杉村和也さんのブレーデッドジグ「秋の巻きモノ使い分け学論」

秋と言えば巻きモノが最も有効的になる季節。ひとえに巻きモノと言えど、クランクベイト、スピナーベイト、バイブレーション、ブレーデッドジグなどなどランナップは様々で正直何を使えばいいのかが曖昧な部分も多い。そこで巻きモノの正解をいち早く導き出すべく巻きのスペシャリスト4名が徹底解説。このページを読めば、釣り場で迷うことないルアーローテができること間違いなしだ! 今回はブレーデッドジグの使い分け理論を杉村和哉さんに解説していただいた。

●文:ルアーマガジン編集部

2024 新製品情報

杉村和哉さんのプロフィール

[写真タップで拡大]

杉村和哉(すぎむら・かずや)

琵琶湖のプロフェッショナルガイドとして活躍し、そのホスピタリティ溢れるガイドスタイルから予約が取れない人気ガイドとしても有名。ブレーデッドジグやスピナーベイトなどの巻きの展開を得意とし、実直な釣果を追い求めるリアリストでもある。メガバスのフィールドテスターも務める実力者。

杉村和哉さんのブレーデッドジグ使い分け論

ブレーデッドジグは夏から秋へと季節が進行するタイミングで威力を発揮します。

ブレーデッドジグの有効性

ブレーデッドジグは基本リアクションで口を使わせるルアーになると思うんですよ。秋って気温の変化が激しい季節なので、バスも様々なエリアに散らばりやすいし、魚のコンディションもバラバラだと思うんです。だから魚が高活性であれ低活性であれリアクションバイトをしっかりととることができるのがブレーデッドジグだと思いますね。

なので、広範囲に散らばっている色んなコンディションのバスに対して、スピードや波動、着水音などのリアクション要素で本能的に口を使わせることができるルアーかなと思います。

効果的な使い方

基本的には投げて巻くだけですが、僕は遠投は必要ないと思っています。琵琶湖のガイドを長年やって僕が見えてきたのは、ブレーデッドジグって水深1.5mぐらいを引くことが多いんですよ。なので、着水音が一つのアピールポイントかなと思っているので、ショートピッチでおおよそ10~15mぐらいキャストして、着水音を大きめに立ててから5巻き目ぐらいまでが1番チャンスがありますね。

[写真タップで拡大]

ショートピッチでキャストしてウィードエリアのストラクチャーに2回ぐらい当たるような速度で巻きます。トレーラーは5in程度のワームであればぶっちゃけ何でもアリです(笑)。でもシャッドテールはNG。速く巻くとやたら浮き上がりが多くなるし、アクション的に美しくなくなっちゃうので。それに僕は必ずT・Nトレーラーフック2/0(ハヤブサ)をつけています。

ロビンブレード 3/8oz+スリングシャッド 5in【メガバス】

[写真タップで拡大]

【CASE1】クランクベイト

ディープ X300【メガバス】

[写真タップで拡大]

濁りが入ったポイントを手広くサーチできます

ブレーデッドジグを使う時より、濁りが入っている状況で、尚且つ広範囲を探るとき使用することが多いですね。そのシチュエーションに存在しているベイトの深さ(レンジ)に応じたりとか、全体的にバスが散らばっている状況下で使うことが多いです。

ディープクランクに関しては『遠投』がすべてです。幅広く散らばったバスに濁りが入った水域で魚を効率よく拾っていくためのアイテムという認識ですね。

【POINT】濁りが入った水域

[写真タップで拡大]

【CASE2】バイブレーション

バイブレーション Xウルトラ【メガバス】

[写真タップで拡大]

ミドルレンジのスピードリアクションに!

バイブレーションは、ブレーデッドジグより深めのミドルレンジで使う場合が多いです。水深的には2mから深くても3mの沖のフラットエリアで使うことが多いです。スピナーベイトはクリア、クランクベイトに関しては濁り、バイブレーションに関してはどちらでも使えますが、どちらかというと若干濁ったエリアのほうが効果的です。

ブレーデッドジグは完全にスポットで使うのですが、バイブレーションは遠投して超絶広範囲のミドルレンジを探るときに使います(笑)。あとスピードを出せることが特徴なので、リアクションで口を使わせることもできます。

【CASE3】スピナーベイト

SV-3 1/2oz【メガバス】

[写真タップで拡大]

クリアアップしたときの食わせの1手ですね

ブレーデッドジグよりもスピナーベイトが威力を発揮するのは、水がクリアでそこまで複雑でないウィードやベジテーションがある状況ですね。

逆に濁りが入り、よりウィードが複雑になっているときにはブレーデッドジグを使いますね。

スピナーベイトってアピールが強いルアーだと一般的には思われがちですが、琵琶湖のウィードエリアを引くときって、圧倒的にブレーデッドジグの方がアピール力は高いんですよ。

ただ、スピナーベイトの強みとしてはクリア、マッディウォーターのどちらも釣れるので汎用性は高いですね。

【POINT】クリアアップした水質

[写真タップで拡大]

『ルアーマガジン』2023年9月号 発売情報

ルアーマガジン史上初めてのスモールマウス×オカッパリの表紙を飾ってくれたのは川村光大郎さん。大人気企画「岸釣りジャーニー」での一幕です。その他にも北の鉄人・山田祐五さんの初桧原湖釣行や、五十嵐誠さんによる最新スモールマウス攻略メソッドなど、避暑地で楽しめるバス釣りをご紹介。でもやっぱり暑い中で釣ってこそバス釣り(?)という気持ちもありますよね? 安心してください。今年の夏を乗り切るためのサマーパターン攻略特集「夏を制するキーワード」ではすぐに役立つ実戦的ハウツー満載でお送りします! そして! 夏といえばカバー! カバーといえば…フリップでしょ!! 未来に残したいバス釣り遺産『フリップ』にも大注目ですよ!


※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。