「フィールドの下調べはマスト」松本幸雄さんが新人編集部員にダメ出ししながら秋の三島湖バス釣り攻略

ついつい自己流で押し通してしまうのが僕たちアマチュアバスフィッシング。自由に楽しむのもいいけれど、プロにきちんと教わってみると、もっと簡単にレベルアップできるかも!? プロアングラー松本幸雄さんをチェッカーに迎えて秋の三島湖で自己流を叩き直す! 今回は下調べ……そんなのは釣りに行く前にやっとくべきこと!!!!

●文:ルアーマガジン編集部

松本幸雄さんのプロフィール

[写真タップで拡大]

松本幸雄(まつもと・さちお)

エリアトラウトやナマズからソルトウォーターまで、ルアーフィッシング全般でマルチな才能を発揮するアングラー。バス釣りのホームは房総リザーバーで、三島湖・豊英湖ではコンスタントに50cmオーバーを手にしている。

三島湖童貞、いきなりやらかす

三島湖といえば房総リザーバーのなかでも非常に高い人気を誇るフィールド。複雑に入り組んだ地形、豊富なカバー、そしてなにより魚影の濃さが最大の魅力だ。

それなのに、編集部タナカにとっては苦手意識MAXの湖。かつて1度だけインプレ記事の取材で訪れたことはあるものの、1日がんばってノーバイトだったという。

タナカ「今日は松本先生に三島湖の初バスを釣らせてもらうのが目標です!」

松本「え? ガイドじゃないんだから、教えないよ(笑)」

そうなのだ。今回は「タナカの釣りにダメ出しをもらう」のが最大のテーマ。

九州から上京してはや1年半、いつもは高滝湖でハードベイトをブン投げてグリグリ巻いてブイブイ言わせているらしいタナカの実力を、松本幸雄先生にジャッジしてもらうのが主目的である。

松本「じゃ、エレキ踏んでね♪」

タナカ「マジっすか? バックシートでのんびり釣らせてもらう予定だったのに(汗)」
しょっぱなから予想外の展開にテンパるタナカ。取材にご協力いただいた『ともゑ釣り船』さんの桟橋を離れ、左方向へ進もうとするところで、さっそく先生のチェックが入る。

松本「朝イチはどこに行くつもりなの?」

タナカ「バックウォーターです! 温かい時期はとりあえず上流に行くのがセオリーかなと」

松本「だけど、そっちは下流だよ」

タナカ「……」

ほとんど知らないフィールドなのに、湖のマップすら調べてこなかったタナカ。三島湖はヘラブナ釣り用のロープが多く張られているからエレキでの走行には注意が必要だ。 [写真タップで拡大]

今回の脱自己流のススメ

「フィールドの下調べはマストです」

[写真タップで拡大]

松本「ほとんど初経験のフィールドなんだから、少なくともマップぐらいは事前にチェックしないとダメ」

三島湖の場合、大きく分けてふたつの川筋で構成されているので「バックウォーター」と言っても選択肢がいろいろある。禁止エリアなどのローカルルールを知るためにも地図のチェックは必須だ。

松本「ほかの人の釣果情報も気になりますが、そこはあまり重要ではないです。知っておくと役立つのは水位などの状況。水が増えているのか減りつつあるのか、それだけでも考えることが変わってくるので」

タナカ「ハイ!!!」

『ルアーマガジン』2023年1月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2023年1月号

今月号のルアーマガジンは2つの「モノ」特集! まずは皆様もついつい使ってしまう言葉「神ルアー」。ガチで釣れるルアーの使いこなしや理論・理由を様々なアングラーさんの目線で紹介していきます。そしてもうひとつが「コスパ!」今の世の中、誰しも懐事情は厳しいもの…。悩めるすべてのアングラーに捧げる、お得術にご注目あれ! あ!今回のルアマガから創刊25周年に突入です! 直前から色々とありますが、今年も色々と盛り上げていきますよ~。

  • 発売日:2022年10月20日
  • 定価:990円(税込)

※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス