三島ダムのバス釣り場&旅行グルメ情報【ルアマガ編集部的バス釣りプラン】

押忍! 取材で全国各地を駆け回り、いい釣り場を熟知し、経費削減のためにいかに安く行き、泊まる術が染みついた者たちが世の中には存在する。そう、我々釣り雑誌の編集者こそ、最高の釣り旅を提供できる、フィッシングコンシェルジュとしてふさわしいのではないか!? ということで、それぞれ熱い想いの滾る、最高の釣りプランを紹介していくぞ! 今回は千葉県三島ダム日帰りプランだ!

●文:ルアーマガジン編集部

最高プラン「三島ダム(千葉県)」

「下手でもビッグが釣れる湖(喜)! 一生『ともゑ』します!」

数年前、レンタルボート店がバス釣りファンにもその門戸を開放した三島ダム。最初のフィーバーが落ち着いても、複雑な地形や豊富な生態系のおかげか、安定した釣果を誇っている。亀山ダムや高滝ダムほどメジャーではないが、レンタルボートフィールドとしての地位は確立された。

[写真タップで拡大]

カミオカ

ルアマガに携わって15年オーバー、釣り編集者歴は20数年。キャリアとは真逆のウデマエで初心を忘れられないアラフィフだ。松本幸雄さんに三島を布教され今日に至る。

三島ダム日帰りプラン

  • 日帰り:13,000円

松戸市からガソリン代と高速代で9,000円、レンタルボート代が4,000円。食費雑費は計上せずとも、なかなかオジサンの小遣いでは心許ない。だが必ず2人以上で釣りをするので半額で済むうえ、ともゑさんは3,000円で宿泊できるので、連泊大満喫コースでもリーズナブル!

アクセス

片道だいたい1時間半。カミオカは千葉在住。といってもチーバくんで言えば鼻と口の間、東京都板橋区に隣接する松戸市からとなる。外環延長により時短された。

三島ダムおすすめエリア

全エリア!

本湖から最上流まで、その日その時期の傾向はあるも、ざっくり全域見て回りつつバスに癒やされるのが王道パターン。ともゑ周辺も絶好のポイントだらけだ。

ヘラブナ釣りファンにも熱い支持を受けていた老舗レンタルボート「ともゑ」さんは、バス開放となると一意専心、施設やボートを大充実! レンタルのエレキやバッテリーも用意アリ。

[写真タップで拡大]

三島湖ダムおすすめルアー

シケイダーオリジン【ティムコ】

[写真タップで拡大]

ビッグな羽根モノが一時席巻した三島だが、今はミニマムが主流。特にこちらは松本幸雄さんオススメ、かつ松本オリカラな逸品。何を隠そう、ルアマガ特注オリカラなのだ! 水中立ち木にぶん投げて、トロトロ引くと吉!!

RCフラットバックジグ【ロデオクラフト×デプス】+ヤバタンorボコタン【ロデオクラフト】

[写真タップで拡大]

フルサイズジグ&大型ポークのジグストは、房総リザーバー常套手段のひとつ。なかでもフラットバックは超絶ウィードレスなのにスイミングが秀逸。岩盤でも川筋でも中層スイムさせてみて!

三島ダムおすすめグルメ

ともゑのランチ

朝イチに注文すれば、昼に暖かな食事が摂れるのもともゑならでは。カミオカの常食はカツカレー。カロリー仕込んで午後の爆釣を祈願!

[写真タップで拡大]

ともゑのおみやげ情報

釣りが終わってともゑに戻ると、用意されているのが卵。超有名鶏舎のレアもので、海釣りと違い手土産がない釣りでもご家族に…という深い配慮で用意してくれる。帰宅後は即TKGで昇天間違いなし!

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2023年1月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2023年1月号

今月号のルアーマガジンは2つの「モノ」特集! まずは皆様もついつい使ってしまう言葉「神ルアー」。ガチで釣れるルアーの使いこなしや理論・理由を様々なアングラーさんの目線で紹介していきます。そしてもうひとつが「コスパ!」今の世の中、誰しも懐事情は厳しいもの…。悩めるすべてのアングラーに捧げる、お得術にご注目あれ! あ!今回のルアマガから創刊25周年に突入です! 直前から色々とありますが、今年も色々と盛り上げていきますよ~。

  • 発売日:2022年10月20日
  • 定価:990円(税込)

※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス