【DAIWA 23 タトゥーラLT】さらなる「剛性と操作性」を兼ね備え生まれ変わったバス専用スピニングがアツい!【2023DAIWA新製品】

Photo by Ken Kubota

DAIWAのバスフィッシングを中心としたグローバルブランド「TATULA(タトゥーラ)」の名を冠したスピニングリールが今年度モデルチェンジを果たす。「エアドライブデザイン」や「モノコックボディ」、「クイックドラグ」などDAIWAスピニングの最新テクノロジーがふんだんに詰まっており、激化するバススピニングに新風を吹かす1台となりそうだ!

●文:ルアマガプラス編集部

タトゥーラLT(DAIWA)

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

品名巻取り長さ
(cm/
ハンドル1回転)
ギア比自重
(g)
最大
ドラグ力
(kg)
標準巻糸量 ナイロン(lb-m)標準巻糸量 PE(号-m)ハンドル
長さ
(mm)
ハンドルノブBB数メーカー
希望本体
価格(円)
FC LT2500SS-QD725.117053-1500.4-200
50HG-Iライト729,800
FC LT2500SS-H-QD825.817053-1500.4-200
50HG-Iライト729,800
LT2500S-XH-QD876.218054-1500.6-20050HG-Iライト729,800

剛性と操作性をさらに高めた「第2世代」がいよいよ登場!

[写真タップで拡大]

DAIWAのグローバルブランド“タトゥーラ”が今季10周年を機にフルモデルチェンジを果たすのが第2世代となるスピニングモデル。

実戦で鍛え抜かれたエアドライブデザインを組み込んだのは、軽さと強さを両立するZAION V製モノコックボディ。同じくZAION V製のエアドライブローターを採用することで低慣性化によるハイレスポンスな巻き出しにも繋げている。

軽さと強さを両立したZAION V製モノコックボディ

[写真タップで拡大]

一切のビスを用いずエンジンプレートのみでボディが塞がれるモノコックボディ構造。少ないパーツによる軽量化とたわみのないボディ剛性を発揮。またより大口径のタフデジギアの封入も可能となり、さらなるパワーを発揮できる。

注目は、瞬時のドラグ微調整が可能なクイックドラグの全機種搭載。スムーズかつ安定した利きを実現するATD TYPE-Lとの融合で、ライトラインでビッグバスと渡り合う際にスピーディーなランディングを約束する。

QD=クイックドラグ 全3機種に搭載

[写真タップで拡大]

少ないドラグノブの回転で瞬時にドラグテンションの調整を可能にした画期的な機構。かつてはルビアスエアリティFC LT2500S-XH-QDのみに搭載され、他モデルは純正オプションパーツ(SLPWORKS製)のみでの対応だった。


ルアマガプラス