【これがベイトリールの未来!】DAIWAからアプリ連動・育成型新機軸ベイトリールが登場!!『IM-Z リミットブレイカー TW HD-C』

Photo by Ken Kubota

DAIWA2023新作スクープもいよいよ本丸の横浜ショー初公開モデルへと移行。そしてやはりもっていた「隠し球」! しかも「ベイトリールの歴史を変える」驚くべき機構を備えた全く新しいベイトリールが登場となる。その名も“IMZ”。

●文:ルアマガプラス編集部

アプリ連動でUPDATEする“育成型”ベイトリール『IM-Z リミットブレイカー TW HD-C(DAIWA)』

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

【スペック】

品名巻取り長さ(cm/ハンドル1回転)ギア比自重(g)最大ドラグ(kg)標準糸巻量(ナイロン)標準糸巻量(PE号/m)ハンドル長(mm)ベアリング(ボール/ローラー)価格
XH TW HD-C1008.4250716-125、20-1004-100、5-809512/1125,000
XHL TW HD-C1008.4250716-125、20-1004-100、5-809512/1125,000

アプリ連動でUPDATEする“育成型”ベイト

Photo by Ken Kubota [写真タップで拡大]

ベイトリールの未来が見える新機軸。これまでにない、全く新しいベイトリールをついにDAIWAが産み出した。それが“IMZ”という23NEWモデルだ。既に一部メディアでは公開され、ファンの話題を呼んでいたのは実はこのモデルのことだった。

Z=Z2020の系譜

最強ロープロベイトのレガシーを継ぐ意欲作
現在はZブラックリミテッドとして継承されたZ2020のコンセプトを継承した、IMZ独自のフル新型ボディを採用。破格のパワーを誇る最強ロープロファイル型の系譜がそこに。

[写真タップで拡大]

LIMIT BREAKER=対大物仕様

従来のベイトリール常識の限界突破へ挑むタフモデル
ナイロン20lb及びPE4号が共に100mを収納できる存分なラインキャパ。それは即ち、記録級モンスターをも想定したスペック。従来のベイトリールの常識を覆す対大物仕様だ。

[写真タップで拡大]

TW=T Wing system

DAIWAベイトリール独自のレベルワインド
DAIWAベイトの代名詞的レベルワインド機構がTWS。クラッチONで大開口部からストレスなくラインが放出され、OFFで細溝が精密かつ均衡な巻き取りを実現する。

[写真タップで拡大]

HD=Heavy Duty& LONGCAST

ヘビーデューティー仕様かつ遠投性能を完備
屈強ベイトリールの証・ハイパードライブデザインをフル装備したヘビーデューティー仕様に加え、TWSやG1ジュラルミンスプール、そしてIMによってロングキャストを実現。95mmのアルミ製クランクハンドル&パワーEVAノブ搭載でパワフルな巻き上げにも貢献する。*ソルト対応。

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

『なぜリールが光るのか』と頭に疑問符を描いた方は多いだろう。そう、それこそがIMZの象徴となるブレーキシステム“インテリジェント・マグフォース”の証し。LED点灯でブレーキモードを知らせる仕組みで、工場出荷時はライトブルーに光るスタンダードモードのみの設定となっている。

IM=INTELLIGENT MAGFORCE

内部端末が電子制御でブレーキセッティング
遠心力で可変するインダクトローターが磁界へと入り込んで回転の初動を抑え、後半の伸びを確保するのがマグフォースというブレーキシステム。かつては手動で磁界の位置を調整するマグフォース3Dが存在したが、インテリジェンドマグフォースは電子制御へと進化。パーツを増やさず軽量化と共に、なおかつスマート化へと繋げている。

[写真タップで拡大]

スプール自体は超軽量かつ高剛性を発揮するG1ジュラルミン製Φ38mm。従来比7%の軽量化を図り、中重量級ルアーの遠投性能にさらなる磨きをかけていく。

[写真タップで拡大]

モードはスマホアプリとBluetooth接続することで計4段階に拡張可能。内部端末にデジタルプログラム化されたモードによって、リールそのものがアップデートしていく驚くべき仕組みに仕上がっている。

DAIWA Connecting system

アプリとBluetooth接続で機能の拡張を始めデータ閲覧も

アプリに初期登録の後、ブレーキモードはスタンダードからPE/ブレイド、ロングキャスト、マックスブレーキのLED点灯変化と共に計4つのモードへと拡張可能。それぞれを使い分けることで、多様なルアーやシチュエーションへの対応が可能だ。また過去の釣行や飛距離データの閲覧、バッジ表彰など、釣り以外の時間も存分に楽しめる。

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

LEDはスタートアップとシャットダウンで白、ブレーキ力調整はスタンダードのブルーからイエロー・パープル・ライトグリーンと4段階。なお、画像のグリーンはバッテリー残量&充電中を意味。

ボディサイドのフラップを開ければ、USB Type-C接続で充電可能。1度の充電で800投、つまり2〜3日の釣行をカバーできる。

[写真タップで拡大]

[写真タップで拡大]

またブレーキの微調整は、LEDランプ下に位置する“コントロールスイッチ”で設定。短押しすることで電子音と共に20段階の調整が可能で、もはやマグダイヤルは存在していない。車で例えるなら、シフトレバーに触れることなくステアリングコントロールできる仕組みとも言えるだろう。

アングラーの各キャストデータはすべて内部端末が記憶。アプリに接続すれば釣行ログデータやラインの巻き替えデータも確認できるほか、最長飛距離の更新時にはリールからピピッと電子音を発生するなど、多彩な機能を楽しめる。

もはやIMZはベイトリールを異次元の世界へと運ぶエポックメイキングな1台へと仕上がった。未来のルアーフィッシングはここが起点となっていくだろう。


ルアマガプラス