伊藤巧さんがまた行きたいあのバス釣り場【亀山湖】

トーナメントや取材で全国各地を釣り回る人気アングラーたち。様々なフィールドで釣りをしてもなお、「また行きたい!」と思わせる楽園は何処なのか? その魅力をとくと伺おう! 今回は伊藤巧さん。選んだのは亀山湖だ。

●文:ルアーマガジン編集部

伊藤巧さんのプロフィール

[写真タップで拡大]

伊藤巧(いとう・たくみ)

千葉県出身。日本では陸王、艇王を2連覇後、バスフィッシングの本場アメリカへ。渡米後1年で、最高峰リーグバスマスターエリートに昇格し、優勝経験も持つ。

「ロコのレベルの高さが、自身の釣りのスキルアップに繋がる」

プロだけでなくロコアングラーのレベルも異様に高い

伊藤「亀山湖はアングラーのレベルが高く、いろいろな釣りが成立します。昔から利根川や霞ヶ浦に通っていたんですが、亀山湖はもっといろいろな釣りが成立するから、通うようになって一気に釣りの幅が広がりました。そこに通っているアングラーのレベルも高いので、情報交換をしていく中で学ぶことが本当に大きいです。アングラーのレベルが高いということは、それだけ多くのパターン、答えを導き出す人がいるわけなので、そこから学ぶことは多い。だから上達速度も加速します。釣りのレベルアップしたいなと思っている人はぜひ亀山湖に通ってみてください」

フィールドポテンシャルもさることながら、高いレベルのアングラーが集まることが亀山湖の特徴。新しい気付きや成長できるのが、向上心の塊である伊藤さんが亀山湖を選んだ理由。 [写真タップで拡大]

釣りがうまくなりたければ亀山に行きましょう! [写真タップで拡大]

亀山湖の推しルアー

ボルケーノグリッパー1/2oz【ノリーズ】+レディーバランス【ノリーズ】

普通に水面を巻くだけでなく、ちょっと沈めて水面直下を巻いて釣れるのもこの組み合わせ。

[写真タップで拡大]

カメラバ4g【ノリーズ】+スイッチオントレーラー【ノリーズ】

PE1.5号直結のパワーフィネスでヘビーカバーを狙う。パワーフィネスの発祥の地でデカバスを狙おう。

[写真タップで拡大]

エスケープチビツイン【ノリーズ】

21gのキャロライナリグで、なだらかなブレイクやフラットを広く探る。アクションはスローなズル引き。

[写真タップで拡大]

オレのイチ推し!

のむらボート

亀山湖のほぼ中心に位置するボート店で、多くの釣りウマの常連に愛されている。

伊藤「ローカルからの学びの場ですね。人もフレンドリーだし、個人的にとても好きな場所です」

[写真タップで拡大]

伊藤巧さんの他にまた行きたいフィールドトップ3

  • 榛名湖
  • 琵琶湖(北湖)
  • 芦ノ湖

伊藤「どのフィールドもクリアな水質ときれいな景色で、ボートを使って自分の力で魚を探してみたいです」

『ルアーマガジン』2023年1月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2023年1月号

今月号のルアーマガジンは2つの「モノ」特集! まずは皆様もついつい使ってしまう言葉「神ルアー」。ガチで釣れるルアーの使いこなしや理論・理由を様々なアングラーさんの目線で紹介していきます。そしてもうひとつが「コスパ!」今の世の中、誰しも懐事情は厳しいもの…。悩めるすべてのアングラーに捧げる、お得術にご注目あれ! あ!今回のルアマガから創刊25周年に突入です! 直前から色々とありますが、今年も色々と盛り上げていきますよ~。

  • 発売日:2022年10月20日
  • 定価:990円(税込)

※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス