針先が必ず上を向くカナダ生まれの天才ドロップショットフック

カナダ在住の孤高の天才、ニシネルアーワークスの西根博司さんがドロップショット用のフックをプロデュース。一見するだけで、只者ではない癖強フックだということがわかる。開発の経緯はどのようなものだったのだろうか。

●文:ルアーマガジン編集部

2024 新製品情報

[写真タップで拡大]

西根博司(にしね・ひろし)
カナダ・オンタリオ州在住。2006年にニシネルアーワークスを設立し、芸術性と実釣性能を兼ね備えたルアーを多くプロデュース。世界中にファンを持つ天才ルアービルダー。

横倒れするワームフックを根本からリデザイン

[写真タップで拡大]

西根「ドロップショットは通常マス針を使うと思うんですが、フックが傾きがちなのが不満でした。ドロップショットミノー3.4インチというワームがあるんですが、扁平ボディでフックが少しでも傾くとワームも傾いてしまう。それがどうしても我慢できませんでした」。

西根「最初は結び方で対処しようとして、2年くらい試行錯誤していました。ノットやセット方法だけで解決するのは無理だろうということになり、じゃあハリから考えていこうと思って作ったのがこのフックです」。

ニシネドロップショットフック

[写真タップで拡大]

外掛け結びで使うことでフックが必ず上に向くようにセットできるニシネドロップショットフック。ワームが横倒れすることなく、本来のポテンシャルを発揮させることが可能だ。ロングシャンクなのでビッグバスの口に掛かってもラインを外に出してファイトすることができる。堅牢なワイヤーに摩擦軽減コーティングされたフックで刺さりは抜群。ビッグフィッシュでも安心して取り込めるフックに出来上がった。

[写真タップで拡大]

SPEC
●サイズ:#2
●入り数:6
●仕上げ:テフロンコーティング
●価格:528円(税込)

外掛け結びでフックが垂直に!

[写真タップで拡大]

クランク部分に結ぶことでフックを固定ノットはエサ釣りなどで一般的な外掛け結びを使用。フックが完全に固定でき、結び方も簡単、ロングリーダーも取りやすいという理想的なシステムだ。外掛け結びは構造的にもシンプルなので、結束強度もかなり高い。

ニシネDSフック(結び方の説明あり)YouTube動画

西根「外掛け結びは、ラインをアイの上から通していき、クランクした部分に4〜5回巻きつけて、できた輪に端糸を通して、締め込んでいくと必ずフックが上を向くようになる。外掛け結びは構造がシンプルなのでとても強いノット。リーダーが長くても結ぶのが難しくないのもメリットです」。

分厚い唇に刺さってもラインアイは外に出る

[写真タップで拡大]

一番のターゲットは5パウンダーのスモールマウス。通常のマス針だといい場所にフッキングしてもノットが鋭い歯に当たりラインブレイクすることも。そこでロングシャンク化し、ラインアイを外に出すことに。唇をフックで完全ロックすることも珍しくない。

[写真タップで拡大]

西根「狙いは、五大湖のビッグスモールマウスを確実にキャッチするということ。ロングシャンクにすることによって、フッキングしたときにアイが口の外に出てもフックポイントが口の中に残ってくれる。アイからフックポイントの距離が、5パウンダーのスモールマウスの上唇の厚さと大体同じになっているんです。なので、硬い口周りじゃなくてその奥の柔らかいところに刺さってくれるんです。アイが口の外に出ることでラインブレイクも防いでくれますよ」。

[写真タップで拡大]

西根「自分たちはキャストしてというよりはバーチカル気味に釣ることが多いので、ほとんどの場合上顎の一番いいところに刺さってくれます。クランクしている部分でロックされることも多いので、外すのが大変なくらいです。あとは、ロングシャンクだとフッキングしたときにワームがシャンク部分にズレて、ファイト中にワームが飛んでいくということも減りますよ。情報公開すると物凄い反響が返ってきていて、期待度の高さに驚いています。日本でも同じようなドロップショットの釣りが効果的なシチュエーションがあると思うので、ぜひ使ってみてください」。


※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。