秋の堤防ライトルアーゲームにうってつけな『ソアレ パブロシャッド SWチューン 52SP(シマノ)』が間もなくリリース開始!

もともとはバスフィッシング用に開発されたバンタム パブロシャッド。ただ巻きで誘うも良し、トゥイッチで小刻みにダートさせ、サスペンド仕様ならではの水中ポーズで食わせを誘うも良しのマルチに使えるルアーだが、これをライトソルトゲーム用にチューニングを施したモデルが、ここで紹介する『ソアレ パブロシャッドSWチューン52SP』だ。

●文:ルアマガプラス編集部

ソアレ パブロシャッド SWチューン 52SP(シマノ)

[写真タップで拡大]

【スペック】

  • タイプ:サスペンド
  • サイズ:52mm
  • 重さ:4g
  • カラー:全8色
  • 本体価格:1,650円

このパブロシャッドSW、オカッパリで使うソルトゲーム用ルアーとしてはリップが長いので、足場が高い堤防などからキャストしてもしっかりとレンジを稼ぐことができ、なおかつ足元までそのレンジをキープして誘うことができる。一般的なソルト用ミノーでは足元に近付くに従ってどうしてもレンジが上がってきてしまうので、このレンジキープ力は大きな武器だ。

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

そして、バス用パブロシャッド同様にSP=サスペンドタイプなので、水中でポーズさせることも可能。ナイトゲームではこのポーズが食わせの間となり、セイゴやメッキといった小粒なファイターたちが果敢にアタックしてくる。

[写真タップで拡大]

また、ソルト用ならではのギミックとして、ベイトフィッシュのリアルな鱗パターンを再現したホログラムであるスケールブーストを採用。ボディを激しく揺らしてのスイミング時はもちろん、ポーズ時にもフラッシングを拡散して広範囲の魚たちにアピールすることができる。

[写真タップで拡大]

これまでライトソルトゲームはハードルアーならばミノーが主軸であったが、よりレンジを深くキープできる、水中で止めて見せつけられるという小型サスペンドシャッドという新たな選択肢で、ゲームの幅をさらに広げてみてほしい。

シマノインストラクター・新保さんの解説もチェックしよう!


最新の記事

ルアマガプラス