『エリアトラウト ギア&マニュアル』

日進月歩するエリアトラウト専用アイテム群。ルアー、ロッド、リールはもちろん、ラインやフックでゲーム展開が激変するシビアな世界だ。そこで先鋭化するNEWアイテムを、ルアーマガジン編集部ならではの徹底した取材と美細なビジュアルでコンテンツ化! また最新ハウツーを盛り込んだ「エリアトラウト入門」パートも充実。基礎情報も更新されまくりの必読書です!

●文:ルアーマガジン編集部

松本幸雄×キャンタ タックルセッティングを大いに語る♪

トラウトが進化するから道具も進化するのか? 道具が進化するからトラウトも進化するのか? 留まることを知らないエリアタックルの最前線を、独自理論全開の個性派エキスパートの2人が斬る!

杉山代悟 NEW Tコネクションで見る最新エリアロッドに求められる性能

人気が高まるにつれ釣り方からタックルまで進化が著しいエリアトラウト界隈。より現環境に合わせたロッドが必要になってきていると杉山さんは語っている。そこで、現在のエリアで大事な性能とは何か? 新しいTコネクションを例に解説していこう。

池谷哲哉 エリア基本スプーニング戦術

エリアの代表的なルアーといえばスプーンだ。しかし、あまりに種類が多いため、ビギナーは何をどう使っていいかわからなかったりするもの。そこでスプーンの釣りを得意とする池谷哲哉さんに基本操作法+めっちゃ釣れるミューとパルの使い分けを解説してもらった。それではレッツゴー!!

伊藤雄大 クランクベイト必釣マニュアル

クランクベイトは、エリアにおける最重要ルアーのひとつ。一定レンジを引きやすく、しかも中低速巻きに完全対応する。クランクベイトを使いこなせば、大幅な釣果アップが見込めるのだ。ここでは伊藤雄大さんに登場してもらい、有効な操作法&適材適所のルアー選びを解説してもらった!!

キャンタ(狩野祐太)ハントグランデ スプーンの常識を塗り替えた「強波動」&「小シルエット」

ポンドの「今」を釣るための、ファーストアプローチ。ゼロから情報をサーチするためのパイロットルアーは、もはや大型スプーンではない。狩野「いわゆる中間ウエイトの1〜1.5gあたりのスプーンをサーチにするのが定着しつつある…」。

福田雅宏 オールドスクール but ニューノーマル

未開の釣りを開拓し、近場の水辺で戯れる。どこまでもジブンの魚に寄り添うツララのロッドは、大衆的ではないが人に優しく、設計・意匠は鮮やかに屹立する。最新素材は使っていないのに、目からウロコの新しさ。懐古主義? いやいや、枯れた技術の水平思想。その革命は、エリアトラウトにも。福田雅宏さんの釣りからその深淵を伺う。

本多智紀 ウルキ70 樹脂製擬似餌が切り拓く新たな地平

樹脂に生命を吹き込んだデザイナーが、さらなるパラダイムシフトを。樹脂製スプーン「パラト」シリーズを生んだ本多智紀さんが、新作「ウルキ」を手に山間のポンドへ。スプーンのようなルックスだが、実はミノーというウルキで魚たちと戯れるために。

佐藤潤弥 DLIVEオリジナルビレットパーツ・ロッドスタンドFORCE…魅力を徹底解説!

多くのトーナメンターはもちろん、一般のアングラーにも使う人が増えているロッドスタンド。その最高峰ともいえるのが、ドライブのロッドスタンド・フォースだ。その魅力とポイントを、ドライブフィッシングのスタッフであり、トップトーナメンターの佐藤潤弥さんに解説していただいた。これを読めば、至高のアイテムの良さが分かるはず!

スピニングリール 3G インプレッション DAIWA編

ルアーマガジン本誌の名物企画が越本登場。同一メーカーの同一用途のタックルを3つの価格帯で比較する「3Gインプレッション」。エリアトラウト用スピニングリールをそれぞれピックアップ! センドウタカシさんと駒崎佑典さんが徹底的に使い倒す!!

