釣り人必見! 琵琶湖湖北・湖西グルメ&釣り具店~ガイドサービスをご紹介

不定期連載化? 不良債権化!!? なんて言わせない、健康優良不良中年の股旅ガイド、始まるよ?! 今回のセンドウ兄弟アニキとニンジャの担当は… なんと琵琶湖全湖。岸寄り釣りガイドアリ、実釣パートアリ、もちろんショップやグルメもアリアリ!!! 気になったスポットはWeb検索でレッツマイロ! 今回は湖北&湖西エリアのグルメや釣り関連情報をお届け!

●文:ルアーマガジン編集部

センドウ兄弟お2人のプロフィール

ニンジャ(センドウ・タカシ)

[写真タップで拡大]

自身が出演する釣りビジョンの番組「ぶらりバスの旅」が、局内の人気投票で2位を獲得! 好評の琵琶湖ガイドと並行し、長野県の平谷湖フィッシングスポットでエリアトラウトのインストラクターとしても精力的に活動中。

アニキ(センドウ・アキラ)

[写真タップで拡大]

肉体面も精神面も老体化させないため、妥協しないトレーニングとボディケアを徹底している最近のアニキ。最近の口癖は「どうせ一度の人生、オモロくしたいやん?」。何か新しい爆弾を投下してくれそうな気配だけはムンムンしてきている。

ファイブオーシャン

北のでかバススポットへのアプローチはこちらから

琵琶湖最北端、大浦のマリーナ&レンタルボート。バスボートを中心に各種のレンタルボートが用意されている。スロープのビジター利用も可能なので、マイボート派のアングラーにもオススメ。何よりスタッフさんが気持ちよく接してくれるのが嬉しい。キャンプ場も併設なので、そちらもゼヒ。

店名ファイブオーシャン
住所〒529-0721 滋賀県長浜市西浅井町大浦1823
電話番号0749-89-0014
Webサイトhttp://fomarina-shiga.com/

ノースウェーブ

ニンジャ御用達の魚探&ボートパーツ・パワーショップ!

最新鋭の魚探に精通し、湖北のバスフィッシングでの最適解を追求するノースウェーブ。リチウムバッテリーやバスボートのセッティングなどにも強く、レンタルボートのエレキ・魚探周りにも強い。代表の北方洋介さんはガイドも営み、魚探をマスターできるコースも展開。最新テクノロジーで、湖北のモンスターに迫れ!

店名ノースウェーブ
住所〒529-0721 滋賀県長浜市西浅井町大浦875-2
Webサイトhttp://www.north-wave.net/

美松

ニンジャ最推しフードを擁する老舗

初代が鮨屋、二代目が中華そば、三代目が洋食というフルミクスチャー食堂。歴史を感じる外観とは裏腹に、インスタ映えする内装で女性にも人気のフードスポットとなっている。オススメは日替わりプレートやビーフシチュー。ニンジャが琵琶湖で一番好きな店と豪語する。

店名美松
住所〒520-1511 滋賀県高島市新旭町藁園1594
電話番号0740-25-2037
Webサイトhttp://mimatsu-w.jp/

竹生島

琵琶湖で2番目に大きい島はパワースポット

都久夫須麻神社と宝厳寺を擁するパワースポットで、今津港か長浜港から観光船で渡っていくことが可能。釣り場としても極めてハイポテンシャル。夏場から晩秋にかけては、数釣りを楽しめる人気のボートスポットで100尾釣りも夢じゃない。島の周囲は急深で岩場が続く。ちなみに琵琶湖で1番大きい島は沖島。

店名竹生島
住所〒526-0124 滋賀県長浜市早崎町

ひさの屋

あの奥村和正さんも通い込んだ老舗レンタルボート店

不沈船とも呼ばれる安定したFRP和船をレンタルできる。古くから琵琶湖のエキスパートがしのぎを削る老舗レンタルとして知られ、奥村和正さんも常連だった。小野という立地的に、北も南へも行きやすい。近辺のエリアもでかバススポットが多く、今も超級を求め猛者が集まる。値段もリーズナブルで言うことなし!

店名ひさの屋
住所〒520-0525 滋賀県大津市小野306-89
電話番号0775-94-3288
Webサイトhttp://www.eonet.ne.jp/~hisanoya/

白ひげ食堂

豚汁とおでんのW名物が染み入る名店

水位が低いときは砂浜にバスボートを刺して上陸できる。ニンジャもガイド中にお客さんをアテンドしているとのこと。人気メニューは名物・豚汁と豚汁うどん・豚汁ラーメン。またおでんも秘伝のつゆを継ぎ足し煮込んだ逸品。温まりたいときはマスト! 昼時は混雑を避けオフピークで。

店名白ひげ食堂
住所〒520-1122 滋賀県高島市鵜川225-5
電話番号0740-36-0434
Webサイトhttps://takashima-kanko.jp/spot/2018/06/post_29.html

ラーメン藤 和邇店

琵琶湖のラーメン屋といえば兄弟的にコチラ

かつてあったラーメン藤の雄琴店は、兄弟にとって若かりし頃から馴染んだ味。今をときめく木村建太さんや松下雅幸さんともよく訪れていたという。その味を今も味わえるのが和邇店。ラーメン類はもちろんどれも美味いが、兄弟のオススメは、ズバリ豚の角煮。ボリュームは元々凄いので、大盛りには注意せよ!

店名ラーメン藤 和邇店
住所〒520-0523 滋賀県大津市和邇南浜7-2
電話番号0775-94-2134
Webサイトhttps://www.ramen-fuji.jp/pref25.html

『ルアーマガジン』2023年1月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2023年1月号

今月号のルアーマガジンは2つの「モノ」特集! まずは皆様もついつい使ってしまう言葉「神ルアー」。ガチで釣れるルアーの使いこなしや理論・理由を様々なアングラーさんの目線で紹介していきます。そしてもうひとつが「コスパ!」今の世の中、誰しも懐事情は厳しいもの…。悩めるすべてのアングラーに捧げる、お得術にご注目あれ! あ!今回のルアマガから創刊25周年に突入です! 直前から色々とありますが、今年も色々と盛り上げていきますよ~。

  • 発売日:2022年10月20日
  • 定価:990円(税込)

※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス