《公開します》エギング天国 実績ポイントを紹介!アクティビティ豊富でファミリーにもオススメ!

春のフィッシングシーズン到来! 多くの釣り人が、釣り竿片手にフィールドへと繰り出していく季節の到来だ。そんなタイミングは何をするべき? と頭を悩ましているアナタにおすすめしたいのが…そう「旅」です! ということで、ここではこれから春イカがハイシーズンを迎える離島の釣り旅の魅力をたっぷりご紹介。シーズンを通してガチで釣りを楽しむ上園歩美ちゃんが、エギングの聖地とも称される鹿児島県は甑島(こしきしま)で、釣り+αを満喫!

>>この記事のマップ・写真をまとめて見る<<

●文:ルアーマガジンソルト編集部 ●取材協力:薩摩川内市観光物産協会

2024 イカメタル特集

旅するアングラー紹介

上園 歩美(うえぞの・あゆみ)

タレントとしてテレビやラジオを中心に様々なメディアに出演中の釣りガール。自身のYoutubeチャンネル「上園歩美の釣りチャンネル」では、得意とするイシダイやグレ釣りを中心に、エギングからジギングまで幅広い情報をお届け中!

エギング天国「甑島」前回の記事はコチラ

2日目は早朝から釣り! 防波堤からお気楽エギングを楽しむ

初日は観光に宿に、グルメも楽しんだ上園さん。ぐっすり休みつつ、2日目は早朝からギングを楽しむ! 釣りに関して、今回上園さんをサポートしてくれたのが、地元で遊漁船を営む溝上一樹さんだ。

溝上 一樹(みぞがみ・かずき)
甑島に生まれ、幼少の頃からエギングを始めとした様々な釣りを経験。現在は、上甑島にて遊漁船「黒星」を運営し、キャプテンを務める。ルアーフィッシングを中心とした幅広いボートフィッシングを楽しませてくれる。カンジインターナショナルプロスタッフ。

市議会議員としてイベントの運営や、「エギングアングラーに優しい釣り場作り」などにも積極的に携わっている、甑島のフィッシングアドバイザー的存在。

上園歩美の釣りチャンネル」でYouTuberとしても活躍中の上園さんは、エギングも経験済み。キャストやラインのさばき方、シャクり方などとてもスムーズ。まさにガチな釣りガール。しかしながら、早朝の時間帯に竿を曲げたのは溝上さん。実釣は2022年秋に行われたが、季節感あるサイズのアオリイカをキャッチしてみせた。

溝上「アオリイカに限った話ではないのですが、甑島の魅力は豊富な魚種と魚影の濃さが魅力のフィールドです。初めて釣りをするビギナーの方もきっと満足していただけると思います。じゃあ、上園さん、早速釣り場に行ってみましょうか!」

上園「よろしくお願いします!」

実釣を行ったのは2022年の、ちょうど秋イカの最盛期。釣り場に着いて数投すると、溝上さんの竿に早速アタリが…。

さすがエギングエキスパートの溝上さん。実釣開始早々にアオリイカをキャッチ!

溝上「秋ならではのサイズですね。最近は産卵時期も読みにくいですが、基本的には夏に生まれたイカは秋になるとアンパンやコロッケサイズにまで成長して、春には大型が狙えますよ!」

上園「溝上さん、さすが! こうも簡単にキャッチされるとプレッシャーですが…私も1杯獲るぞ〜!」

上園「溝上さん、スゴい! 私も早く釣りたい…!」

【レンタカーはマスト!】

ゆったりまったり…もいいけど、釣りや観光を満喫するなら車で!

今回はレンタカーを利用して釣りのポイントや、観光スポットを巡った。フェリーに車を載せて渡ることも可能だが、自動車搬送追加料金(往復12,540円~)が加算されるので、甑島で借りたほうがお得です。

本命ではなかったが、上園さんも1杯キャッチ!