スピニングリール 3G インプレッション シマノ編

アブガルシア NEW HG スピニングリール インプレッション

早乙女智啓 極北を行くリールカスタム

エリアトーナメンターがスピニングリールに求める感度は、誰よりも鋭敏だ。「新品の状態ですぐに使えるスピニングリールはあるかどうか」というレベルでリールに対峙するトーナメンターたちは、ほかのジャンルの釣り人とは違う地平に立っている。剛性感や耐久性、巻き上げ能力などリールに必要と思われる性能をスポイルしてでも、彼らは感度を追求し続ける。

横沢達哉 誰でもできるカンタンPRO級リールメンテ術

釣行から帰ってきたら、さぁビール!? いやいや、まだやることはある! 今日1日を一緒に楽しみ、助けてくれた道具をいたわりましょう。すぐできる面倒不要のカンタンリールメンテナンス。やるとやらないじゃ大違いです!

名品探訪 アブ・カーディナル33/3

アブ・カーディナル33の登場は1975年で、今から47年も前に発売された立派なオールドリールである。その33は数年後に塗装違いの3(1stモデル)に製品名を変更し、意匠の変更などを行ないながら1981年まで製造された…。

田中久 Xを巡る19の質問

Xルアー工房が発売するエリアルアーは、XスティックとぐるぐるXの2シリーズ。ともに発売から20年以上経過しているにもかかわらず、今でも、各管理釣り場で爆発的な釣果を生み出している。初めて使った初心者でも魚が釣れ、ベテランエリアアングラーからも信頼させているのは何故か。その理由を探ってみた。

駒崎佑典 エリアトラウト入門のためのタックルバイヤーズガイド

百花繚乱のエリアトラウタックル。でも種類が多すぎて、迷ってしまう……そんなデビュー目前のみなさんに、タックル選びのポイントをアングラーズショップマニアックス代表の駒崎佑典さんにお伺いした。これを読めば、間違いのないタックル選びができるはず!

入門ルアー10 10人のエキスパートが選ぶ、エリアトラウト入門時に買うべきルアー10+α

初めてのエリアトラウトフィッシングに向けて、まずは買うべきものがいくつかあるが…一番の悩み所は、ルアーじゃないだろうか。ルアージャンルも多種多様で、カラーの重要性も高い。だが無理を承知で、まず10個買うなら何をオススメするかを、達人たちに問うた!

  • 池谷哲哉
  • 伊藤雄大
  • キャンタ
  • 杉山代悟
  • センドウタカシ
  • 早乙女智啓
  • 福田雅宏
  • 本多智紀
  • 松本幸雄
  • 矢島俊介

和田浩輝 トリプルマイスター指南 釣果を伸ばす最短ルートは『フック』を気にかけよ!

どんな釣りでもフックがなければ、 魚を釣ることはできない。 ゆえに、疎かにしてはならない重要項目なのだが、極限のプレッシャー下が当たり前のエリア界では 時にルアーさえも凌駕するファクターにもなり得る。 つまり、フックを正しく理解して扱うことこそ 最もお手軽な釣果を伸ばす方法であり、盲点。「なんだ、針のページか…」と読み飛ばしたアングラーに確実に差を付けられる大切なことばかりなので、熟読すべし!

岡田智裕 フィールドタイプ別エリアトラウトルアーバイヤーズガイド

魚が放流されている=100%魚がいる。すべてのアングラーが同一条件でスタートするエリアの釣りだが、実は釣り場の規模やタイプによって基本的な攻略法が少しずつ変わってくるという。今回はそんなエリアのタイプ別に抑えておきたいベーシックな考え方に基づくオススメルアーをご紹介!

『エリアトラウト ギア&マニュアル』発売情報

[写真タップで拡大]

『エリアトラウト ギア&マニュアル』

日進月歩するエリアトラウト専用アイテム群。ルアー、ロッド、リールはもちろん、ラインやフックでゲーム展開が激変するシビアな世界だ。そこで先鋭化するNEWアイテムを、ルアーマガジン編集部ならではの徹底した取材と美細なビジュアルでコンテンツ化! また最新ハウツーを盛り込んだ「エリアトラウト入門」パートも充実。基礎情報も更新されまくりの必読書です!

  • 発売日:2022年11月16日
  • 定価:1,980円(税込)

※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス