幻の天然記念物が期間限定で釣れる! 北海道然別湖のトラウト釣り場&旅行グルメ情報【ルアマガ編集部的釣りプラン】

押忍! 取材で全国各地を駆け回り、いい釣り場を熟知し、経費削減のためにいかに安く行き、泊まる術が染みついた者たちが世の中には存在する。そう、我々釣り雑誌の編集者こそ、最高の釣り旅を提供できる、フィッシングコンシェルジュとしてふさわしいのではないか!? ということで、それぞれ熱い想いの滾る、最高の釣りプランを紹介していくぞ! 今回は北海道の然別湖にしかいない陸封型のオショロコマ「ミヤベイワナ」を狙う弾丸ツアープランだ!

●文:ルアーマガジン編集部

最高プラン「然別湖(北海道)」

妄想弾丸ツアー北海道! 道央十勝の山中に位置する然別湖は、ここにしか棲息しないオショロコマの陸封亜種「ミヤベイワナ」がいることで知られ、期間限定の特別解禁になるが釣ることも可能。幻の魚に出逢えるとなれば、行かねえなんて言う奴は、いねえよなあ!?

[写真タップで拡大]

福ピンク

大変動のルアマガ編集部を難なくすり抜けた34歳児。大学~大学院の5年半を北の大地で過ごしたため、北海道愛がすごい。あと何故か管釣り愛が強く、ハイシーズンであってもあえてバスがいる管釣りにいくレベル。ちなみに大学時代にも北海道でわざわざトラウトの管釣りに行っていた。

弾丸ツアープラン(夜行バス)

  • 羽田空港金曜夜発飛行機:約14,000円
  • 帯広空港からレンタカー:約15,000円
  • 然別湖:7,000円
  • 帯広空港土曜夜発飛行機:約14,000円
  • 合計:約50,000円

ミヤベイワナの釣り可能な時期(1日限定50名キャッチアンドリリースのみ)

アクセス

「絶滅危惧の天然記念物が期間限定で釣れる!」

北海道の大自然で貴重な魚と戯れる

福ピンクの第2の故郷が北海道だから北海道に行きたくてしかたがない…! ということでバスじゃないプランがこちら。

といっても、いきなりネイティブトラウトを狙うとなると、色々大変なのでそこはお金で解決! 1年間でも限られた期間だけ、しかも人数限定で釣りができる『然別湖』をおすすめしたい!

然別湖は、ニジマスやサクラマスはもちろん、世界中でも然別湖でしか釣れない天然記念物・ミヤベイワナを釣ることができてしまう湖。しかも手漕ぎボートを借りられるので、北海道といえばのヒグマにもまず出会うこともなし(笑)。

こちらがミヤベイワナ。小型のスプーンやミノーで釣れる。特にミノーならバス用が流用可能! 解禁期間は初夏と秋限定。 [写真タップで拡大]

バス用のスピニングはもちろん、ベイトフィネスやスモールプラッギング用タックルなんかも使いやすいです。本気で数釣りを目指すならエリアトラウト用がベストかも? [写真タップで拡大]

手漕ぎボートを借りるので、然別湖の様々なエリアで思い通りに釣りができる。ちなみに移動中のトローリングが安定して釣れる鉄板パターンだったり(笑)。 [写真タップで拡大]

帯広おすすめグルメ

セイコーマート

元道民としては、セイコーマートが激推し。セイコーマートのホットシェフ(店内調理)のおにぎりやカツ丼、フライドチキンはマストバイなのだ!

[写真タップで拡大]

豚丼

帯広といえば豚丼! 油の乗ったお肉に甘めのタレが絡んだ絶品。どこで食べても美味しい。というか北海道は何でも美味しい……。

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2023年1月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2023年1月号

今月号のルアーマガジンは2つの「モノ」特集! まずは皆様もついつい使ってしまう言葉「神ルアー」。ガチで釣れるルアーの使いこなしや理論・理由を様々なアングラーさんの目線で紹介していきます。そしてもうひとつが「コスパ!」今の世の中、誰しも懐事情は厳しいもの…。悩めるすべてのアングラーに捧げる、お得術にご注目あれ! あ!今回のルアマガから創刊25周年に突入です! 直前から色々とありますが、今年も色々と盛り上げていきますよ~。

  • 発売日:2022年10月20日
  • 定価:990円(税込)

※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス