秦拓馬さんがまた行きたいあのバス釣り場【琵琶湖】

トーナメントや取材で全国各地を釣り回る人気アングラーたち。様々なフィールドで釣りをしてもなお、「また行きたい!」と思わせる楽園は何処なのか? その魅力をとくと伺おう! 今回は秦拓馬さん。選んだのは琵琶湖だ。

●文:ルアーマガジン編集部

秦拓馬さんのプロフィール

[写真タップで拡大]

秦拓馬(はた・たくま)

長野県出身。親しみやすい明るいキャラクターで人気のプロアングラー。新しい釣法やルアー開発にも余念がない。いろんな魚を狙うユーチューバーとしても活躍。

「琵琶湖は唯一無二。世界的に見ても釣れる湖」

少しでも長く琵琶湖で釣りをしたいから湖畔に移住

「僕の1番好きなフィールドは、いろいろ考えたんですけどやっぱり琵琶湖ですね。琵琶湖は自分が持ってるバスフィッシングのテクニックを全て使える。そして何より、世界記録のバスが釣れる可能性がある。次のキャストで世界記録がヒットするかもしれないというロマンが琵琶湖にはあります。やっぱり、日本のどのフィールドと比べても特別ですよね。世界中で釣りをしましたが、世界的に有名なフィールドよりも釣れると思います。今は琵琶湖のすぐ近くに住んでいますが、それは少しでも琵琶湖で釣りをしたかったから。ただ、最近はほかの釣りが忙しくなって、琵琶湖でなかなか釣りができていないのが悩みですね」

次のキャストで世界記録が釣れる可能性があるのが琵琶湖。こんなロマンあふれるフィールドが日本にあるのだ。 [写真タップで拡大]

琵琶湖の推しルアー

P.D.チョッパー3/8oz【ザップ】+アンモナイトシャッド5.5in【ジャッカル】

ただ巻くだけでバスが狂ったようにバイトする神のセッティング。ウィードにタッチさせながら巻いてこよう。

[写真タップで拡大]

DBユーマフリー【ジャッカル】

14gのフリーキャロで、リーダーは60~80cm。投げて待つだけでオートマチックに釣れてしまうパターンだ。

[写真タップで拡大]

ダウズスイマー220SF【ジャッカル】

誰でも簡単に扱える、動かしやすい3連結ビッグベイト。でかバス率も高い。

[写真タップで拡大]

オレのイチ推し!

マグナムスプーンで釣った69cmが自己記録!

2014年10月14日、台風通過後の全開放流。ロクマルのスクールが反転流にいるハスを食べていてる状況。マグナムスプーンで55アップの入れ食い状態に。この日69cm6200gをキャッチし、これが秦さんの現在の自己記録だ。

秦拓馬さんの他にまた行きたいフィールドトップ3

  • レイクピカチョス(メキシコ)
  • ネグロ川(ブラジル)
  • プロスパイン(オーストラリア)

「レイクピカチョスはエルサルトやバカラックについで有名な場所で、いつか行ってみたい。ネグロ川はピーコックバス、プロスパインはバラマンディをまた釣りに行きたいですね」

『ルアーマガジン』2023年1月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2023年1月号

今月号のルアーマガジンは2つの「モノ」特集! まずは皆様もついつい使ってしまう言葉「神ルアー」。ガチで釣れるルアーの使いこなしや理論・理由を様々なアングラーさんの目線で紹介していきます。そしてもうひとつが「コスパ!」今の世の中、誰しも懐事情は厳しいもの…。悩めるすべてのアングラーに捧げる、お得術にご注目あれ! あ!今回のルアマガから創刊25周年に突入です! 直前から色々とありますが、今年も色々と盛り上げていきますよ~。

  • 発売日:2022年10月20日
  • 定価:990円(税込)

※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス