平岩孝典さんの「メガバスと私」あまりのカッコよさに「使えない…」とトキメいた

日本……否、世界に誇る日本のルアーブランド「メガバス」いつの時代も話題に事欠かないメガバス製品は、世代を問わず多くのアングラーを魅了してきた。それは、トーナメンター、メディアプロ、メーカー代表など、様々な立場にある、プロアングラーも同じ。みんなが夢中になったメガバスとのエピソード、今回は平岩孝典さんに語っていただいた。

●文:ルアーマガジン編集部

2024 新製品情報

平岩孝典さんのプロフィール

[写真タップで拡大]

平岩孝典(ひらいわ・たかのり)

元祖S字系・ジョインテッドクローの生みの親であり、ジャパニーズビッグベイトを世界に広げたタックルデザイナー。バスに限らず、ソルトゲームやトラウトなど、様々な魚種における釣りに精通し、その豊富な知識と経験を基に新しいモノ創りに意欲を燃やす。

メガバスとの出会い

あれはまだ10代の頃かな。ドッグXが最初だったと思います。まだメガバスが大人気になる前だったんですけど、何かやけに魅力的でよく使っていましたね。

そのあと、近所の釣り具屋にデストロイヤーのチラシが貼り出されて、憧れたのを今でも覚えてますよ(笑)。ただ、和歌山にはなかなか入荷されなかったので、実際に手に取ったのは少しあとの話ですね。その頃はデストロイヤー、コンバットスティック、スコーピオンをよく使ってました。

中でも愛用していたのは、ベアリングダウンとトマホーク。ジグとトップが好きだったんで、これはめちゃくちゃ使ってました。デストロイヤーは合計20本くらい持ってたと思いますよ。同じ竿を何本も持っていたりしましたし、使わないで取っておいたモノもあります(笑)。

メガバスのブランド、ルアーへの印象

クオリティは昔から世界一でしたね。見た目はもちろん、ブランドのイメージもそう。

僕がルアーを作るようになってからは、中身や品質が物凄いなと……。「これが目指すべきところやな」と思いました。機構しかり、カラーしかり、エイト管やヒートンの入り具合とか、すべてのレベルが高い。カラーなんかわかりやすいですよね。背中はどこのルアーもキレイなんですけど、お腹までキレイなルアーって実は少ないんですよ。でも、メガバスのルアーはどれも素晴らしい。

お腹をキレイにする手法として、パールを吹くことが多いんですが、パールって下地が出やすいから、張り合わせとか下地の処理がしっかりしてないとキレイにならない。エイト管やヒートンも強度と遊びを考慮した入れ方とか、本当に細かいところまで意識して作られてるなと思います。ガンクラフトのルアーもそのへんは大きく影響受けているのは間違いないですね。

[写真タップで拡大]

記憶に残るメガバスアイテム

ジャイアントドッグXですかね。最初の頃は、プラスチックのケースに入って売られてたんですよ。もう、アレが衝撃的でした。あまりのカッコよさに「これは使えないな……」と思いましたからね(笑)。

あのサイズ感も当時は「デカッ!」と思える大きさでしたね。ザラとかも大きさでは負けてないんですけど、あの大きさであのリアルさというのがとにかくトキメキました。

ジャイアントドッグX

[写真タップで拡大]

メガバスに言いたいこと

見てるだけでワクワクするルアーですよね。「集めたい!」と思う男心をくすぐっていたし、子供の頃は並べて、飾って、みんなでそれを観ながら話をしたりと、買えただけでも友達が集まったりできた本当にスゴイルアーだし、良い思い出です。

グリフォンの箱も中身が見えないから、開封した時のファーストインパクトを楽しんだり、そういうファンを楽しませる仕掛けとか、今思い出しても素敵だなと思います。
ガンクラフトもそんなメーカーでありたいと思ってチャレンジしていますけど、今思い返すと知らずのうちにメガバスからそういうことを学んでいたのかもしれませんね。

『ルアーマガジン』2023年9月号 発売情報

ルアーマガジン史上初めてのスモールマウス×オカッパリの表紙を飾ってくれたのは川村光大郎さん。大人気企画「岸釣りジャーニー」での一幕です。その他にも北の鉄人・山田祐五さんの初桧原湖釣行や、五十嵐誠さんによる最新スモールマウス攻略メソッドなど、避暑地で楽しめるバス釣りをご紹介。でもやっぱり暑い中で釣ってこそバス釣り(?)という気持ちもありますよね? 安心してください。今年の夏を乗り切るためのサマーパターン攻略特集「夏を制するキーワード」ではすぐに役立つ実戦的ハウツー満載でお送りします! そして! 夏といえばカバー! カバーといえば…フリップでしょ!! 未来に残したいバス釣り遺産『フリップ』にも大注目ですよ!


※本記事は”ルアーマガジン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。