上園「離島のいいところって、釣り人が密集しすぎないところですよね。それだけアオリイカや魚に対してプレッシャーがかかりにくいから、やっぱり釣り場にも入りやすいし、釣りやすい」

甑島にはスローな時間が流れる。アオリイカもたくさんいるし、ゆったりまったりエギングを楽しめるのもこの島の魅力。

甑島の雰囲気に酔いつつ、エギングをゆったり楽しむ上園さん。

いくつかポイントを巡る中で、ついに上園さんの竿にも魚信が走った! ポイントは西の浦海岸の防波堤。3.5号の青系カラーのエギに抱きついたのは500gほどのモンゴウイカだ。

上園「本命じゃないけど…ウレシー!!」

上園「来ましたー! 本命はアオリイカだったけど、とりあえず1杯釣れてホッとしました」

溝上さんによれば、当日は地元エギンガーもお手上げするほど、近年まれにみる不漁の日だったそう。そんな中、1杯キャッチした上園さんもさすがです!

溝上さんオススメの甑島エギングポイント

今回いくつか溝上さんに案内してもらったが、主要な3つのポイントをご紹介。

溝上「まず市の浦は、砂地もあり手前がシャローだけど、ワンドになっていてベイトフィッシュの非常に多いポイント。南側に写真の防波堤があり、深場に近づけるので春の一級ポイントになります。西の浦海岸はその反対側になるんですが、長い防波堤もあり、移動しながらアオリイカを探せるし、シモリ(水中の岩)もたくさん入っているので、個体数も多いですね。そしてもうひとつが平良港。中甑島にあり、非常にディープなのでシーズンを通して可能性大です」

エギングを楽しむアングラーが多いことから、甑島では島内にエギングマップを作成中とのこと! 完成が楽しみだ!

2016年開催の「甑島イカつり大会」に参戦経験のある上園さん

上園さん、実は過去に大会参戦のために甑島を訪れたことがあったという。上園「早朝から13時くらいまで粘って釣った540gです。6月の開催でしたが、エギは4号! そしてなんと、レディース賞もいただいてしまいまして、最高のイベントでした!」

夕食は「こしきの漁師家 海聖丸」

この日の夕食は街に繰り出してみた。漁師さんが営む食事処とあって、こちらも新鮮な海鮮がウリ。キビナゴをまるごといただくお刺身や、魚介類の網焼きなどを堪能!

上園「キビナゴのまるごと釣果もあったということで、ビールもクイっといっちゃいました!」

宿泊は「船宿 香桜美丸」の一棟貸しを利用

グループで来た際には、食事なしの一棟貸しも使い勝手がいい。風呂やトイレなどキホンの設備だけでなく、包丁等、魚を捌く道具もあるので、上園さんに溝上さんからもらったアオリイカを捌いてもらうことに。するとものの30分でお造りまで完成。魚料理を得意としているだけあって、かなりスピーディでした!

3日目。釣りはタイムアップだが、ギリギリまで甑島を満喫!

2日目に釣りをガッツリ満喫した上園さんは、その日の夕方「鷺山酒釣具店」に立ち寄った。エギを補充するのかと思いきや、なんとエギを“作る”というのだ。

上園「釣り具屋さんでエギが作れるんです。やらなきゃ損です!」

道具や材料は店主の鷺山さんが準備してくれるので、手ぶらで参加することができる。

エギ作り体験ができる「鷺山酒釣具店」

最終日。実は前日の夕方に上園さんは「手作りエギ体験」にチャレンジしていたのだ。体験ができるのが「鷺山酒釣具店」さんで、店主の鷺山勇一さんがレクチャーしてくれる。
上園「ベースとなるボディや道具はすべて準備してくれるので、手ぶらでOK。自分で作ったエギで1杯釣りたいです!」
作成には2時間ほどかかるので、時間に余裕を持って組み込もう!

上園「できました! 名付けて“歩美エギ”。最終日、あまり時間はないでですが、これでアオリイカを狙います!」

最終日の早朝はもちろん釣り。
上園「朝マズメは逃したくないですからね! しかも今日は最終兵器の自作エギがあるので、ギリギリまでがんばります!」

そして最終日。フェリーの時間を考慮すると、釣りが可能な時間はかなり短かったが、朝マヅメから釣り場に立ち、自作のエギを投げ倒した。

早朝から熱心に竿を振る上園さん。
上園「本命には出会えなかったが、釣りも観光もグルメも堪能できたし、大満足でしたよ♡」

上園「タイムリミットか~。本命は出せなかったけど、本当に楽しませてもらいました。このエギは甑島にまた来た時に使って、リベンジしたいですね!」

片付けを終えつつ、最後のランチは握り寿司で締め、上園さんはフェリーに乗り込んだ。

上園「普段の私は釣り要素多めですが、今回は+αの要素をふんだんに盛り込んでみました。うん、やっぱり甑島は最高! 今回いけなかったところもあるし、またいい時期にどこかで長期の釣り旅を計画しようと思います!」

