「ルアーセレクトの理由は何?」松本幸雄さんが新人編集部員にダメ出ししながら秋の三島湖バス釣り攻略

ついつい自己流で押し通してしまうのが僕たちアマチュアバスフィッシング。自由に楽しむのもいいけれど、プロにきちんと教わってみると、もっと簡単にレベルアップできるかも!? プロアングラー松本幸雄さんをチェッカーに迎えて秋の三島湖で自己流を叩き直す! 今回はルアーのセレクトで気にしなければならないこと。好きなだけではだめ。

●文:ルアーマガジン編集部

松本幸雄さんのプロフィール

[写真タップで拡大]

松本幸雄(まつもと・さちお)

エリアトラウトやナマズからソルトウォーターまで、ルアーフィッシング全般でマルチな才能を発揮するアングラー。バス釣りのホームは房総リザーバーで、三島湖・豊英湖ではコンスタントに50cmオーバーを手にしている。

ルアーの特性と選び方を考える

三島湖のカタチすらよくわからないまま湖上に浮いたことが発覚したタナカ。自分のペースを取り戻そうと、とりあえず愛用するバジンクランクを投げはじめた。

松本「なんでそのルアーを選んだの?」

タナカ「スピーディーに探れるからですね。表層のルアーに反応するかどうかもチェックできますし」

松本「それはいいんだけど~」

問題は投げている場所である。このとき、タナカが流していたのは中流域のベンドのアウトサイドだった。バンクは切り立った岩盤で、ズドーンと水深10m近くまで落ち込んでいる。

松本「バジンクランクのようなウエイクベイト系は、こういうドン深の地形にはあんまり向かないかもね」

タナカ「なぜですか?」

松本「深いところからサカナを引っぱり上げるタイプのルアーじゃないから。バスが岩盤際の水面直下に浮いていれば食うかもしれないけど、もっとタナが深い可能性もある。トップで狙うなら、もっとパワーがあってスローに引けるハネモノやポッパーなんかが向いてます」

タナカ「どっちも持ってきてません(汗)」

松本「バジンクランクで釣りたいならインサイド側のシャローフラットのほうがいいと思うよ」

今回は魚探ナシの釣行だが、目視だけでもかなりの情報が得られる。 [写真タップで拡大]

松本「たとえば一部だけ岩肌が露出しているような岩盤は、その下の水中に崩落がある可能性が高い。ちなみにココは過去に50アップを10本以上釣ってます♪」

タナカ「ハイ!!!」

本日のタナカのメインルアー。「巻き物が得意なので」と豪語しているが、どれもやけにきれいなのは気のせいか? [写真タップで拡大]

今回の脱自己流のススメ

「ルアーセレクトの理由は?」

タナカのファーストチョイスはバジンクランク。サーチベイトとしては悪くないが、ドン深の岩盤エリアを流すのに最適なセレクトではなかった。

[写真タップで拡大]

created by Rinker
オーエスピー(O.S.P)

『ルアーマガジン』2023年1月号 発売情報

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2023年1月号

今月号のルアーマガジンは2つの「モノ」特集! まずは皆様もついつい使ってしまう言葉「神ルアー」。ガチで釣れるルアーの使いこなしや理論・理由を様々なアングラーさんの目線で紹介していきます。そしてもうひとつが「コスパ!」今の世の中、誰しも懐事情は厳しいもの…。悩めるすべてのアングラーに捧げる、お得術にご注目あれ! あ!今回のルアマガから創刊25周年に突入です! 直前から色々とありますが、今年も色々と盛り上げていきますよ~。

  • 発売日:2022年10月20日
  • 定価:990円(税込)

※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

ルアマガプラス