日産の人気3車種が3年ぶり開催のフィッシングショーOSAKAに出展!

3年ぶりに開催される「フィッシングショーOSAKA」は、今回で60回目を迎える国内最大級の釣り関連の展示会で、毎回、多くの釣具業界関係者の方や釣りファンの方が訪れる「釣りの祭典」だ。日産自動車は「キャラバン」をベースとした「キャラバン マルチベッド」、「キャラバン トランスポーター」、「NV200バネット」をベースとしたモバイルオフィスカー「MOOW(ムーウ)」を出展するぞ!

●文:ルアマガプラス編集部

出展するのは人気の3車種

今回日産は、広く使い勝手の良い荷室空間や、堂々と存在感のあるエクステリアデザイン、そして全車標準装備の「インテリジェント エマージェンシー ブレーキ」をはじめとする先進安全技術がユーザーから高く評価されている「キャラバン」と、ビジネスシーンからデイリーユース、そしてレジャーユースまで、幅広いシーンでの使い勝手の良さなどが多くのユーザーより好評を得ている「NV200バネット」をベースとした3モデルを出展する。

「キャラバン」、「NV200バネット」は、ともにワークユースのみならず、釣りやスキー、サーフィン、自転車などのアウトドアスポーツや、オートバイやカートなどのモータースポーツを楽しまれる方など、幅広い層のユーザーに支えられている車だ。

キャラバン マルチベッド

キャラバン マルチベッド [写真タップで拡大]

荷室に跳ね上げ式のベッドシステムと、防水性を兼ね備えた硬質素材のフロアパネルを装備。車内での休憩や宿泊などでのくつろげる空間の広さと、積載性を兼ね備えたモデルになっている。また、オプションの着脱式テーブルを装着すると、リビングのような空間として使用することも可能だ。

アウトドアスポーツなどの趣味や、テレワークの仕事部屋など、利用者の用途に合わせてさまざまなアレンジが可能だ。本モデルは、多様なニーズやライフスタイルにあわせ、「GRANDプレミアムGX」と「プレミアムGX」2つのグレードを展示する。

キャラバン トランスポーター

キャラバン トランスポーター [写真タップで拡大]

スキー、サーフィン、釣り、自転車などのアウトドアスポーツや、オートバイやカートなどのモータースポーツを楽しむ大人たちをフルサポートするために考え抜いた車両で、ロンリューム加工を施した床張りの荷室を標準採用している。これにより荷室部分が傷つきにくく、重量物も安定して積載することが可能だ。

アウトドアやモータースポーツなどのトランスポーターとしての利便性も向上させている。ベッドシステム付きを選択した場合は、小物などの収納に便利なサイドボックスと、大人2人がゆったりと休める空間を提供する。

MOOW(参考出品)

MOOW [写真タップで拡大]

「NV200バネット」をベースとした後部座席スペースで快適にテレワークができるモバイルオフィスカーです。オフィス家具メーカーの株式会社イトーキがデザインしたインテリアと、日産が開発を行った高性能なリチウムイオンバッテリーを搭載することで、いつでもどこでも快適に過ごせる空間を備えたクルマを実現した。

取引先への訪問が多い営業職の方はもちろん、自宅とワークスペースを切り分けて、より集中できるテレワークの就業環境を確保したい会社員の方や個人事業主の方など、多くの働くユーザーが活用できる。


※本記事は”ルアマガプラス”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

ルアマガプラス