金森隆志さんがまた行きたいあのバス釣り場【七色ダム】

トーナメントや取材で全国各地を釣り回る人気アングラーたち。様々なフィールドで釣りをしてもなお、「また行きたい!」と思わせる楽園は何処なのか? その魅力をとくと伺おう! 今回は金森隆志さん。選んだのは七色ダムだ。

●文:ルアーマガジン編集部

金森隆志さんのプロフィール

[写真タップで拡大]

金森隆志(かなもり・たかし)

岡山県出身。独自の岸釣りスタイルでブレイクした大人気プロアングラー。レイドジャパン代表として、ルアー開発の才能も発揮。

「仕事を忘れてバス釣りに没頭したいと思わせる風景がナナイロにはある」

独特の景観を生み出す通年満水リザーバー

金森「釣りをしていてとにかく気持ちがいい。ロクマルを釣りたいなら池原とかもあるんですが、景色が七色のほうが好きなんですよね。リザーバーはバンクが切り立っているところが多いんですが、七色はほぼ満水をキープしているタイプのフィールド。だから森が近くて、独特の雰囲気を醸し出しているんです。水が綺麗で木々が生い茂っている、これが好きなところなんです。日本全国いろいろ行っても、振り返ってみれば七色ダムで釣りをしている時が1番気持ちが落ち着いているんですよね。今では、毎年3~4日は七色ダムで釣りをする時間を作っています。この期間は完全プライベートで、業務も一切しないで釣りを楽しむんです(笑)」

風景も綺麗でバスの魚影も最高。七色ダムは金森さんの理想の完全プライベート空間で、仕事やバトル企画などはできればしたくないという。 [写真タップで拡大]

毎年3~4日間はナナイロに篭ります! [写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

七色ダムの推しルアー

ダッジ【レイドジャパン】

ハイシーズンはトップだけでOK。ダッジは晴天時などにも強い羽根モノ。

[写真タップで拡大]

デカダッジ【レイドジャパン】

雨天時に水面で釣りたい場合はこれ。水面が騒がしいときにも負けないアピール力がある。

[写真タップで拡大]

created by Rinker
レイドジャパン

ジョイントフカベイト【ノリーズ】

サイトででかいバスをトップで釣ることができる。じっくりとスローに巻いて使う。

[写真タップで拡大]

オレのイチ推し!

Ts-on

七色ダムの上流域に位置するボート屋。

金森「施設が綺麗で、トイレも清潔なのが個人的にかなりポイントが高いです。社長がとてもいいキャラをしていて好きです(笑)」

[写真タップで拡大]

金森隆志さんの他にまた行きたいフィールドトップ3

  • かつての芦田川
  • かつての旧吉野川
  • かつての遠賀川

金森「ホームはないし、好き嫌いも、得意も苦手もない。この3つの川は台風や大雨で環境が変わって、バスが少なくなってしまった。15年くらい前の、昔のあの川は好きでしたね」

『ルアーマガジン』2023年1月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2023年1月号

今月号のルアーマガジンは2つの「モノ」特集! まずは皆様もついつい使ってしまう言葉「神ルアー」。ガチで釣れるルアーの使いこなしや理論・理由を様々なアングラーさんの目線で紹介していきます。そしてもうひとつが「コスパ!」今の世の中、誰しも懐事情は厳しいもの…。悩めるすべてのアングラーに捧げる、お得術にご注目あれ! あ!今回のルアマガから創刊25周年に突入です! 直前から色々とありますが、今年も色々と盛り上げていきますよ~。

  • 発売日:2022年10月20日
  • 定価:990円(税込)

※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス