あなたが釣り遠征に行くとき必携アイテムって何? 江尻悠真さんに聞いてみた!

近くのため池で釣りを楽しむのもアリだが、たまにはちょっと遠くに足を運びたくなるのが釣り人の性。かたやトーナメントの世界や各メディアで活躍するプロアングラーは全国津々浦々のフィールドへ遠征を行う毎日を過ごしている。釣行行脚を繰り返しているプロアングラー5名が、釣り遠征に欠かすことのできないお供をご紹介! 長距離遠征へ行く機会がある方は是非参考にしていただきたい。今回は江尻悠真さんに伺った。

●文:ルアーマガジン編集部

江尻悠真さんのプロフィール

[写真タップで拡大]

江尻悠真(えじり・ゆうま)

国内最高峰のバスフィッシングトーナメントであるJBトップ50に今年から出場中の若手アングラ―。先日北浦で行われた第3戦では見事初優勝を飾った新進気鋭の注目株だ。イズムプロスタッフ。


釣り場のお供に!「薬セット」

湖上でもすぐに応急処置!

オロナインなどの虫刺され用軟膏や虫よけ、頭痛薬などの薬類一式は釣り場で必ず常備しています。僕はボートで釣りをするスタイルが多いので、試合前などに体調がすぐれない場合にはすぐに対処できるようにしています。同じラインナップを車とボートの両方に積んでいないと安心できません(笑)。

[写真タップで拡大]

長距離運転のお供に!「カーオーディオ」

いい釣りにはいい音楽が必要です

今僕はランクルに乗っているんですけど、内蔵スピーカーを一式取り換えて、いいオーディオに変更しました。長距離運転をする上で、音楽が絶対必須になってくるんですけど、よりよいサウンドで音楽を楽しみたいと思いまして。マーティン・ギャリックスやニーナ・クラヴィッツとかテクノとかを聞いたりしますね。試合が近づくと逆に無音になります(笑)。

[写真タップで拡大]

ホテルのお供に!「エアーポッズ プロ【Apple】」

2つの役割をこなしてくれる優れもの!

音楽を聴くためにも必須なんですけど、耳栓の変わりにも使用できるので重宝しています。ホテルに宿泊するときに、壁が薄いと隣の部屋の音が聞こえてきたり、車中泊だと自分の車のエンジンを切って寝ていると、外の車のエンジン音や走行音が聞こえてきて耳障りなので。

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2023年1月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2023年1月号

今月号のルアーマガジンは2つの「モノ」特集! まずは皆様もついつい使ってしまう言葉「神ルアー」。ガチで釣れるルアーの使いこなしや理論・理由を様々なアングラーさんの目線で紹介していきます。そしてもうひとつが「コスパ!」今の世の中、誰しも懐事情は厳しいもの…。悩めるすべてのアングラーに捧げる、お得術にご注目あれ! あ!今回のルアマガから創刊25周年に突入です! 直前から色々とありますが、今年も色々と盛り上げていきますよ~。

  • 発売日:2022年10月20日
  • 定価:990円(税込)

※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス