《激戦区》外房エリアでスレた良型を狙うには「魔法のセレクト」が重要だった!

今回、関東の激戦区と言われる外房エリアに訪れたサーティフォーの家邊克己プロ。外房エリアといえばアジング激戦区で、入れ替わり立ち替わりの釣り人によってアジがスレている印象があるが、果たして良型を無事キャッチすることはできるのか!?

●文:ルアマガプラス編集部

2024 新製品情報

サーティフォー代表にしてアジング界のトップアングラー!

家邊 克己(やべ・かつみ)

アジングの人気メーカー、サーティフォーの代表。超実戦主義を標榜し、アジングを主軸としたライトゲームアイテムの開発を行う、アジングの名手。

激戦区・外房エリアで良型狙いのナイトアジング

外房エリアは、デイアジングも楽しめるのだが今回はないとアジング。日が暮れてからが本番となった。

激戦区と言われる千葉県外房エリアへ向かった家邊さん。やっぱりスレていると小さいワームを使うべきかと思考がいきがちだがそれについては真っ先に否定。

家邊「アジの場合、スレはあまり関係ありません。アジが多くいるか少ないかの差。なので、逆に、アジの数が少ないのなら大きなワームで目立たせて釣った方が効率いいですよ。それに、その海域の大型が釣れると思います」

ブラックバスのようにリリースを繰り返されて釣られる魚でない以上、ワームに対してセンシティブになるシーンはさほど多くないのがアジとのこと。

家邊「今回、比較的大型の3inのプロトワームを用意してありますので、実際に釣れるところをお見せしますよ」

そして、日も落ちて常夜灯がプランクトンを集め出した刹那、家邊さんのロッドがしっかりと曲がる。釣れたのは27cm前後の良型アジ。このあたりでは、比較的大型が素直にヒット。激戦区だからと消極的になる必要はないということですね! その後もすぐに釣果を重ねて、デカいワームの威力を証明した家邊さんでした。

約27cmの良型アジ。

良型を狙うなら、大きいワームを使うべし

新作ワームの「ビーディ 3in」。

家邊「激戦区だからスレているとかじゃなくて、魚影が薄いなら目立たせるのがひとつの戦術。躊躇なく大きいワームを使ってみて」

2inを切るようなワームをアジの場合は地域によらず選んでしまいがち。確かに、マッチザベイト的に扱うべき状況もあるが、スレ=サイズを小さくではないと指摘。現在、発売が決まっている新作3inワームは。アジの口に収まりやすく、サイズを調整しやすい工夫がされた大型ワーム。ボートフィッシングなどでの需要も高く、汎用的に使えそうな新作だ。

飛ばしウキを使って手前のブレイクをかわす!

陸っぱりのもうひとつの工夫は、ポイントまでしっかりルアーを運ぶこと。Sキャリー+Sタッチなどの飛ばしウキのシステムを活用することで、激戦区でもアドバンテージを得ることができる。

《使用タックル》

●ロッド:ガイドポストLHR-52(サーティフォー)●リール:イグジストSLPW EX LT1000SP(DAIWA+SLPW)●ライン:ピンキー0.25号(サーティフォー)●リーダー:ジョイントライン1.2号(サーティフォー)●ロッド:アドバンスメント70(サーティフォー)●リール:セルテート1003(DAIWA)●ライン:サーパス0.25号(サーティフォー)●リーダー:ジョイントライン1.2号(サーティフォー)

この記事の完全版は「ルアーマガジンソルト2023年5月号(ふろく付き)」で!


※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。