三原直之さんがまた行きたいあのバス釣り場【東条湖】

トーナメントや取材で全国各地を釣り回る人気アングラーたち。様々なフィールドで釣りをしてもなお、「また行きたい!」と思わせる楽園は何処なのか? その魅力をとくと伺おう! 今回は三原直之さん。選んだのは東条湖だ。

●文:ルアーマガジン編集部

三原直之さんのプロフィール

[写真タップで拡大]

三原直之(みはら・なおゆき)

鳥取県出身。東条湖で培った独特の感性を武器にJBトップ50などの舞台で活躍。得意な釣りはサイトフィッシングやビッグベイト、トップウォーターなど。

「バス釣りの基礎を教えてくれた永遠のマイホームフィールド」

基本に忠実なバス釣りを学べるのが東条湖

三原「ベイトフィッシュの種類が豊富でバスもそれに沿って動いてくれるから、バスフィッシングらしいゲーム性の高い釣りが楽しめる。基本に忠実にゲームを組み立てて行けば、いい魚がちゃんと釣れるのが東条湖です。トーナメントレイクでプレッシャーもそれなりにあるから簡単ではないですが、そこも魅力のひとつ。難しいからこそ、ちゃんと考えて釣りをしていかなくてはいけなくて、そこが楽しいところですね。ヒューマン時代はチャプターに出ていましたし、釣りの基礎を学んだ場所です。今でも釣りの練習をしたいなと思う場所ですね。バス釣りの基礎を学ぶなら、東条湖はおすすめですよ」

プレッシャーが高いし難しさもあるが、パターンを見つければちゃんと答えは返ってくる。バス釣り本来のゲーム性があるのが東条湖なのだ。 [写真タップで拡大]

難しいけど、それがおもしろい! [写真タップで拡大]

東条湖の推しルアー

IK-800R2【イマカツ】

夏以降はこのルアーがあればとりあえず釣りになる。レンタルボートの機動力がない場合でも、ドラッギングでOK。

[写真タップで拡大]

ビッグバド【ヘドン】

ローカルの人のボックスにも必ず入っている東条湖の人気ルアー。大会の優勝ルアーになることも。

[写真タップで拡大]

リレンジ110SP【ジャッカル】

早春に強いルアーだが、ハスなど川魚系のベイトが多いのでオールシーズン活躍の場がある。

[写真タップで拡大]

オレのイチ推し!

シャレード

加東市の東条湖ランド付近にあるカフェレストラン。本格ピザや定食が人気。

三原「東条湖周辺でご飯を食べたりするならここ。雰囲気もおしゃれでおすすめですよ」

[写真タップで拡大]

三原直之さんの他にまた行きたいフィールドトップ3

  • 利根川
  • 神流湖
  • 桧原湖

三原「利根川や神流湖は関東で難しいとされているので挑戦したいですね。桧原湖は何度でも行きたいと思う大好きなフィールドです」

『ルアーマガジン』2023年1月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2023年1月号

今月号のルアーマガジンは2つの「モノ」特集! まずは皆様もついつい使ってしまう言葉「神ルアー」。ガチで釣れるルアーの使いこなしや理論・理由を様々なアングラーさんの目線で紹介していきます。そしてもうひとつが「コスパ!」今の世の中、誰しも懐事情は厳しいもの…。悩めるすべてのアングラーに捧げる、お得術にご注目あれ! あ!今回のルアマガから創刊25周年に突入です! 直前から色々とありますが、今年も色々と盛り上げていきますよ~。

  • 発売日:2022年10月20日
  • 定価:990円(税込)

※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス