[価格・スペック]メガバス新ルアーは巻き速度で機能が変わる!VATISSA(ヴァティッサ)の詳細を解説!1月下旬完成

メガバスから、シーバスのバチパターン攻略のための新しいルアーが登場する。早春から春にかけてのシーバスゲームで欠かせない主軸となり得るルアー、VATISSA(ヴァティッサ)の特徴をチェックしていこう。

>>VATISSA(ヴァティッサ)の価格とスペック<<

●文:ルアマガプラス編集部

極小ヘキサリップが生み出す微細波動とロールアクションが特徴!

ヴァティッサは、メガバスから新しく登場する、バチパターン攻略用のスリムルアーで、115mmと93mmの2サイズ展開となる。

VATISSA 115F [写真タップで拡大]

最大の特徴は、極小のヘキサリップだ。大きすぎるアクションを嫌う傾向にあるバチパターンのシーバスに対して、あえて水流を受け流す極小リップにより、大きすぎないアクションと、微細な波動で効果的にアピール。

VATISSA 93F [写真タップで拡大]

リップが小さいと、アクションの立ち上がりが不安になるかもしれないが、水流に対してレスポンシブルに反応するよう設計されているため、リトリーブによりロールアクションを生み出すことが可能。

また、リトリーブ速度とロッドの角度を調整することで、まるでバチのような、絶妙な引き波を発生しながらアクションさせるような使い方もできる。

極小ヘキサリップ
アクションを過大化させてしまう水流を受け流し、微細な波動とレスポンシブルなロールアクションを演出する。 [写真タップで拡大]

ヴァティッサは、リトリーブ速度の違いで機能が変化! 3つの特徴を解説!

では、バチパターン攻略や細身のベイトパターンにとことん特化したスペシャルモデル、ヴァティッサの3つの特徴を見ていこう。

写真上)VATISSA 115F
写真下)VATISSA 93F [写真タップで拡大]

「デッドスロー」リトリーブ:ウォブリングを排除した、微細ロールアクション

デッドスローリトリーブでは、ウォブリングの要素を徹底的に排除した、スローロールアクションを発生。波動を出しすぎず直線的な軌道で泳ぐ、ゴカイやイソメなど、バチの動きにマッチしたアクションでシーバスに対して違和感なくアピールする。

「スロー〜ミディアム」リトリーブ:細身のベイトパターンに対応したアクション

ヴァティッサは、バチパターンの攻略の他に、シラウオやサヨリなど、細身のベイトパターンにも対応。スローからミディアムのリトリーブスピードで、ピッチの細かいローリングアクションを発生。スリムなベイトを意識したシーバスが思わず口を使うようなイメージで使用できる設計だ。

「ファスト」リトリーブ:パニックベイトを演出

リトリーブ速度をさらに上げると、水面から飛び出すことなく、水面直下のレンジをキープしながら漂うように泳ぐ。しっかりとレンジをキープしながら、軸がブレないローリングアクションを披露。回転角の大きいロールアクションは、同時にフラッシングも発生させ、パニックベイトを演出できる。

ヴァティッサ カラーチャート・価格(スペック)

ヴァティッサは、2サイズ共通で全13色で展開する。カラーラインナップは下の写真を参照してほしい。

[写真タップで拡大]

【VATISSA 93F・115F スペック】

品名全長自重タイプその他本体価格
VATISSA 93F93mm6gフローティングフック:#8×21,500円
VATISSA 115F115mm9gフローティングフック:#8×31,600円

※本記事は”ルアマガプラス”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

ルアマガプラス