最終日のランチはお寿司! 国産の養殖マグロ「喜鮪」が味わえる店

訪れたのは上甑島の「寿し膳かのこ」。握り寿司ランチをいただいたのだが、使用しているマグロがなんと国産の養殖マグロ「喜鮪」。

上園「赤身もトロも超絶おいしい! これ、あまり出回らないらしいんです!」。

今回の旅で利用したお得なプラン「こしきまるたびフリーチョイス」

実は、今回の旅で活用したのがこちらの「こしき旅フリーチョイス」。甑島までのフェリーもしくは高速船、宿、体験(アクティビティ)などを組み合わせることでお得に旅ができるフリープランだ。甑島釣行の際にはぜひ使っていただきたい!

STEP1 船を選ぼう(往復)

乗船料が約30%オフに!!
出発港は主に2つで、串木野新港からはフェリー「ニューこしき」、川内港からは高速船「甑島」が出船。使用する港や時間帯を加味して選択しよう。ちなみに「こしき旅フリーチョイス」特設HPから(もしくは電話も可)の申込みで、なんと乗船料が30%オフになるというありがたいプラン。

STEP2 宿を選ぶ

宿泊料が2,500円助成!
今回は1泊目が民宿「石原荘 新館」、2泊目は「船宿 香桜美丸」の一棟貸しを選択したが、全部で12種類の宿から選べるので、自分好みの宿を探すべし! なお、宿泊に関しても1人1泊あたり2,500円の助成金が出る(7泊まで)。どんどんお得になっていく!

STEP3 体験(アクティビティ)を選ぶ

「体験」は魅力的な“遊び”ばかり!
上園さんがチョイスしたのが「エギ作り」だが、ほかにも溝上船長が案内するフィッシングプランや実際の漁船に乗って定置網漁体験など、様々なプランが用意されている。どれも魅力的なので、追加でプランに組み込みたいところだ!

甑島滞在時間ギリギリまで有効に使いたい! ということで下甑島にも足を伸ばしてみた。訪れたのは、海とはまた趣の異なる、沢から流れ出る「瀬尾観音三滝」。文字通り三段の滝になっていて、階段を3~4分ほど登れば一の滝、二の滝が見られる。

上園「癒やしの離島島旅満喫しちゃいました~」

上園「マイナスイオンが降り注いでくる~!」

最後はお土産!ってことで、キビナゴとタカエビを購入してフェリーへと乗り込む上園さん。

まさに、釣り人の楽園!「絶対にまた来ようっと!」

上園「春は大型が狙える季節! ぜひみなさんも甑島エギングにチャレンジしてみてくださいね!」

【甑島(こしきしま)ってドコにあるの?】

甑島列島は、鹿児島県の離島で、同県の西、約25kmほどの海上に浮かぶ。2020年には、中甑島と下甑島を結ぶ、鹿児島県内最長の甑大橋が開通したことで、上甑島〜下甑島まで地続きでアクセスできるようになった。

『ルアーマガジン・ソルト』2023年5月号 発売情報

『ルアーマガジン・ソルト 2023年5月号』

今号の特集企画は盛りだくさん!「春イカ」「アジング」「ロックフィッシュ&ロックショア」「シーバス」の4つのテーマを徹底詳細!

このほか、小沼正弥さんの代名詞でもあるレバーブレーキ理論をまとめた企画や、村田基さんが登場する「インショア」企画、さらに春は旅の季節ということで特別企画「極上の釣り旅」も紹介してきます。

『ルアーマガジン・ソルト2023年3月号』は全国の釣具店・書店・Web通販サイトでお求めいただけます。

  • 発売日:2023年3月21日
  • 定価:1,500円(税込)

※本記事は”ルアーマガジンソルト”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。