高滝湖のバス釣り場&旅行グルメ情報【ルアマガ編集部的バス釣りプラン】

押忍! 取材で全国各地を駆け回り、いい釣り場を熟知し、経費削減のためにいかに安く行き、泊まる術が染みついた者たちが世の中には存在する。そう、我々釣り雑誌の編集者こそ、最高の釣り旅を提供できる、フィッシングコンシェルジュとしてふさわしいのではないか!? ということで、それぞれ熱い想いの滾る、最高の釣りプランを紹介していくぞ! 今回は千葉県高滝湖の日帰りプランだ!

●文:ルアーマガジン編集部

最高プラン「高滝湖(千葉県)」

千葉県の房総半島の中心部に位置する高滝湖。都心エリアからでもアクセスがよく、手軽に行けるバスフィッシングエリアとして知られている。関東屈指のワカサギレイクとしても有名でハイシーズンには沢山の釣り人が訪れる人気釣り場だ。

[写真タップで拡大]

タナカ

昨年4月にルアマガ事業局の門を叩いた新人社員。バスフィッシングをメインに活動し、夏はチニングも行う。得意な釣りはテンポのよい巻きモノ。得意な妄想はヒミツ。

高滝湖日帰りプラン

  • 高速料金:2,000円
  • ガソリン代:2,000円
  • 食事代(朝昼夕):2,500円
  • レンタルボート代:2,750円
  • 遊魚料:660円

アクセス

房総リザーバーでは比較的アクセスの容易な高滝湖。アクアラインで関東西部から、東関東自動車道で関東中央部から、圏央道で関東東部からと通いやすい。

「巻きで釣れた魚はクオリティフィッシュが多い」

妄想したら即行動できるのが魅力的!

昨年関東に引っ越して来てから、初めて訪れた人造湖が高滝湖。初めての釣行では1バイトも取れず、何もできないまま惨敗。九州北部のプレッシャーもクソもない釣れ釣れフィールドで育ってきた自分には、「バス釣りでデコってあるんだ」というとてつもない衝撃を食らったことフィールド。

そこから頻繁に通うようになり、初めて釣れた高滝フィッシュはブリブリの40アップ! 数はなかなか望めないが、自分が愛してやまない巻き巻き釣法で釣れるクオリティフィッシュを妄想するだけで、白飯3杯かきこめる、それが高滝!

タナカ「浅瀬からブレイクに落ちる瞬間に食ってきました!」 [写真タップで拡大]

高滝湖おすすめエリア

古敷谷ワンド

昨年秋にタイニークラッシュで50アップをバラした個人的実績ポイント!

[写真タップで拡大]

鳥居スロープ

ライトキャロで子バスが永遠に釣れ続けたパラダイスポイント!

[写真タップで拡大]

高滝湖おすすめルアー

チビーブル【ボトムアップ】

[写真タップで拡大]

早引きしても浮き上がらないことがメリット! 一定のレンジを刻みながらいつバイトが出るかドキドキする瞬間がたまらない!

高滝湖おすすめグルメ

千鶴

寿司、天ぷら、ご飯ものなどいろいろありますが、やはりオススメは鰻重。

タナカ「旨すぎて、帰りの運転事故りそうです!」

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2023年1月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2023年1月号

今月号のルアーマガジンは2つの「モノ」特集! まずは皆様もついつい使ってしまう言葉「神ルアー」。ガチで釣れるルアーの使いこなしや理論・理由を様々なアングラーさんの目線で紹介していきます。そしてもうひとつが「コスパ!」今の世の中、誰しも懐事情は厳しいもの…。悩めるすべてのアングラーに捧げる、お得術にご注目あれ! あ!今回のルアマガから創刊25周年に突入です! 直前から色々とありますが、今年も色々と盛り上げていきますよ~。

  • 発売日:2022年10月20日
  • 定価:990円(税込)

※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス