《最強PHEV》新型プリウスは釣り車としてアリか?ナシか?

11月16日にトヨタ自動車がプロトタイプを公開した『新型プリウス』。HEV車は今冬、PHEVは来春ごろ発売予定だ。釣り人は住んでいる場所によってロングドライブが必至。新型プリウスは釣り車として優秀なのではないだろうか。

→《新型プリウス》走行動画と写真ギャラリー(28枚)

●文:ルアマガプラス編集部

Hybrid Reborn

※画像はプロトタイプ [写真タップで拡大]

誕生から25年間、車名が意味する「先駆け」の言葉の通り、HEVの普及を牽引し続けたプリウス。HEVが普及したことで、HEVの牽引役という役割が1つの節目を迎えた今、「次の25年もお客様に愛され続けるために、プリウスはどうあるべきか。」開発チームはプリウスのあり方をゼロから考えた。そこで生み出されたコンセプトが「Hybrid Reborn」だ。

釣り人にとってアウトドアだけが全てじゃない

悪路走破性の高いオフロード車やSUVをイメージする人も多いが、都内湾奥でシーバスフィッシングをメインでおこなう釣り人などにとってSUV車、もはや必須ではない。

※画像はプロトタイプ [写真タップで拡大]

釣り人といえど子供がいる家庭であれば、家族サービスにも性を出さなければならない。そんなとき新型プリウスであればスタイリッシュな街乗りをキメることができる。

※画像はプロトタイプ [写真タップで拡大]

プリウス史上最強のPHEV車だが、現時点ではオーダーは開始しておらず、昨今の半導体不足や部品供給の遅れで納車もいつになるかわからない。今後の情報公開に注目だ。


※本記事は”ルアマガプラス”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

ルアマガプラス