2022年エリアトラウトロッド『Tコネクション』矢島俊介さん&遠藤肇さん監修3機種を型番ごとにご紹介

今回リニューアルしたTコネクション(ジャッカル・ティモン)は、矢島俊介さんが2本、遠藤肇さんが1本監修したロッドがある。それぞれ釣り方も考え方も異なり、アングラーの特色が明確に表現されているモデルが3機種存在。ここではその3本についても細かく紹介していこう。

●文:ルアーマガジン編集部

Tコネクション TCA-S61L+E【ジャッカル・ティモン】

矢島俊介さん監修、多様化するルアーに対応したバーサタイルロッド

[写真タップで拡大]

Lにパワーをプラスし、様々なルアーに対応できるようにパワーあるファストテーパーにしたバーサタイルロッド。ベースはエステルラインを主軸としているが、クランクやボトム系も扱える。全てに特化しすぎていないので、刻一刻と変化する魚の活性に合わせやすく高バランス。エステル入門用といえるロッドだ。

全長ルアーウエイトラインスレッドカラー
6ft1in0.4~3.5gエステル MAX 0.4号オレンジ

パニクラDR [写真タップで拡大]

エステルラインをベースにしているので、1g前後のスプーンがど真ん中。しかし、あらゆるエリアルアーが扱いやすく、パニクラDRのようなクランクやボトム系の操作感にも優れている。

Tコネクション TCA-S61ML【ジャッカル・ティモン】

矢島俊介さん監修、放流魚のコン! というバイトもしっとり掛ける

[写真タップで拡大]

ナイロンラインに2g前後のスプーンで放流魚狙いに最適なモデル。高活性魚のコン! というバイトもレギュラーテーパーで全体が曲がって掛けてくれる。さらに、放流の高活性時以外でもレインボーのついばみバイトをしっとり待ってくれるようにして乗せてくれる。矢島俊介さん的には初めての釣り場をサーチする時に最適なモデルとのことだ。

全長ルアーウエイトラインスレッドカラー
6ft1in1.0~4.5gmono1-3lb、PE MAX 0.6号レッド

ティアロ1.6~1.9g [写真タップで拡大]

2g前後のスプーンがど真ん中ウエイト。放流魚を速巻きで食わせていくのにベストなロッドだが、沖を狙ったクランキングでも使いやすい。

Tコネクション TCA-S62M-ST【ジャッカル・ティモン】

遠藤肇さん監修、ボトムノックで掛けていく釣りに最適なモデル

[写真タップで拡大]

遠藤肇さんの代名詞ともいえるパニクラシリーズのボトムノックテク。これに特化したモデルで、ボトムで掛けていくのに最適なロッド。ソリッドティップがボトムノック時に曲がってくれるが、感度が高いのでバイトをしっかりとキャッチして掛けていくことが可能。さらにしなやかなティップが魚を弾かずに掛けてくれる。

全長ルアーウエイトラインスレッドカラー
6ft2in1.0~5.0gPE MAX 0.6号パープル

タップダンサー [写真タップで拡大]

ボトムノックに特化しているだけに、おすすめのルアーはパニクラDRやボトム系ルアーのタップダンサーやダートラン。ほかのルアーで反応がない場合にこそ威力を発揮してくれるはずだ。

『エリアトラウト ギア&マニュアル』発売情報

[写真タップで拡大]

『エリアトラウト ギア&マニュアル』

日進月歩するエリアトラウト専用アイテム群。ルアー、ロッド、リールはもちろん、ラインやフックでゲーム展開が激変するシビアな世界だ。そこで先鋭化するNEWアイテムを、ルアーマガジン編集部ならではの徹底した取材と美細なビジュアルでコンテンツ化! また最新ハウツーを盛り込んだ「エリアトラウト入門」パートも充実。基礎情報も更新されまくりの必読書です!

  • 発売日:2022年11月16日
  • 定価:1,980円(税込)

※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

ルアマガプラス