タフなため池バス釣りを打開するゲームの組み立て方を水野浩聡さんが解説

年を追うごとにタフ化する昨今のバスフィールド。ため池も例外ではない。あなたは昔から行きなれている池に通い詰める派? それとも新境地を求めて違う池を開拓する派? どちらの方もこの特集を読めば新たなヒントが得られるかも。今回は水野浩聡さんが大江川中流域にほど近いため池で遭遇した思いもよらない減水というタフな状況を打開する様子をお届けする。

●文:ルアーマガジン編集部

水野浩聡さんのプロフィール

[写真タップで拡大]

水野浩聡(みずの・ひろあき)

中部地方のため池や大江川、長良川などをホームグラウンドとするスーパーアングラー。フィネスな釣りから撃ち、巻き、ビッグベイトまで多彩にこなす。経験に基づく的確な釣り方で現代のすれバスをモノにする技術を持つ。

ため池のいまをどう釣りきるのか?

今回のテーマは、いつも行っているため池でプラス1本釣果を上げるための法則。教えてくれる方は誰もが認める中部エリアのスーパーアングラー水野浩聡さん。大江川中流域にほど近いエリアのため池でいざ実釣とあいなった。

まもなくポイントに到着した水野さん、池の状態をみて驚愕!

水野「あれ、30cmぐらい減水してる! 昨日あれだけ雨降ったのに何で?とりあえず増水と濁りが入っていればカバーの展開も考えてはいたんですけど、すでになくなりました(笑)。まあでも選択肢が一個減ったと思えば釣り方も絞りやすくなりますし!」

1日の始まりは浅いレンジから始まることを忘れるなかれ!

思いもよらなかった減水に、水野さんはカバー周りのゲーム展開を排除し、朝イチは沖めのシャローフラットエリアを探ることに。

水野「とりあえず朝イチは羽根モノのポンパドールで水面からチェックしていきますね。ポンパドールは、朝夕の魚が浅いレンジを意識しているタイミングで、刺してきているやる気のある魚を引っ張り出すということで投入しました」

水野「ただ巻きで使ってもいいのですが、普通に巻くと強めの波動が出るので、ナーバスになっている魚には強すぎるクロールをするんですよね。リアにプロップもついているのでアピールできるルアーなんですけれど、これをあえてロッドワークでシェイクして使うと存在感がありながらもナチュラルなアプローチができるんですよね」

水野「イメージとしては、小さな虫が水面でもがいている様子を表現しています。羽根モノ特有の存在感で魚を呼び込む、そこでクロールのピッチが細かいので食わせやすいというのがあって、対プレッシャー対策にも使えますし。シャローエリアの上を通してくるというのが前提で動いている魚をいち早く獲るには効率のいいルアーなんですよね」

ポンパドール【ジャッカル】

「どんなタフレイクでも魚を引き出す力があります」

[写真タップで拡大]

長さ重さタイプ価格(税込)
79mm22gフローティング3,080円

その持ち前のダイナミックなシルエットはバスに興味を抱かせるきっかけに。左右のウイングとリアプロップが水面を激しく撹拌させながら広範囲にハイアピール。いつ出るか分からないドキドキも楽しめるルアー本来の楽しさを思い出させる逸品だ。

使いどころ

[写真タップで拡大]

シャロ―フラットエリアが基本。朝夕のやる気のある魚が回遊するタイミングが最適。増水時にはカバー周りを攻めるのも良し。

使い方

[写真タップで拡大]

風が吹いていたり、カレントが強く当たっている場合はただ巻きで強いアピール。水面変化がなかったりナーバスなフィールドではシェイクが基本。

風向きには常に意識を向けるべし!

[写真タップで拡大]

水野「夏のため池は、雨が降らない限り減水傾向になりがちです。ということは、インレットから流れてくる水も少なくなるので水の動きが全くなくなってしまうんです。となると水を動かす唯一の外的要因は『風』! 特に夏は風が吹き始めるタイミングで魚が一気に動き出す傾向にあるので、常に意識を向けて釣れるタイミングを逃さないようにしましょう」

野池の沖の救世主、フリーリグ!

シャローフラットエリアを広範囲にポンパドールでサーチした後は、すぐさま沖の釣り展開へ移行した水野さん。

水野「やはり今日は大幅に減水しているのでカバーにつける状態ではないので、早い段階から沖展開で地形を探る釣りにシフトします。ヤミーフィッシュ3inの7gフリーリグです。ブレイクとか岬の下にちょっとした沈みモノとかがあったりするので、沖の地形変化を探っていきますね。フリーリグって基本的にはボトムの地形変化を狙っていくんですけど、シンカーがあるおかげで意外と根がからなかったり、テトラとか凹凸があるところでもまずシンカーから入ってくれるので、ボトムを狙いやすいんですよね」

――夏のシーズンでも出番は多くなるんですか?

水野「最近は登場する回数が多いですね。カバーにガンガン入れるという必要性がなくなってきたので。カバーに入れるときは基本テキサスになりますけど、9月ぐらいからは沖回遊型の魚が増えてくるので、フリーリグを沖にぶん投げて地形変化を感じながら誘える便利さがあります。フリーリグの具がミソで、ヤミーフィッシュの3inはボトムでクイックに動くんですよ。エビっぽくもなるし、ベイトっぽくも見せられるし。ゆっくり誘えばスローで食わせも効くし。リアクション効果でも攻められるし、動かし方で自由自在にアプローチを変えていけるんですよね。今日これが1番のフィネスかもしれないですね」

ヤミーフィッシュ3in【ジャッカル】

「水を押しすぎないシルエットこそフリーリグにピッタリなんです!」

[写真タップで拡大]

長さ入り数カラー価格(税込)
3in5本13色528円

高比重素材のマテリアルを使用し圧倒的飛距離を生み出すボディ。平行姿勢でゆらゆらと艶めかしい自発アクションを繰りだしバイトを誘発する。水を掴み過ぎないボディ形状で素早く動かせるため、リアクションバイトを誘う際にも効果的だ。

使いどころ

[写真タップで拡大]

フリーリグで狙うのは、ブレイクなどの地形変化や沈みモノ。基本的にはオープンエリアのボトムを広範囲に探るためのアイテム。

使い方

[写真タップで拡大]

基本はボトムでのズル引きをメインに時折シェイク。何かに引っかかれば、止めたり、ロッドでいなす。この時に一番バイトが多くなるので気を抜かずに!

風が吹いていたり、カレントが強く当たっている場合はただ巻きで強いアピール。水面変化がなかった

風向きには常に意識を向けるべし!

雷魚も大好きヤミーなフィッシュ! [写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2023年1月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2023年1月号

今月号のルアーマガジンは2つの「モノ」特集! まずは皆様もついつい使ってしまう言葉「神ルアー」。ガチで釣れるルアーの使いこなしや理論・理由を様々なアングラーさんの目線で紹介していきます。そしてもうひとつが「コスパ!」今の世の中、誰しも懐事情は厳しいもの…。悩めるすべてのアングラーに捧げる、お得術にご注目あれ! あ!今回のルアマガから創刊25周年に突入です! 直前から色々とありますが、今年も色々と盛り上げていきますよ~。

  • 発売日:2022年10月20日
  • 定価:990円(税込)

※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス