[ショアブレードジギング]圧倒的先発ルアー!ジャックアイマキマキ(ハヤブサ)はイージーかつ釣獲力の高いルアー!

誰にでも扱いやすいことで人気の、ハヤブサ・ジャックアイシリーズ。中でも、ただ巻きでしっかりとアピールできるブレードジグは、先発ルアーとしても大活躍! ジャックアイシリーズの使い手として人気の橋本翔大さんに、効果的な使い方を解説したもらった。

●文:ルアーマガジンソルト編集部

ジャックアイシリーズを使いこなすエキスパート

[写真タップで拡大]

橋本 翔大(はしもと・しょうた)

釣り具メーカーのハヤブサで広報を担当。ジャックアイシリーズを使いこなす、ジャックアイエキスパート。今回は、久しぶりの遠征でテンションMAX! ホームフィールドは大阪湾周辺。

磯釣りの聖地として知られる、有名フィールドで実釣!

【高知県・沖の島】
高知県の宿毛から渡船を利用。小一時間で、沖の島に到着。今回は、磯ではなく堤防で実釣を行った。磯釣りで有名なフィールドだが、ルアーアングラーも多く訪れる。 [写真タップで拡大]

ただ巻きでOK! 先発はジャックアイマキマキで高活性魚を狙い撃ち!

普段、大阪湾周辺での実釣が多いという橋本さん。遠征釣行は久しぶりで、本企画のためにリサーチした結果、沖の島を選択。

橋本「昨日は、愛南周辺でラン&ガンしたんですが、釣果がイマイチだったんで、思い切って渡船で沖の島へ渡ろうと。でも、ジャックアイシリーズは、ライトユーザーにも使ってもらいたいので、あえて磯ではなく堤防でやろうと思います」

朝イチ、橋本さんが選択したのは、リアにブレードを搭載した、ジャックアイマキマキだ。

【圧倒的先発ルアー】
ジャックアイマキマキ(ハヤブサ)

買ってそのまますぐ使える! ブレード付きスイミング系メタルジグ!
フロントには擬餌付きアシストフック、リアにはトレブルフックとホログラムシートが貼られたブレードを搭載。投げて巻くだけでしっかりとアピールしてくれる、超カンタンお手軽ジグ。

橋本「朝マヅメは、高活性魚が中層から表層付近で、積極的にベイトを追うことが多いです。そういう状況にマッチするのが、このジャックアイマキマキです。使い方はシンプルで、ただ巻きでOK! ただ、1つだけコツがあります」

そのコツとは?

橋本「レンジを意識することです。投げて、すぐに巻く表層付近から、少しずつ水深を下げていき、中層くらいまでを探るんです。活発にベイトを追うような高活性魚をまず釣りたいので、中層から上のレンジで十分です」

ただ巻きで十分にポテンシャルを発揮してくれるジャックアイマキマキ。重要なのはレンジ(タナ)を狙い分けること! [写真タップで拡大]

高いアピール力を駆使し、広範囲の高活性魚にアピール!
橋本「朝マヅメ、一投目に投入することが多いのがジャックアイマキマキです。ベイトを追いまくる青物には、ブレード付きのような、アピール力の高いジグの方が効果的です。使い方はただ巻きで、表層から少しずつレンジを下げて探っていき、反応があるレンジを探っていくイメージです」 [写真タップで拡大]

しかし、この日の朝マズメはボイルもなく、期待した青物の気配を感じない…。

橋本「こういう場合は、レンジをさらに下げて、ボトム付近を狙うと…あっ、きましたよ!」

危なげないファイトを展開する橋本さん。足場の高い堤防からぶっこ抜いてランディング! ヒゲのヒメジ系の魚をキャッチ!

ジャックアイマキマキにヒットした魚を抜き上げランディング! [写真タップで拡大]

基本は表層から中層だが…?
朝マヅメの高活性青物狙いの場合は、ジャックアイマキマキの表層~中層引きが効果的だが、反応がなければボトム付近まで落とし込んで狙うのもOK! このヒメジ系の魚も、ボトム狙いでヒットした。 [写真タップで拡大]

ジャックアイマキマキは「ストップ&ゴー」で使っても効果的!

ただ巻きで十分なポテンシャルを発揮するジャックアイマキマキだが、ストップ&ゴーで操作するのも効果的。ストップ時のテンションフォールでブレードがヒラヒラと回転し、バイトを誘発!

ジャックアイマキマキ(ハヤブサ)
[SPEC]
●重量:20、30、40、60g
●カラー:全11色(サイズによって異なります)
フォール時にもリアのブレードがキラキラとアピールし、魚を誘ってくれる。 [写真タップで拡大]

ジャックアイマキマキのブレードアピールは、根魚にも有効! カサゴをキャッチ! [写真タップで拡大]

ジャックアイマキマキは、ただ巻きでしっかりとアピールしてくれるブレードジグだ。ブレードにはホログラムシートが貼られており、他にはないフラッシングで魚からのバイトを誘う。キャストして広範囲を手早く探れることから、朝一番にポイントについて、まず状況をチェックするために使用するルアーとして最適。

まだ、先発ルアーが定まっていないなら、ジャックアイマキマキのただ巻きサーチを試してみる価値はありそうだ。ちなみに、ただ巻き以外にもストップ&ゴーやリフト&フォールを織り交ぜれば、ただ巻きとは違ったアプローチの可能となるので、ジャックアイマキマキを手にした際には是非チャレンジしてみてほしい。

ジャックアイマキマキは、青物から根魚まで幅広い魚種に対応したブレードジグだ。 [写真タップで拡大]

ジャックアイ用タックルセット例

【タックル1(ジャックアイエース・同マキマキ・同クネクネ使用)】
ロッド:MUTHOS  Sonio 100M RGモデル(ゼナック)
リール:ツインパワー 6000HG(シマノ)
ライン:ロンフォート オッズポート WXP1 8 2号(YGK よつあみ)
リーダー:パワーリーダーFC 40lb(HARDCORE)
 
【タックル2(豆マキマキ・ヒラリン使用)】
ロッド:BlueCurrent76 Stream(ヤマガブランクス)
リール:19ステラC3000HG(シマノ)
ライン:ピットブル8+ 0.6号(シマノ)
リーダー:パワーリーダーFC 4号(HARDCORE)
※2020年当時のものです [写真タップで拡大]

ジャックアイマキマキの使い方を動画で見る


最新の記事

ルアマガプラス