる。 [写真タップで拡大]

手順3

自分からみて外側から内側へと、そのループに指を通し、その状態でその2本の指を写真のようにねじっていく。ねじる方向は右手にとっての時計回りになる。 [写真タップで拡大]

手順4

3回ねじった時点で、リーダー側(右側)の2本の糸をループから抜き取る。鉄則は3回を超える回数ねじらないこと。それ以上ねじるとうまく結べないのだ。 [写真タップで拡大]

手順4

リーダーは長いので一度には抜けないため、何度か慎重に引っ張る必要がある。そして、写真のような状態にする。左右2本ずつ、4本の糸を慎重に締めていく。 [写真タップで拡大]

手順6

締めたら、PE、リーダーの余り糸を切る。これで終了。素早く簡単で、結節力も強い。このノットはPE0.8号、リーダー10lbまでの細い番手に有効。 [写真タップで拡大]


前のページ:記事本文に戻る
ルアマガプラス